三月のパンタシア、アニメ『魔法科高校の優等生』OPテーマ「101」先行配信開始&MV公開!

ボーカリスト「みあ」による、終わりと始まりの物語を空想する音楽ユニット、三月のパンタシア。7月クールのTVアニメ『魔法科高校の優等生』のOPテーマ「101」(ワンオーワン)が本日より各ストリーミングサイトおよびダウンロードサイトにて先行配信がスタート。また、「101」の混沌とした世界観を表現したMusic Videoも公開された。

「101」は「じん」による書き下ろし曲になっており、三月のパンタシア史上最もクールで攻撃的な楽曲に仕上がっている。本作は凛とした少女が秘める、溶け出すほどの熱い想いが込められており、Music Videoは次から次へと留まることなく進行していく歌に乗せ、言葉やイラストが展開していくクールな映像に。三月のパンタシアのテーマカラーであるブルーを軸に、赤い炎よりも熱く燃える青い炎を表現されている。

楽曲を書き下ろした「じん」は「青く揺れるイメージが浮かび、炎と花でそれを表現しました。ぜひ聴いてください。」とコメントしている。「101」というタイトルは100枚の花びらを持つというケンティフォリアローズという花をテーマにしており、幾重にも重なる花びらを使った途方もない花占いのその先へ、101枚目の世界に飛び込むような強い意志が感じられる。

パッケージは7月21日に「101/夜光」という両A面シングルとして発売される。「夜光」は「みあ」が書き下ろす初の長編小説「さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた」の主題歌となっており、三月のパンタシアがアイデンティティとしている「音楽×小説×イラスト」という音楽表現を隅々まで楽しめるシングルになっているという。

次ページ(MVなど)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人