春らしさ満点!TVアニメ『ひげひろ』EDテーマ「Plastic Smile」リリース記念、石原夏織インタビュー

石原夏織の6thシングル「Plastic Smile」が4月21日にリリースされた。現在放送中のTVアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』EDテーマである表題曲は、恋愛ドラマのタイアップ曲にふさわしく爽やかでありながら、どこか切なさも漂わせる1曲だ。この楽曲、そしてこちらも晴れやかなカップリング曲「キミに空とクローバー」がどのように作られていったか、語ってもらった。

――表題曲「Plastic Smile」の制作にあたって、どのようなテーマや方向性が設定されたのでしょうか?

石原夏織 「Plastic Smile」はTVアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』のEDテーマなので、作品の登場人物の心情に重ねて、心から笑顔になれるように変えてくれた“キミ”への心情をテーマに歌わせていただきました。明るさも切なさもあるような曲になっていると思います。

――三好啓太さんによる楽曲を聴いた際の感想を教えてください。

石原 コンペで初めて聴かせてもらったのですが、今回は曲のテーマ決めの段階から参加させてもらっていたので、聴いた瞬間に「この曲だ!」ってなりました。スタッフの皆さんも同じ意見で、思った通りの曲ができあがってとても嬉しいです!

――この曲を歌うにあたって、どういった点を意識されましたか?

石原 「Plastic Smile」は1番から3番に向かって少しずつ心情が変化していきます。そのため最初の自信がないところから少しずつ自信が湧いてくる様子を表現するため、歌詞に沿った歌い方を心がけました。特にテンションの上げ下げなどはすごく気を付けました。

――特に印象に残っているフレーズを教えてください。

石原 2Aの“いつからだろう 一歩引くクセ 身に付けて 慣れてしまってた”という歌詞は、最初に歌詞を読んだときにパッと目に入ってきたフレーズで、特にお気に入りです。自分にもそういう経験があったので感情を入れやすかったです。ただ最近は聴くときの気持ちやタイミングで注目する歌詞が変わったりするので、そういった点でも魅力的な楽曲だと思います。きっと聴いてくださる皆さんも共感してくださる歌詞があると思います!

――「Plastic Smile」のMVはOLの生活を描いたものですが、なぜこういった内容になったのでしょうか?

石原 タイアップしている『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』、そして歌詞とのリンクなどをスタッフの皆さんと話し合い、今回はドラマ仕立てのMVに挑戦することになりました。私自身、声以外の演技をちゃんとしたことはなかったので本当に初の試みでした。

――ファンに特に注目してほしいお気に入りのシーンは?

石原 最後のサビで出てくる冬のシーンや花火をしているシーンに注目してほしいです。観ているとなんだか切なくなって、胸がキュンとするような感覚になります。このMVも、ぜひひとつの作品として楽しんでいただきたいです。

――『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』には石原さんも三島柚葉役で出演されています。石原さんは柚葉をどんなキャラクターと捉えて演じられていますか?

石原 柚葉は主人公の吉田の後輩OLですが、吉田と喋るためにわざとできない子を演じたりして意外と計算高いところがあって。でも性格はとても明るく積極的で、何かに悩んでも前向きに考えることができるような魅力的な女の子です。周りに困った子がいたら助けてあげることができる優しさもあります。

――そんな柚葉がこの「Plastic Smile」を聴いたらどんな思いを抱くと思われますか?

石原 アニメの中で吉田と柚葉が“運命の出会い”について語っているシーンがあるんですけど、彼女には「Plastic Smile」のサビの“キミに出会って 初めて知った気持ち”という歌詞は刺さるんじゃないでしょうか。あくまで予想ですけどね(笑)。

続きはこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人