田所あずさが初のセルフプロデュースアルバム全曲を、心の“ゆらぎ”そのままに披露!「AZUSA TADOKORO LIVE 2021~Waver~」オフィシャルレポートが到着!

声優として数々の作品に出演し、アーティストとしては初のセルフプロデュースアルバム「Waver」をリリースした田所あずさが、オンラインライブ「AZUSA TADOKORO LIVE 2021~Waver~」を2021年4月3日(土)に開催。ライブの模様はYouTube、LINE LIVEにて全編無料配信された。

自分自身の葛藤や不安や決意、そういった心の“ゆらぎ”をテーマにした4thアルバム「Waver」。何度も悩み時に涙しながら作り上げた楽曲たちを、今回のライブでは全曲披露。新型コロナウイルス感染症対策のためオンラインでの開催にはなったが、田所あずさの想いをみんなに届けるとともに、研ぎ澄まされた歌唱力と表現力で圧巻のステージを見せた。

約1年5ヶ月ぶりとなるワンマンライブ、その幕開けはアルバムでも1曲目に収録されて度肝を抜いた「レイドバック・ガール」。ドレッシーな衣装に身を包んだ田所は、ジャジーな楽曲を妖艶さも漂わせながら歌い上げる。感情がそのまま現出したような歌やセリフ、悲鳴ともいえる声は没入感が半端なく、視聴者からは「ゾクゾクした」「鳥肌」といったコメントが並ぶ。続く「ちっちゃな怪獣」でも苦悩や葛藤を芯のある歌声で表現すると、ハイテクニックなピアノ演奏もステージを彩っていった。

3曲目の「死神とロマンス」では一気にシフトチェンジして雰囲気を変化。赤裸々な乙女の恋心を、明るく軽快に披露する。「ヤサシイセカイ」(TVアニメ『神達に拾われた男』オープニングテーマ)はライブアレンジとして、1番をピアノの伴奏のみで披露。その優しく温かな、ちょっと切なさも内包した歌声がみんなを包み込んでいく。
さらに、自身が作曲した「いつか暮れた街の空に」で応援してくれる人への感謝を込めて歌えば、実の兄の結婚式で感じた気持ちから生まれた「クリシェ」では未来を照らすような空気感が広がる。ちょっと懐かしさや安心感のあるメロディが彼女の優しい歌声にマッチして、素敵な輝きをみせた。

MCを挟まず、こんなに連続で歌うのは初めてだと話す田所。冒頭からの圧倒的なステージとは裏腹に、実は前日から緊張でガタガタ震えていたという。恐怖から寝つけなくなり、地元の友達に電話したエピソードも明かしていた。ライブ後半戦は、曲中のネコの鳴き声も印象的な、ポップでオシャレ感のある「ソールに花びら」からスタート。田所の歌声はもちろん、ベースの超絶演奏や配信ならではの映像演出でもステージを彩ると、続く「Rest in a Stroke」では優しく温かな歌声で想いを紡いでいく。

続きはこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人