“映画”という共通言語から導き出された音楽的コンセプト――。『NOMAD メガロボクス2』監督・森山 洋×音楽担当・mabanuaスペシャル対談

ボクシングマンガの名作「あしたのジョー」を原案とし、近未来を舞台にギアを装着して戦う格闘技“メガロボクス”に関わる人々の人間ドラマを描いたオリジナルアニメ『NOMAD メガロボクス2』。その挫折と再生の物語を、ときに熱く、ときに哀愁味たっぷりに彩るのが、ドラマーやトラックメイカーとしてマルチに活躍するmabanuaの音楽だ。OP・EDテーマと劇伴のすべてを担当した彼と、森山 洋監督の対談を通じ、本作の音楽的な魅力に迫る。

“映画”という共通言語から導き出された音楽的コンセプト

――今作『NOMAD メガロボクス2』では、mabanuaさんが劇伴とOP・EDテーマをトータルで手がけています。これはどのような経緯で決まったのでしょうか?

森山 洋 mabanuaさんには前作(『メガロボクス』)の劇伴を作っていただいたので、今回、その続編を作ることになったときもmabanuaさん以外には考えられず、制作が開始した時点でオファーをさせていただきました。僕らとしては、mabanuaさんは本作の音楽監督と捉えていたので、OP・EDテーマもまとめてお願いできればと考えていたのですが、そのときにはまだビジネス上の都合もあり、OP・EDテーマに関しては判断ができない状況で。そこから制作が進んだ段階でプロデューサーからOKが出たので、幸運にもすべてお願いすることができました。mabanuaさん的には大変だったと思いますが(笑)。

mabanua OP・EDテーマも含めた作品全体の音楽を担当するのは今回が初めてだったので、最初にそのお話をいただいたときは、ワクワク感もあった反面、それ以上に「俺で大丈夫なのかな……?」という気持ちが強くて(笑)。緊張感がありました。ただ、OPテーマ(「The theme of the NOMAD」)もEDテーマ(「El Canto del Colibrí」)も、最初は劇伴用に制作したものなので、音楽的な形で作業を進めることができた印象があります。

――そもそも今作における音楽全体のコンセプト、監督が当初思い描いていたイメージはどのようなものだったのか、お聞かせください。

森山 今回は物語が進むにつれて、舞台となる場所やジョーの周りの環境が移り変わっていくので、それに合わせて音楽の構成も変えたいというのが最初のアイデアでした。放浪のテーマから始まって前半はラテン的なテイストのもの、後半は前作で制作してもらった音楽の進化版のようなイメージで三部構成をベースにお願いしました。そこから、これは前作でもやっていたのですがサンプルとなる楽曲や意向をまとめたテキストをmabanuaさんにお渡ししニュアンスを詰めていった感じです。

監督・森山 洋

 

――前半のラテンテイストも、監督自身の発案だったのですか?

森山 脚本作業の中でそういう方向に決まったと思います。ラテンと言い切っていいのかわからないですが……。最初にmabanuaさんにお渡しした参考音源のリストには、カントリー調の楽曲や、ギターがメインの少し物悲しいブルースっぽい楽曲もあったりして。その中に「黒くぬれ!」(ザ・ローリング・ストーンズの「Paint It Black」)のスペイン語のカバーがあって……。

mabanua あっ、「Todo Negro」(スペインのロックバンド、ロス・サルヴァヘスによる「Paint It, Black」のカバー)ですか?

森山 そうそう。僕の中では、そのアレンジの雰囲気がこの作品のテイストに合っているなと思って。そういうところから色々お話ししてイメージを共有していきました。

――mabanuaさんはそれらの参考曲や資料を受け取ったうえで、どのようにイメージを膨らませていきましたか?

mabanua 「Todo Negro」は、よりポピュラーなスタイルが入り込んでいますけど、参考曲全体の印象としては、おおまかにラテンや南米の音楽の要素、トラディショナルな雰囲気が感じられたので、まずはその辺りの音楽の楽器構成だったり、メロディやコード進行のクセみたいなものを分析するところから始めました。

――というのは?

mabanua トラディショナルな要素が入っている音楽を作る場合、それに対してのリスペクトが必要だと思っていて。例えば、サンバとアフロキューバンの音楽というのは、同じラテンの括りではありますけど、使っている楽器の種類が違うんですよ。アフロキューバンはコンガやティンバレスを使いますが、サンバなどのブラジル音楽で使われるのはスルドやクイーカ。たまにCMとかでサンバなのにコンガを叩いているのを観ると、「それ違うから!」ってなるんですよね(笑)。そこはきちんと作りたいというのがあって。ポップスであれば、別にエレキギターが入っていてもメロディがそれっぽければOKかもしれないけど、トラディショナルの場合は、鍵盤ハーモニカは当時使われていなかったからNGだけど、アコーディオンであればOKだとか。ホーンも、トランペットやトロンボーンはありますけど、サックスは使っていなかったりして。ちょっとマニアックな話ですが、そういう部分を考えたうえで作りました。

音楽担当・mabanua

――個人的な印象としては、遊牧民・放浪者を意味する「ノマド」という言葉が、作品タイトルや主人公であるジョーの別名に使われていたり、移民の要素が物語の重要な部分を担っていることもあって、ロマミュージックにインスパイアされた部分もあるように感じたのですが。

森山 2話から舞台になるカーサの音楽はその影響もあると思います。バンドワゴン的な雰囲気やブルーグラス、脚本の真辺さんからの推薦でチカーノソウルなど色々な音楽にインスパイアされました。加えて自分もmabanuaさんも映画が好きなので、これも前回と同じく、打ち合わせのときに自分の好きな映画だとか、当時に観ていた映画やドラマの話を色々として。そのほうが共通言語としてイメージを伝えるのが早かったりするんですよね。「ボーダーライン」(※アメリカとメキシコの国境地帯を舞台にした2015年公開の映画。2018年に続編「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」が公開)とか、「ナルコス」(※コロンビアの麻薬組織とアメリカの麻薬取締局捜査官の攻防を描いたNetflixの海外ドラマ)がそうですね。

mabanua 当時、メキシコや南米の文化をテーマにした映画やドラマが多くあったんです。ちょうどその時期に、アメリカで移民問題が改めて取りざたされたり、グラミー賞やアカデミー賞でもヒスパニックの人たちが賞を獲るようになってきて。個人的にも世の中的にも、そういったムーブメントによる影響も大きかった気がします。

――なるほど。あと、前半のジョーが放浪しているロードムービーっぽい雰囲気も含め、例えば「パリ、テキサス」(※ヴィム・ヴェンダース監督による1984年公開の映画。音楽はライ・クーダーが担当)の音楽を思い出したりもしました。

mabanua たしかに「パリ、テキサス」は、音響監督の三好(慶一郎)さんがよく「要は『パリ、テキサス』的な感じなんだけど」と言っていましたね。「パリ、テキサス」とマカロニ・ウェスタンという言葉はよく飛び交っていた気がします(笑)。

森山 そうですね。僕は西部劇のイメージが強かったので。

――言われてみたら「マックのテーマ(M08-a)」はマカロニ・ウェスタンっぽいですね。

mabanua そうですね。

森山 ちょっと情熱的な感じがありますよね。

次ページ:mabanuaの音楽が『NOMAD メガロボクス2』にもたらしたもの

この記事を書いた人