HIPHOPメディアミックスプロジェクト「Paradox Live」小野賢章&諏訪部順一 王者の風格漂うラップ炸裂!作中伝説のMCチーム「武雷管」の楽曲MVをリリースに先駆けフル尺解禁!!

この度、HIPHOPメディアミックスプロジェクト「Paradox Live(パラドックスライブ)」より、7月21日に発売を予定している2nd Album『LIVE』(リヴ)に収録される楽曲「BURAIKAN is Back / 武雷管」のミュージックビデオがParadox Live公式YouTubeチャンネルにてフル尺で解禁された。

作中で、10年前に突如姿を消したとされていた伝説のMCチーム・武雷管(ぶらいかん)。全てが謎に包まれていた彼等だが、今年5月、ついにキャラクタービジュアルに加えてキャストを小野賢章・諏訪部順一が演じることが発表され、Twitter日本トレンド5位に「#武雷管降臨」がランクインするなどファンを中心に大きな話題となった。

武雷管の名刺代わりとなる初楽曲のタイトルは「BURAIKAN is Back」。 Paradox Live公式YouTubeチャンネルでは、同曲をどこよりも早く聴くことのできるミュージックビデオがフル尺で公開された。

映像内では“HIPHOPに最も愛された伝説のラッパー”九頭竜智生(くずりゅう ちせい CV:小野賢章)が『俺たちがKING OF HIPHOP』と余裕を漂わせながら、一方“HIPHOPを最も愛した伝説のラッパー”辰宮晴臣(しんぐう はるおみ CV:諏訪部順一)はあくまでクールに、それぞれのラップを披露。フック(サビ)では不敵な笑みを浮かべた2人が『付いてきな オレらの後ろ』と自信溢れる様子で呼びかけます。まさに”王者の帰還”という楽曲タイトルに相応しい2人の姿を、ぜひチェックしてほしい。

そして、武雷管は同曲が収録される2nd Album『LIVE』内のボイスドラマにも登場予定。楽曲とはまた異なる彼等の姿にも乞うご期待!

「Paradox Live」は、近未来を舞台に、それぞれの音楽ジャンルで人気を博す4チーム「BAE(ベイ)」「The Cat’s Whiskers(ザ・キャッツウィスカーズ)」「cozmez(コズメズ)」「悪漢奴等(あかんやつら)」が自らの音楽でNo1を獲るためにステージバトルに挑む姿を描くHIPHOPメディアミックスプロジェクト。楽曲とボイスドラマを収録したCDを中心に展開していますが、YouTubeで公開されている各楽曲のミュージックビデオには1,000万回再生を超えるものもあり、その音楽性の高さで注目を集めている。

2nd Album『LIVE』には、これまでリリースされた楽曲8曲に加え、約1年をかけて行われてきたステージバトルでファンの投票により優勝を手にしたチーム「cozmez」の新曲、このたび解禁となった武雷管の「BURAIKAN is Back」、そしてバトル後のそれぞれのストーリーを描いた新規ボイスドラマが収録予定。

次ページ(MVなど)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人