今Aqoursが鳴らすべき音楽とは――?『ラブライブ!サンシャイン!!』小林愛香・高槻かなこ・降幡 愛、5 周年記念ニューシングル「smile smile ship Start!」リリースインタビュー!

2015年10月7日に1stシングル「君のこころは輝いてるかい?」をリリースしてから約5年。「ラブライブ!サンシャイン!!」から生まれたスクールアイドルグループ・Aqoursの5周年を記念したニューシングル「smile smile ship Start!」がリリースされる。これまで劇伴などで作品を彩ってきた加藤達也氏によるサウンド、そしてデビューから現在までの彼女たちを見つめ続けてきた畑 亜貴氏による歌詞も含めて、これぞAqoursという1曲に仕上がった。5周年だから、そしてこんな時代だからこそAqoursが鳴らすべき音楽を、Aqoursのメンバーたちはどう受け止め、歌ったのか。今回はメンバーの中から小林愛香(津島善子役)、高槻かなこ(国木田花丸役)、降幡 愛(黒澤ルビィ役)の1年生トリオに話を聞いた。

――Aqoursがデビューして5周年を迎えましたが、皆さんにとってAqoursでの5年あまりを振り返ってみていかがですか?

降幡 愛 『ラブライブ!サンシャイン!!』としてもですが、結成当時はこんなに長くAqoursというグループが続くとは思っていなかったぶん、5周年を迎えられたのはすごいことだなって率直に感じました。昨今の世の中的なこともあって、もっと色んなことができたのにと思っていたんですけど、逆にできないなりのもどかしさのなかで様々なことをこの5周年というタイミングで考えられたのは大きいかなと思いました。

小林愛香 この5年間をAqoursとして駆け抜けてきた想いがあるので、「もう5年か」という感じがしますね。その一方でもっとやっている気もするし、それくらいみんなとはすごくたくさんの思い出もあります。5周年を迎えたなかで、Aqoursの9人だけじゃなくて10人目の皆さんとも一緒にこれからもどんどん進んでいけるんじゃないか、まだまだいけるんじゃないかって思っています。

高槻かなこ 結成から5年経って、東京ドームなど大きなステージに立たせてもらえたのは本当に奇跡だなって改めて思います。そのなかで「小学生の頃にAqoursを好きになって、今年高校に入りました!」みたいなファンの皆さんからの声もあって、「5年って長いんだな」って感じましたし、Aqoursと青春を歩んできたという声を聞くと、皆さんと成長しながら歩んできた5年間なんだなっていう実感が湧きますね。

――そんなAqours5周年を記念したアニメーションPV付きシングル「smile smile ship Start!」がリリースとなります。この曲は作曲・編曲を手がけた加藤達也さんによる『ラブライブ!サンシャイン!!』の劇伴「Main Theme Of LoveLive! Sunshine!!」を思わせるイントロから始まる「Main theme of Aqours 5th anniversary!!」が元になっていて、5周年に相応しいものになっていますね。

降幡 これ、最初はみんなで聴いたんだよね?

高槻 うん、そうだと思う。

降幡 リハーサルのときにみんなで聴いて、「これが歌になるんだ」って。

小林 そうそう、最初は歌になる前だったんだよね。

降幡 歌入れ前の段階のBGMとして使われたのが最初だと思います。

高槻 最初は「テーマパークみたいだな」って思いましたね。

降幡 たしかにたしかに。夢の国だ(笑)。それを聴いたのが年末ぐらいかな?

高槻 “LOST WORLD”(2020年10月に開催された“ラブライブ!サンシャイン!! Aqours ONLINE LoveLive! ~LOST WORLD~”)で使われたから、そこが最初かな。

――壮大なオーケストラの導入から、太めのリズムが印象的な勢いのあるサウンドになりました。畑 亜貴さんによる歌詞も勢いのあるものになりましたね。

この記事を書いた人