三月のパンタシア、7月21日に両A面シングル発売決定!表題曲はTVアニメ『魔法科高校の優等生』OPテーマ&みあ初の長編小説の主題歌!

<みあコメント>
「魔法科高校の優等生」のOPテーマとして書き下ろした「101」。
三パシ史上、もっともクールで攻撃的な楽曲が完成しました。凛とした少女が秘める、溶け出すほど熱い想い。激しいサウンドに引っ張られるように、またのみこまれないように必死に叫びました。めちゃくちゃかっこいいです。

そして初めての、小説の出版。今からどきどきしています。
小説「さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた」は、高校生ロックバンドをひとつのテーマに、繊細に揺らめく季節の中にいる少年少女が、葛藤したり苦しみながらも自分の未来を”選択”する、その姿を描きました。

その小説の主題歌となる「夜光」。歌詞も音づくりも、小説のキャラクターに寄り添い、青くて熱くて衝動的な思いをもとに制作したのですが、凄まじくエモーションあふれる曲ができてしまいました……!小説のタイトルに「さよなら」という言葉があるように、そんな情緒的な切なさも滲む、夏のロックナンバー。小説と楽曲あわせて、はやく届けたいです。

今年の三パシの夏、期待して待っていて下さい!


●リリース情報
7th Single
「101 / 夜光」
7月21日発売

【初回生産限定盤(CD+DVD)】
品番:VVCL-1893~1894
価格:¥1,980(税込)

【通常盤(CD)】
品番:VVCL-1895
価格:¥1,430(税込)

【期間生産限定盤(CD+DVD)】
品番:VVCL-1896~1897
価格:¥1,870(税込)

<CD>
「101」(ヨミ:ワンオーワン)
作詞・作曲・編曲:じん
TVアニメ「魔法科高校の優等生」オープニングテーマ

「夜光」
小説「さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた」主題歌

※他、詳細は後日解禁

●作品情報
TVアニメ『魔法科高校の優等生』

TOKYO MX 7月3日(土)より 毎週土曜23:30~
BS11   7月3日(土)より 毎週土曜23:30~
群馬テレビ 7月3日(土)より 毎週土曜23:30~
とちぎテレビ 7月3日(土)より 毎週土曜23:30~
AT-X     7月3日(土)より毎週土曜23:30~
※リピート放送:毎週火曜29:30~、毎週土曜8:30~
MBS 7月3日(土)より 毎週土曜27:08~
テレビ愛知 7月4日(日)より 毎週日曜26:05~

TVアニメ「魔法科高校の優等生」配信情報
ABEMA・dアニメストアにて2021年7月3日(土)より地上波同時・最速配信決定!

ABEMA、dアニメストア
2021年7月3日から 毎週土曜 23:30~

その他サイトも順次配信予定

【STAFF】
原作:佐島 勤+森 夕(KADOKAWA刊)
キャラクター原案:石田可奈
監督:橘 秀樹
副監督:渡部高志
シリーズ構成・シナリオ:玉井☆豪
キャラクターデザイン:山本亮友、佐野隆雄
音楽:岩崎琢
アニメーション制作:CONNECT

【CAST】
司波深雪:早見沙織
光井ほのか:雨宮 天
北山雫:巽悠衣子

主題歌
OPテーマ:三月のパンタシア「101」
EDテーマ:フィロソフィーのダンス「ダブル・スタンダード」

イントロダクション
──魔法。
それが現実の技術となってから一世紀弱。

魔法を保持・行使する「魔法師」の育成機関、通称「魔法科高校」。
若い才能たちが日々研鑽に励むこの学園に西暦2095の春、とある少女が入学する。
才色兼備で完全無欠な優等生──彼女の名は、司波深雪。
共に入学した兄・達也との仲睦まじいスクールライフを夢見ていた深雪だったが
彼女の前には「一科生」と「二科生」──優等生と劣等生の壁が立ちはだかり……?

優等生の妹と、劣等生の兄。
個性豊かなクラスメイトやライバルたちと繰り広げられる
青春スクールマギクス、ここに開幕!

お兄様、今度は深雪が主役です。

●書籍情報
小説「さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた」

著者:みあ(三月のパンタシア)
価格:¥1,400+税
発売:2021年7月19日
発売元:幻冬舎

<小説「さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた」あらすじ>
高校三年生の5月、父の仕事の都合で隣町へと引っ越してきた心音。人付き合いが苦手で言葉がつっかえやすいことから、転入先でも孤独な日々を送っていた。ある日海辺で、亡き母が大好きだった曲『やさしさに包まれたなら』をギター片手にひとりで歌っていると、突然、男性から「俺と、歌ってくれんか!」と声をかけられる。慌てて逃げだした心音の前に、翌日、制服姿で現れた彼は、強引に心音の手をとって駆けだす。連れていかれた先は、彼がギターを務めるバンドの練習場で――!? 友情、初恋、家族、夢……。”言いたくても言えない”思春期特有の甘くて切ない気持ちを瑞々しい筆致で描き切った、青春音楽グラフィティ。

<三月のパンタシア プロフィール>
“終わりと始まりの物語を空想する”ボーカリスト「みあ」による音楽ユニット。どこか憂いを帯びた「みあ」の歌声で紡がれるストーリーが、ときに優しく、ときに切なく、聞き手の心に寄り添い多くの共感をよぶ。

2016年6月1日にTVアニメ『キズナイーバー』のエンディングテーマ「はじまりの速度」でメジャーデビュー。

2019年からは、みあ自らが書き下ろす小説を軸とし、“音楽×小説×イラスト”を連動させた自主企画『ガールズブルー』をWeb上で展開。“言いたくても言えない気持ち”素直になれない心の詰まりを音楽に昇華し、青春期という多感な季節の揺らぎをポップに描く。

物語の世界観を表現したワンマンライブは人気を集め、2020年1月に開催した自身最大規模となる豊洲PITでのワンマンライブのチケットは即日SOLD OUTに。いま最も注目される音楽ユニットの一つになっている。

Ⓒ2021 佐島 勤/森 夕/KADOKAWA/魔法科高校の優等生製作委員会

関連リンク

三月のパンタシアオフィシャルサイト
http://www.phantasia.jp

TVアニメ『魔法科高校の優等生』公式サイト
https://mahouka-yuutousei.jp/

「101 / 夜光」予約はこちら
https://3pasi.lnk.to/101_yako-cd

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人