純愛コンビの運命やいかに!? 『ゾンビランドサガ リベンジ』本渡 楓×河瀬茉希×田中美海が語る第3話までの振り返りと今後の見どころ

アフレコや挿入歌の裏話も! 第3話までの注目エピソード

――記事掲載時点で放送されている第3話までの間にも、フランシュシュには様々な波乱がありました。皆さんが特に印象に残っているシーンやエピソードを教えてください。

河瀬 私は2話です! 実は今朝、初めて音声が入った状態の映像資料を観たんです。もちろん内容は知っていたんですけど、アフレコは別録りだったので、(二階堂)サキちゃんやさくらの声を聞くのは初めてで。そしたら、今まで絶対涙を見せてこなかったサキちゃんがあんな風に泣くんだと思って、朝からボロ泣きしました。

田中 うん、あれは切ない……。

河瀬 ゾンビであるが故に、死なないし、何したって無敵だと思っていたけど、死なないからこそこの涙があるっていう切なさ。私、1話でも泣いたのに、2話でもまた泣かされて、さくらみたいに干からびるんじゃないかと思って(笑)。(二階堂サキ役の田野)アサミさんもすごいし、えーでちゃん(本渡 楓)の重ねてくる泣きにさらにグッときちゃって。2話はエモかったです。

本渡 2話のアフレコでは、さくらとサキちゃんとホワイト竜さんの3人でアフレコを行う割り振りだったので、私は(ホワイト竜役の)白竜さんと一緒に収録することができまして。もう全部が印象的でした。

――というのは?

本渡 白竜さんは俳優として色んな作品に出演されていて、すごくかっこよくて男前なお芝居を拝見していたので、こんなにも穏やかで優しい方なんだと思って。アフレコのとき、サキちゃんの「伊万里港浦ノ崎防波堤灯台みてえにな」っていうセリフに、白竜さんが「懐かしいねえ」と反応されたんです。そこから「どんなところなんですか?」って話が盛り上がると、1つ1つ丁寧に説明してくださって。

田中 優しい!

河瀬 白竜さんも佐賀の方だもんね。

本渡 まさかアルピノでのライブ(2019年7月に行われたライブイベント“ゾンビランドサガLIVE~フランシュシュみんなでおらぼう!~in SAGA”)で江頭さん(江頭2:50)が「これを見ろ!」って言って流れた演説動画に出演してくださっただけでなく、アニメにまで声優として出てくださるとは。かっこいいお芝居はもちろん、ギャグっぽいお芝居も素敵で、ディレクションに対してもすごく真摯に向き合われていて、本当に素敵な方でした。

田中 なかなかない経験だよね。

――本渡さんが他に印象に残っているシーンは?

本渡 どれも印象深いですけど、1話の(水野)愛ちゃんがカブに乗ってバイトをしに行くところから始まるのも衝撃的で大好きです。

田中 社歌(第1話の挿入歌「イカの魂無駄にはしない~小島食品工場株式会社社歌~」)ね(笑)。

河瀬 実はあの社歌、私たちも工場のおばちゃん役として歌っているんですよ。面白かったよね。みんな愛ちゃんの声量を超えるぐらいの大きい声で歌い始めたりして。

田中 それで言うと私、レコーディングのときに佐藤さん(音楽プロデューサーの佐藤宏次)と社歌の話になって。「いやあ、ちゃんまき(河瀬)の声がめちゃくちゃ大きくて」って言ってた(笑)。

河瀬 違うの! レコーディングのとき、私の隣に三石(琴乃)さんがいらっしゃったんだけど、三石さんは「ようこそ佐賀へ」の叫び声以外は『ゾンビランドサガ』の楽曲に参加されていなかったので、「私にとって『ゾンビ』で初の歌だ!」ということで、めちゃくちゃ大きな声で歌われてて。なので私も「負けてられない!」と思って大きい声を出したら、さらにそれを超えてくるような歌声を出してこられたので、急に“SAGAディビジョンバトルマッチ”みたいになってしまって(笑)。

一同 (笑)。

河瀬 なので私はスーパー笑顔でこの曲を歌ってましたね。三石さんの歌声を聴けるのが嬉しくて。

――田中さんはいかがですか?

田中 私も色々ありますけど、特に印象に残っているのは3話の純子のソロ曲(「50と4つの忘れ物」)です。純子ってギター片手にこういう渋めの歌をうたう子だったんだと思って。そりゃあ「伝説の昭和のアイドル」になるわっていう。しかもその歌を横で聴いてるさくらがめちゃくちゃシュールで。

本渡 首だけになるし(笑)。

田中 そうそう。さくらの不幸を呼び込む設定が『リベンジ』でもずっと続いていて。1話で幸太郎さんの部屋に侵入するときも、「みんな壊したらいけんよ」って呼びかけながら真っ先にギターを壊すし(笑)。

河瀬 そう思うと記憶を取り戻したさくらが、変わらないさくらでいてくれて良かったよね。

本渡 それはフランシュシュのみんながいるからだよ、きっと。もしみんながいなかったら「はあ、ゾンビになってしまって……」ってなると思うけど、みんながいるから活き活きとしてる。

田中 第2話でリリィが、ぼーっとしているサキちゃんを見て「あのおじさんのこと好きだったのかな」って言ったのも印象に残っているんですけど、その後にさくらが愛ちゃんに向かって「愛ちゃんも好きな人おったと!?」って迫るところも面白くて。そういえばさくらって、元々愛ちゃんのファンだったんだよなあと思って。

本渡 あのシーンのさくらはただのオタクになってたね(笑)。

次ページ:フランシュシュの絆が試される!? 第4話とその先のSAGAへの期待

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人