夢を叶えた近藤玲奈、アーティスト活動の始まりを飾るTVアニメ『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』EDテーマ「桜舞い散る夜に」リリースインタビュー

TVアニメ『ドロヘドロ』のニカイドウ役から「アイドルマスター シャイニーカラーズ」の風野灯織役まで、多彩な役柄を演じる若手実力派声優の近藤玲奈が、この春、日本コロムビアからソロデビューする。アーティスト活動の始まりを飾るミディアムナンバー「桜舞い散る夜に」は、TVアニメ『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』のEDテーマ。ミュージカル曲のように壮大な作りのカップリング曲「Listen~真夜中の虹」とともに、彼女の表現力の高さを味わうことのできるシングルとなっている。アーティスト活動の夢を叶えた彼女に、本作への想いを語ってもらった。

初めてのワンマンライブが教えてくれた自信と経験

――近藤さんは以前からアーティスト活動に対する憧れをお持ちだったのですか?

近藤玲奈 はい。私は中学生の頃に声優を目指し始めたのですが、当時、色んな声優さんがアーティスト活動を行っていることを知って、衝撃を覚えたのと同時に、さらに魅力的なお仕事に感じまして。その後、実際に声優として活動させていただくなかで、自分もいつかアーティストデビューできればと思うようになりました。自分の未来予想図では、もっとキャリアを積んだ頃にデビューできればと想像していたのですが、こんなにも早くお話をいただけたことにビックリしました。

――音楽は昔から好きだったのですか?

近藤 歌や音楽は昔から好きで興味があって、小学生の頃は合唱部、中学では吹奏楽部に所属していました。ただ、歌に関しては本格的に習ったことがなかったので、(声優の仕事を)始めたての頃は歌い方が全然わからない状態だったのですが、キャラソンのお仕事などで経験を積んでいくうちに、少しずつコツを掴めるようになってきました。今はレッスンもさせていただくようになって……なんとか、っていう感じです(笑)。

――でも、今年1月に行われたワンマンライブ“近藤玲奈 1st LIVE~Listen~”の昼公演を拝見しましたが、歌い方のアプローチも多彩で、すごくお上手でしたよ。

近藤 ありがとうございます! まだデビュー前だったので、最初は「えっ……! どうなるんだろう?」と思ったんですけど(笑)、日本コロムビアの先輩アーティストさんの楽曲をカバーさせていただいて、たくさんの楽曲に出会うことができました。昼公演と夜公演でセットリストの内容をガラッと変えたのですが、歌詞について1曲1曲研究したり、ダンスにも挑戦したかったので、曲に合う手の動きや振付を自分なりに考えたり、準備の時間もすごく楽しかったです。

――ソロライブをやってみての感想はいかがでしたか?

近藤 初めてのことなので、お客さんを目の前にしたらどんな気持ちになるのか楽しみにしていた部分もありつつドキドキもしていたのですが、実際にステージに出たら、お客さんは(新型コロナウイルスの感染対策のため)声を出せない状況だったにも関わらず、1曲目からすごく伝わってくるものがあって。皆さんが心の中で声を出して応援してくださってることを感じた瞬間に、一気に自信が漲って、心の底から楽しんで歌うことができました。

――昼公演・夜公演ともに、1曲目は.lady.「Open Tuning」のカバーでスタートしましたが、.lady.は近藤さんの事務所の先輩である小松未可子さんが参加していたユニットということで、その縁も含め熱い選曲でした。

近藤 .lady.さんは素晴らしい先輩方によるユニットですし、しかも事務所の先輩でもある小松さんが歌っていた歌をライブの最初に披露するということで、少しプレッシャーもありましたけど、リハや自主練を積み重ねて挑んだ結果、楽しんで歌うことができました。事前に.lady.さんのライブ映像の資料を参考にいただいたので、サビの部分の振付とかを覚えてやってみました。

――振付と言えば、昼公演で歌った悠木 碧さんの「永遠ラビリンス」のカバーでは、最後に猫っぽいポーズをしていましたよね。

近藤 実はあの振付、リハでは一度もやらなかったんです。でも、本番直前に、この曲のMVで悠木さんが猫の動きをされていたので、猫要素を入れたいなあと急に思いついてしまって(笑)。

――すごい! 瞬間瞬間で思いついたアイデアを活かすタイプなんですね。

近藤 MVや楽曲のコンセプトを事前に調べたうえで振付を考えていたので、多分それで直前に思いついたんだと思います。中途半端になってしまうのは自分的にも嫌だったので、どの楽曲も歌詞カードがボロボロになるぐらい読み込んで覚えて。ここまで歌に本気で取り組んだのは初めてでしたし、学ばせていただくことがたくさんあるライブでした。

――内田 彩さんの「最後の花火」のカバーは切なさが溢れ出るような歌い口でしたし、その一方で村川梨衣さんの「Baby, My First Kiss」のカバーではすごくかわいらしい雰囲気になって。楽曲ごとに佇まいがガラッと変わるところは、役者ならではの表現だと感じました。

近藤 内田 彩さんの楽曲は、昼公演で「最後の花火」と「Sweet Rain」、夜公演では「afraid.
.. 」と「アップルミント」をカバーさせていただいたので、今回内田さんの日本武道館でのライブ(2016年の公演“AYA UCHIDA Complete LIVE ~COLORS~ in 日本武道館”)の映像を参考に観させていただいたんです。そこで内田さんが1曲ごとに表情を変えて歌われていたので、私もそれを参考にさせていただきました。特に「最後の花火」は歌詞が切ないので、私も歌詞の中の人物になり切って歌って。その意味では、お芝居をするような感覚で歌っていたように思います。

会いたいけど会えない想いを託した「桜舞い散る夜に」

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人