オトナなかわいさとメンバーの個性をギュッと詰め込んだ最新シングルの魅力に迫る! i☆Ris「Summer Dude」リリース記念 インタビュー

今年の春から5人体制となり新しいスタートを切った、声優とアイドルの活動を両立するハイブリッドユニット・i☆Ris。8月18日にリリースされた20thシングル「Summer Dude」は5人体制としての、そして結成10年目に入ってからの初シングル。表題曲は久方ぶりにノンタイアップとなり、オトナなオシャレさと自然なかわいさを両立させた今のi☆Risならではの楽曲が誕生した。また、カップリングにはリーダー・山北早紀が作詞を手掛けたメンバー自己紹介ソング「5STAR☆(仮)」や、K-POP風のダンスポップ「Cheer up」の2曲を収録。非常に内容の濃い1枚に仕上がっている。

リスアニ!WEBでは、20枚目のシングルということで、メンバー5人へ4問ずつ、計20問の一問一答方式でメールインタビューを敢行。それぞれのメンバーがシングル全体のもつ魅力を、様々なアングルから言葉にしてくれた。

山北早紀

――今回のシングルの中で、真っ先にオススメしたいポイントは?

ごめんなさい……ぶっちゃけ全部です!
3曲ともまったく違う方向性なので、全曲聴いていただければなにかしら刺さるのでは?と思います。
ジャケ写もオシャレ感満載だし、Blu-rayとDVD盤に入ってる歌詞カードもかわいいし、ダンス映像も2種類ずつ収録されてたり、「惜しいな」って思うポイントがひとつもない。
本当に騙されたと思って買ってほしい(笑)。
特に、映像付きがおすすめです!

――「Summer Dude」の楽曲や歌詞からイメージした、ヒロインの女性像やストーリーを教えてください!

私的には20歳~くらいの、女子と女性のどっちも兼ね備えてるイメージでした。なんだろう……恋愛が第一優先の時期というか、恋愛してナンボ!みたいな。社会人になると、仕事やらなんやらでなかなかそうはいかないじゃないですか(笑)。
4対4でワンボックスカーを借りて、高校卒業と同時にすぐ免許を取ったメンズの運転で海に行ったんでしょうね。あざとく隣をキープしたり友達に「黒縁に白シャツの彼」を勧めたり、ライバルに負けじと頑張るんだけどそこにいやらしさはないというか……ポジティブな「この夏を楽しみたい!彼の隣で。」を感じますね。いいなぁ~(笑)。

――「5STAR☆(仮)」を作詞されるなかで特に気をつけたことはなんでしたか? また、完成版を聴いて「ハマった!」と特に思ったところはありましたか?

オタクが置いてけぼりにならないことですかね。今まで何度か作詞をしているのですが、まわりからは「世界観が独特だね」って言われることが多くて。褒めてくれているんだと思うんですけど、世界観が伝わらなさすぎると聴いていても共感が得られなくなっちゃうじゃないですか?なので山北らしさは出しつつも、聴いていて共感を得られるような歌詞にしました。ファンのみなさんの日常&感謝+i☆Risメンバーの良さ&こんな一面もあるよポイント+クラップやジャンプで、声出しできないコロナ禍でも楽しめる。もちろん声を出したらもっと楽しめる……そんな曲になったかな、と!完成版はみんな一人ひとり、本当に最高に歌ってくれました!想像はしてましたが、Bメロの自己紹介のくだりは個々が輝いていて最高です!

――「Cheer up」を歌う際には、オトナさとキュートさのバランスをどのように狙っていきましたか?

私の歌い方や声は大人っぽいと言われることが多いのでオトナさは自分が担って、キュートな面はセリコ(=芹澤)とかみゆたん(=久保田)が得意なのでお任せして。で、ゆうきちゃん(=若井)とひみちゃん(=茜屋)がこの曲のポイントでもあるフェイクをやって……結果、5人が合わさることで、自然にオトナさとキュートさと今っぽさが出たのではないでしょうか?
「Summer Dude」は20歳~くらいと言いましたが、「Cheer up」はもっと若い中高生くらいの恋を応援するi☆Risお姉ちゃんたち、って感じですね!

芹澤 優

――今回のシングルの中で、真っ先にオススメしたいポイントは?

「Cheer up」のMVを、とにかく友達や家族にかわいい!って言ってもらえているので、オススメです!(笑)。i☆Risちゃんとしても過密なスケジュールのなか、みんなで団結して作り上げた作品なので、思い出深いMVとなりました!ぜひ見てください!

――5人になったことで 「Summer Dude」ほか様々な楽曲で必然的にセンターがうまれるなど、フォーメーションが大きく変わったと思います。5人体制になったことで、自分の立ち位置や、i☆Ris内での自分の役目など、意識的な変化はありましたか?

ありません!今までどおりです。それが、今まで6人のi☆Risを好きでいてくれた人たちにも、5人のi☆Risを自然と受けて入れてもらえた理由かもしれません!私たちはみんなそれぞれの良さが最初から違うので、今まで通りでいいです!

――「5STAR☆(仮)」は5人とグループの自己紹介曲ではありますが、それをファンの前で披露して“届ける”ときには、どんなことを大切にしたいですか?

セリフパートは、個人的にライブではもっと大袈裟に盛っても面白いかなと思ってます!(笑)。あと、今だと名前を呼ぶパートでお客さんは声を出せないので、せめてサイリウムだけでもそのメンバーのカラーにしたら面白いかもしれませんね!たとえば、「さきさま!」のところはグリーンにする……みたいに!

――「Cheer up」は芹澤さんも普段よく聴かれている楽曲に近いジャンルのサウンド感だと思うのですが、歌いやすさや工夫のしやすさなどはありましたか?

レコーディングのあと、すごく褒めていただけて、ディレクターさんにも「曲に合ってるよね。なんか、キラキラしてる!」と言っていただけました!(笑)
意識したのはK-POP感ですかね?あまり歌い上げ過ぎないよう、音程と音の長さをちゃんと意識して、リズムから外れないように歌いました!

茜屋日海夏

――今回のシングルの中で、何より先にオススメしたいポイントは?

「Summer Dude」と「Cheer up」はともに、力まない歌い方をぜひ注目していただきたいです。「Cheer up」は力を抜きつつも楽曲の雰囲気に合わせたK-POP感というか、女性らしいオシャレさに寄せることを心がけました。「Summer Dude」は等身大で歌っているので、私の得意とするジャンルの、バラードの歌い方に近いです。

――「Summer Dude」はこれまでの「アゲ」なアニソンとは違った、ノンタイアップならではの挑戦した楽曲、という印象を抱きました。キーもこれまでより低く、皆さん素の歌声に近いようなイメージでしたが茜屋さんがこの楽曲で挑戦したことはありますか?
また、このシングルを通じて出せた茜屋さんの“素”の一面、新しい一面はありますか?

挑戦というよりも、肩の力を抜いて歌えた曲でした。これまでのi☆Risはありがたいことにアニメのタイアップがある楽曲が多く、特に自分が出演している作品だったりすると演じた役や世界観をかなり意識するので、自分自身に脚色を加えるような感覚だったんです。今回はノンタイアップということでありのままで歌いましたが、実を言うと私、自分自身になった途端、ステージ上だと恥ずかしくなったりするんですよ……役として表に出ている時は平気なんですけど。そういった意味では、ありのままで歌うことは挑戦でしたね(笑)。

――「5STAR☆(仮)」のいわゆる“自己紹介パート”以外の部分を歌うとき、何をポイントにされましたか?

個性と調和のバランスですかね。5人の息がぴったり揃いつつも、それぞれの持つ色は消さないように……。みんなあえて言わなくても、なんとなくそこは大切にしているのかな、って想像しながら歌いました。

――「Cheer up」のMVの中で、御自身の見せ場を挙げるなら?

2番のBメロソロのところです!多くは語らないので、観てください!(笑)。

若井友希

――今回のシングルの中で、何より先にオススメしたいポイントは?

衣装ですかね!!!!
今までとぐんっ!と変わって“大人かわいい”衣装で、「毎日この服でいいです」と思っているくらい好きです!!!!!

――久々のノンタイ表題曲となりましたが、アニメ主題歌ではないからこそ「Summer Dude」を歌ううえで重視できたことは、何かありましたか?

今までのi☆Risの楽曲は声優らしさを活かしたキャラボイスに近い歌声で歌ったり、キャッチーで元気でハツラツとしていたものが多いので、普段の私よりすごくアイドル!という感じだったのですが、「Summer Dudeは、すごく等身大の私です!
ノンタイアップだからこそ、そのままの飾らないi☆Risの良さを皆様にお届けできる楽曲になりました。

――今回はOff Main Vocalバージョンも収録されているので、「5STAR☆(仮)」のサウンド面でのお好きな部分についてもお聞きしたいです。

実は私、i☆Risの全楽曲の上をハモやってまして!ライブでは歌わない部分なので、ぜひ聴いて欲しいです☆(笑)

「5STAR☆(仮)」は“This isバンドサウンド!”なところがまずとても素敵なのですが、「クラップの音がこんなに入ってるんだ!!」ってくらい入ってますよね!
ファンの方がライブでこれを全部入れてくれたら、絶対感動します(笑)。
……とはいえ全部はキツいだろうなと思うので(笑)、どこをクラップしてくれるか楽しみにしています!

――「Cheer up」のダンスの中で、お気に入りの部分をひとつ教えてください。

私はド頭の、5人が並んで前に出るところが好きで!海外のかっこいい女性たちみたいな!!伝わりますかね……?
あそこは、脚を前に出すんじゃなくて斜め前に出して、めっちゃカッコつけて歩いてるんですよ(笑)。

久保田未夢

――今回のシングルの中で、何より先にオススメしたいポイントは?

映像がとてもいっぱいあります!!!!普段のシングルだと表題曲のMV、固定カメラのダンスMV、オフショットの3つなのですが、今回は表題曲のMVの他に、ダンスMVと固定カメラのダンスが2曲分ずつあって、さらにオフショット……と、たくさん映像があるんです!すごい!いろんなi☆Risちゃんを楽しんでもらえると思います!

――「Summer Dude」のMVの中で、お好きなシーンを挙げるなら?

2番あたりにある、砂浜にシートを敷いてみんなで寝転んでいるシーンが好きです。撮影の時は風がすごくて、砂がバシバシ顔に当たったりして「はたして私たちはかわいい顔ができてるだろうか……?」って不安だったのですが、出来上がったのを見たらちゃんとかわいくて、「i☆Risちゃんってさすがだなぁ」って思いました(笑)。

――「5STAR☆(仮)」での個々のメンバーがフィーチャーされたポイントの中で、特に久保田さんのパートが遊びを感じる落差があり印象的でした。あのパートで意識されたことなどをお教えください。

メンバー紹介パートが順番的に最後だったので、ちゃんとオチになるように最初の「わんわんおー♪」は可愛らしさを意識して、最後の「あ、お疲れ様でした〜。」は普段よりもテンションを低く演じました!普段帰っていくときはこんなにテンション低くないと思います……!たぶん……!!

――「Cheer up」はオトナなかわいさを強く感じる曲になっていますが、久保田さんが歌う際にはどんなことを大切にされましたか?

サビの歌詞に「可愛いは正義だね」というフレーズがあるのですが、心の底から「可愛いは正義!!!」って思いながら歌いました。私自身もファンの、皆さんの正義になれるように頑張ります。

最後に改めて、メンバー全員が寄せてくれた、「リスアニ!WEB」読者へ向けてのメッセージもお届けしよう。

山北 ここまで読んでいただき、ありがとうございます!いつもアニソンを歌わせていただいている私たちですが、今回のアニソンではない「ただのi☆Ris」も、とてもいいのです。
THE avex!な夏感ある「Summer Dude」、イマドキK-POP感のある「Cheer up」、そしていつものi☆Ris感&アニソン好きアイドル好きも楽しめる自己紹介ソング「5STAR☆(仮)」。
三種三様の曲とパッケージ。五人五色なメンバーの個性を楽しんでくださいね!
密です。いい意味で♡

芹澤 今回はとにかく、今の5人のi☆Risの魅力をぎゅーーっと濃縮した一枚になっているので、ぜひとも聞いてほしいです!それに最近ではYouTubeチャンネルや雑誌の連載など、ユニットとしても多方面に活動しているので、まだまだやる気まんまんの私たちを応援してほしいです!よろしくお願いします!

茜屋 「三者三様」という言葉がぴったりの一枚になっていると思います。老若男女問わず、三曲のうち一曲でも「いいかも!」と思って心に刺さったらうれしいです。5人体制になって初のシングルなので、これまで応援してくださった方には新鮮味を、初めてこのシングルでi☆Risを知る方には「応援したい!」という気持ちを持ってもらえたらなぁ……と思います!

若井 今回20枚目のシングルということで、5人体制になったi☆Risが、デビュー9年目でもこんなにまだ新しい魅力があるんだ!と思うくらい、新しい魅力がたっぷり詰まった1枚になりました☆ 全部ジャンルが違う曲なので、いろんなに布教していただけたら、3曲中1曲はどんな方にも刺さる気がします!!(笑)。「Summer Dude」を通して、たくさんの方にi☆Risを好きになっていただけたら幸せです!

久保田 今年の春から5人体制になり、5人での初シングルとなります。結成して9周年になりますが、もはやデビュー1年目くらいの気持ちでいろんなことに挑戦して新しい魅力を皆さまにお届けできるよう、これからも頑張ります!「リスアニ!WEB」をご覧のみなさん!i☆Risちゃんを好きになるなら、今がチャンスですよ!!

INTERVIEW & TEXT BY 須永兼次


●リリース情報
i☆Ris 20thシングル
「Summer Dude」(読み:サマーデュード)
8月18日発売

【CD+Blu-ray盤】

【CD+DVD盤】
               

【CD盤】

<CD>
M1 Summer Dude(読み:サマーデュード)
作詞・作曲・編曲:ARAKI
M2 5STAR☆(仮) (読み:ファイブスターカッコカリ)
作詞:山北早紀 作曲:フワリ(Dream Monster) 編曲:corin.
M3 Cheer up(読み:チアアップ)
作詞・作曲・編曲:山下和彰
M4 Summer Dude (Instrumental)
M5 5STAR☆ (仮) (Instrumental)
M6 Cheer up (Instrumental)
M7  Summer Dude (Off Main Vocal)
M8  5STAR☆(仮) (Off Main Vocal)
M9  Cheer up (Off Main Vocal)

<BD/DVD>
01. Summer Dude -Music Video-
02. Summer Dude -Off Shot Movie-
03.Summer Dude -Dance Music Video-
04.Summer Dude -Dance Practice Video-
05.Cheer up -Dance Music Video-
06.Cheer up -Dance Practice Video-

購入はこちら
配信はこちら

i☆Ris 6th Live Tour 2021 ~Carnival~ 初回生産限定盤/通常盤
10月27日発売
形態:Blu-ray Disc/ DVD

【収録内容(BD&DVD共通)】
<DISC1>
M1. OPENING
M2. FANTASTIC ILLUSION
M3. ドリームパレード
M4. Happy New World☆
M5. TIN TONE
M6. Dream☆Land
M7. Goin’on
M8. Endless Notes
M9. Spending
M10. One Kiss
M11. 泡沫の光
M12. 夢中グラフィティ
M13. ハピラキ☆Dream Carnival
M14. §Rainbow
M15. アルティメット☆MAGIC
En1. Summer Dude
En2. Make it!

<DISC2>
初回生産限定盤:「i☆Ris 6th Live Tour 2021 ~Carnival~ 」密着Documentary&Off Shot Movie
通常盤:「i☆Ris 6th Live Tour 2021 〜Carnival〜」中野サンプラザ公演 Off Shot Movie-

予約はこちら

●ライブ情報
i☆Ris 9th Anniversary Live(仮)
11月7日(日) 17:00開場 / 18:00開演
会場:千葉 / 幕張メッセ イベントホール
チケット料金:全席指定 ¥9,900(税込)

関連リンク

i☆Risオフィシャルサイト
https://iris.dive2ent.com/

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人