ソロアーティスト・高垣彩陽として歩んだ10年で紡いだ数々の縁を振り返る。初のベストアルバム『Radiant Memories』リリースインタビュー

2010年7月21日にシングル「君がいる場所」でソロアーティストとしてのキャリアをスタートさせた声優・高垣彩陽。高い歌唱力とその人懐っこいキャラクターで多くの支持を集めてきた彼女も、昨年ソロキャリアとして10周年を迎えるに至った。そして今回、10年という歩みの中で様々な縁によって生み出された楽曲をコンパイルした初のベストアルバム『Radiant Memories』をリリースした。このインタビューでは、そんな彼女のキャリアと楽曲たちをじっくり振り返ってもらった。

高垣彩陽を初めてアニソンアーティストとして認めてもらった場所

――高垣さんのソロ活動10周年を記念したベストアルバム『Radiant Memories』がリリースされました。まずは2020年にソロアーティストとして10年のキャリアを数え、今の気持ちは?

高垣彩陽 ソロとしての活動が10周年を迎える前にスフィアの10周年もありまして、10年という期間を振り返ったりすることがここ最近何度かあったのですが、あまり実感がないんですよね(笑)。デビュー当時はこうして10年も続けられるとも思っていませんでしたから。ただ必死に目の前にあることを1つずつ必死にやっていたら10年経っていた、という感じです。

――スフィアとソロアーティストとそれぞれ10周年を経験したわけですが、気持ちに違いはありますか?

高垣 結構違いますね。ソロアーティストとしての活動に関しては事務所に入るきっかけとなった“ミュージックレインスーパー声優オーディション”を受けるときから「いつか歌える声優になりたい」っていう夢をもっていました。でも、実際には事務所に入ってから二度ほどソロデビューの話があったものの、タイミングが合わずになくなってしまったこともあったんです。そんなときに同期が先にソロデビューをしていったり、スフィアの結成が決まったときも、ありがたいと思う一方で、「高垣彩陽としてはアーティストデビューすることはないんじゃないか」みたいにも思っていました。そんな苦しさや焦りを感じていた時期も経てのソロデビューから10年なので、思い入れもひとしおですね。

――そうしたなかで自身の念願が叶ったのが2010年7月21日、最初のシングルとなる「君がいる場所」ですね。

高垣 『世紀末オカルト学院』というアニメにキャストで出演させていただくことになって、そこでのご縁に恵まれてエンディングを歌わせていただくことになり、ソロデビューという流れでした。ソロデビューできなくてもどかしかった時期含めて「やっとその時が来たんだな!」と思ったのをよく覚えていますね。

――2010年というのは高垣さんのソロキャリアにおいても大きな転機となったわけですが、この年末には“リスアニ!LIVE 2010”にもソロで出演していただきました。

高垣 そうなんですよ! リスアニ!さんといえば、高垣彩陽を初めてアニソンアーティストとして認めてもらった場所、そう思っているんです。ソロでフェスに出させていただいて、そこで高垣彩陽がソロアーティストとして自分の曲を歌ったのはあのときが初めてでしたから。あのときは「認めていただいた」と思えてすごく嬉しかったです。当時着た衣装とかまだ実家にとってありますよ。自分で用意した青いドレープの服なんですけど。

――あれから10年という時間を集約したのが今回の『Radiant Memories』。制作にあたって選曲で悩まれたりということはありましたか?

高垣 かなり悩みました。私、すごく優柔不断なので(笑)。私の楽曲ってこれまでありがたいことにタイアップで歌わせていただくことが多かったんですよ。そうなると作品に合わせて楽曲が作られるのでジャンルが多岐に渡るんですよね。ファンタジーっぽい楽曲もあればアップテンポのバトルものもありますし、なかには大陸系の音楽に近いものもあったりして。そういうものを全部ひっくるめたアルバムにしようと思ったときにどの曲を選ぶかすごく迷って、最終的にはマネジメントと音楽チームで話し合って投票して決めました。

次ページ:私が私のまま曲に向かい合えばそれが高垣彩陽の曲になる

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人