三月のパンタシア、7月21日に両A面シングル発売決定!表題曲はTVアニメ『魔法科高校の優等生』OPテーマ&みあ初の長編小説の主題歌!

ボーカリスト「みあ」による、終わりと始まりの物語を空想する音楽ユニット、三月のパンタシアが、7月21日に両A面シングル「101/夜光」を発売することが決定した。これは6月1日に開催されたメジャーデビュー5周年を記念したオンラインライブ「5th Anniversary Live もう一度、物語ははじまる」のライブ中に「みあ」の口から解禁されたもの。

「101」(ヨミ:ワンオーワン)は、7月3日(土)より各局にて放送開始するTVアニメ『魔法科高校の優等生』のOPテーマに決定。今作は三月のパンタシアとしては初めてタッグを組む、「じん」書き下ろしの楽曲になっており、逆風の中でも、強く真っすぐに突き進む少女の姿を描いた攻撃的なポップチューンに仕上がっている。

また、7月19日(月)に「みあ」初の長編小説の出版も決定した。タイトルは「さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた」。「音楽×小説×イラスト」を掛け合わせて活動してきた三月のパンタシア「みあ」だが、長編小説は初めての挑戦となる。

「みあ」は『小説の出版。今からどきどにしています。小説「さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた」は、高校生ロックバンドをひとつのテーマに、繊細に揺らめく季節の中にいる少年少女が、葛藤したり苦しみながらも自分の未来を”選択”する、その姿を描きました。』とコメント。

そして、この小説の主題歌「夜光」と「101」を表題曲とした7枚目となるシングルを7月21日に発売する。夏に向けて、加速する三月のパンタシア活動から目が離せない。

次ページ(みあコメント・リリース情報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人