前作に続いて『ゆるキャン△』OPテーマを担当!「Seize The Day」リリース記念 亜咲花インタビュー

「絶対にファンの方に愛してもらえる」と、新曲に強い自信を覗かせる亜咲花。女子高生アニソンシンガーとしてデビューした彼女も今年でキャリア5年。自信と使命を自覚する彼女は昨年、喉の手術という大きな壁を乗り越えてさらに表現力とパワーを増した。そんな彼女が贈る待望のTVアニメーション『ゆるキャン△ SEASON 2』のOPテーマ「Seize The Day」とカップリング曲の制作模様と歌への想いを余すことなく聞いた。

――ニューシングル「Seize The Day」はTVアニメーション『ゆるキャン△ SEASON 2』のOPテーマです。第1作目では主題歌「SHINY DAYS」を歌われていましたが、大きな反響のあった作品の続編に向かうにあたり、何かプレッシャーは感じられましたか?

亜咲花 一つ前のシングルの「I believe what you said」のときは『ひぐらしのなく頃に 業』のOP主題歌で歴代のシリーズを受け継がねばというプレッシャーがありましたが、『ゆるキャン△』は自分も第1作目から関わらせていただいた作品だったので、また別の意識を持っていました。第1作目のOPテーマ「SHINY DAYS」を作詞してくださった永塚健登さんが作詞曲、『ゆるキャン△』シリーズの劇伴を担当している立山秋航さんが編曲ということもあり「絶対にファンの方に愛してもらえる」という自信をもってお届けできる曲になりました。「SHINY DAYS」が本当にたくさんの方に聴いていただいたので、今回もその軸を変えずに作っていこうと考えて歌わせていただきました。

――楽曲はどのような形でお手元に届きましたか?

亜咲花 歌詞が入ってない状態で先に聴かせていただきました。ブロードウェイミュージカルのような、街中で歌っているイメージで、「SHINY DAYS」とまた違った爽やかさ。前作をソウルフルという言葉で表現するのであれば、今回はピースフルという言葉がしっくりくる曲に仕上がってるなと思いました。

――そのような外に出たくなるようなイメージを想起させる楽曲は、奇しくも今の私たちが非常に欲しているようにも思えます。

亜咲花 やっぱり元気な歌って、聴いてる人も歌ってる自分自身も気持ちが左右されるんですよね。私もみんなが元気になってほしいなと思いながら歌いましたし、歌の力を改めて感じました。個人的には昨年春に喉の手術をして、今回の3曲が全て術後のレコーディングでした。その意味で、亜咲花としてのリスタートという思いもあり、皆さんにお届けしたいという思いは強くありました。

――術後は声が少し高くなられたんですよね。

亜咲花 はい。今まで歌えなかったキーも楽々歌えるようになりました。「Seize The Day」は「SHINY DAYS」よりも高音や裏声が綺麗に入る箇所が多く、サビの部分が歌っていて一番気持ちいいですね。2番でコブシを利かせているところがあるのですが、当初は1番に入れていたんです。そうしたらあまりにパワフルで全体のイメージが壮大になりすぎてしまったので、逆にしたという経緯があります。楽曲の味よりも、『ゆるキャン△』の世界観に合わせて、ちょっと後ろめの方がいいかなと歌い方を考えました。歌い方一つで雰囲気や印象が変わるので、レコーディングも本当に少しずつ微妙なバランスを調整して行なっていきました。

――亜咲花さんのなかで音楽面における『ゆるキャン△』らしさをどのように捉えてますか。

亜咲花 良い意味でアニソンの典型ではないところだと思います。私もアニメオタクでアニソンのオタクですが、「SHINY DAYS」や「Seize The Day」のようなアニソンは全体的に見ても少ない方じゃないのかなって思っています。私は聴いたことがなかったんですよね。アニソンは固定されたジャンルがないので、アニソンの可能性は無限大だなと感じました。
『ゆるキャン△』制作サイドの方も音楽に非常にこだわっていて熱意も大変伝わってきますので、自分も音楽でより『ゆるキャン△』の良さを伝えていけたらと思いました。

――歌詞についてはどんなところに注目されましたか?

亜咲花 前向きでひたむきなところがいいですね。『ゆるキャン△』の音楽って、ネガティブなワードがないんですよ。強いて挙げるならば「寂しさ」ぐらい。でもそれすらもスパイスになって景色を彩ります。それくらい、聴いてる誰もが本当に明るくなって、人生を変えてもらえるくらい良い曲なんです。私はポジティブの塊なので、『ゆるキャン△』の曲を歌う度に自分にぴったりな歌だと思わせてくれる世界観です。『SEASON 2』は前作からちょっと時が経っていて、成長した登場人物たちが描かれているので、歌詞の方でもその雰囲気が伝わるような内容になっているという印象を受けました。「Seize The Day」というタイトルは「今を生きよう」とか「日々をつかもう」という意味で、歌詞の中でも、なでしこやリンちゃんが、それぞれ一人で今を楽しく生きているというとても前向きな内容が含まれて、そこもアニメととてもリンクしてるなと思いました。

――とてもリズミカル楽曲です。亜咲花さんはリズムに乗るときはどんなことを意識していますか?

亜咲花 よく聞かれるのですが、そこはあまり意識をしないで歌っています。たまにディレクションで「この言葉でリズムを取って」と言われることがありますが、それはほんの一部のフレーズで。私、レコーディング中もめっちゃ揺れて歌うんですよ(笑)。高い音を出すときは手を上げて体の軸の通しを良くしたり、リズムに合わせて足踏みをしたりします。そのときは裸足です。ホントの意味で地に足をつけて歌うと、ドラムの音が体を伝っていく振動が全然違うので、ライブもこれでやってみたいくらい(笑)。バラードオンリーのライブだったらそれもアイディアとしてアリですね。目標のひとつです。

――11月29日の先行上映会ではいち早くファンの方にこの歌を届けられましたが、いかがでしたか?

亜咲花 第1作目のときの上映会とは自分の心持ちがまったく違いましたね。あの頃は高校生でまだ私という存在があまり知られていない中で、自己紹介をしつつ『ゆるキャン△』ファンの方に歌を聴いていただいた、という感じだったのですが、今回はすでに『ゆるキャン△』ファンの方も私のことを知っていただいているなかで歌うことができましたので。自分も作品も一緒に歩んで成長してくれたんだなと歌いながら思いました。もうひとつ自分にとって大きかったのは、このときが9ヶ月ぶりに人前で歌う機会だったことです。正直、泣きそうだったのをグッと堪えていました。お客さんのなかには泣いてらっしゃる方もいて、やっぱり待ってくれてたんだなと思いました。

――それだけ、実際にお客さん一人ひとりの顔を見て歌ってこられていたわけですね。

亜咲花 リモートやオンラインならではのできることもあり、状況に応じて提供の仕方を変えていく必要があるのはもちろんですが、あのときのお客さんの表情を見ると、やっぱり直接歌を届けられるのは良いな、と強く感じました。この気持ちって、コロナ禍がなかったら感じなかったと思うんです。人前で歌えることやお客さんがいることが、どこか私の中で当たり前になっていました。アーティスト=ライブができるという構図が、初めて≠になって、自分の置かれた環境がいかに恵まれていたかに気づきました。落ち着いて昔のような日々に戻ったら積極的にライブを行なって、自分の歌とメッセージをより多く発信して行きたいと強く感じたイベントでした。

――MVも映画的でドレスを着てソシアルダンスを踊ったりと、凝った作りになっています。

亜咲花 MVで踊るのは今回初めてでした。こんなに素敵なドレスに袖を通すのも初めてで、スタイリストさんと一緒に決めて黄色いドレスを作っていただきました。これまでは楽曲の方向性もあって、クールに決めてることが多かったのですが、今回の前半に出てくる衣装には赤を採り入れてみたりすると、思いの外しっくりきて、そういう部分でも自分を表現できたことは嬉しかったです。

――やはり、衣装を着ることによって気持ちの変化も起こりますか。

亜咲花 それはありますね。性格が変わるんですよ。例えば黒い衣装を着たらクールな感じになりますし、カワイイ衣装を着ると仕草も無意識に可愛くなれる。これは私服でも同じです。今回の服を着ているときも、ポーズがそれっぽくなって自分は女の子だなと思いながら撮影できました。アニソン歌手として活動する上で女の子らしい一面はこれまで前面に出してこなかったので、2年に1回くらいこうすると、みんな思い出してくれるかな(笑)。

――2曲目「NO MORE PEAKY MODE」のタイトルの、「ピーキー」という言葉は、「ピーク」だからイケイケという意味ではなく、ピークを過ぎて「燃え尽きる」というネガティブなニュアンスのワードなんですね。このあたり、英語ネイティブの亜咲花さんらしいワードのチョイスです。

亜咲花 意味合いとしてはクヨクヨしてしまうといったニュアンスです。ネイティブでもあまり使う単語ではない印象があります。それもこの言葉を使った理由の一つで、誰が聞いてもネガティブな言葉ではなくすことで、楽曲全体に負の感情を出しすぎないという意図があります。「クヨクヨするのはそろそろやめて、元気なモードに切り替えようよ」というメッセージです。

――歌詞も書かれていますが、歌のテーマとしてはどんな思いを込めていますか?

亜咲花 自分がステージに立っているときは、みんなからの愛を感じているのですが、その瞬間に私からのメッセージを伝えたいという思いがありました。だったら、その想いをテーマにした歌を作ればいいと思って制作した曲です。亜咲花がステージに立っているときはこんな想いなんだよという気持ちに加え、聴いている人やカラオケでこの歌を歌う人にも染み込みやすい歌になるといいなと考えました。これまで聞いてくれる人に直接語りかけるような言葉を歌詞にしたことはなかったのですが、歌詞に「ボク」や「キミ」といった言葉を使うことによって、私の思いをより深くまで浸透させていきたいという意図があります。

――「キミにも」という言葉は何度も出てきますね。

亜咲花 そこがひとつポイントで、当初は最後のサビも「キミにも」で終わらせようと思ったのですが、3回も「キミにも」が来るのはちょっと重すぎるなと思って、「リピート」で韻を踏んでいます。この曲は歌詞にもあるように、もう本当に携帯のボリュームを全開にして何回もリピートして聞いてほしい熱い曲になっています。

――レコーディングはいかがでしたか?

亜咲花 実は今も喉の手術後のリハビリをしている最中なのですが、その過程の声をレコーディングできたことはアーティストとして生きて戦っている証を残せたなと思っています。そこはあまりビクビクせず、挑戦していきたいところではあります。この曲はその意味でも長く歌っていきたいですし、大化けしそうな気がして、育てがいがあります。2~3年後が楽しみですね。

――そしてカップリングのもう1曲「Party Fever Night!!」ですが、バラエティ豊かな文字通りパーティーソングです。

亜咲花 聴いてくださる方の中には、お仕事で働き詰めの方ってたくさんいらっしゃると思うんです。そんな方に、「ありがとう」という気持ちを込めつつ、「たまには自分で息抜きしなきゃ駄目だよ」というメッセージです。私自身、以前は息抜きをすることが下手だったのですが、2020年を過ごす中でプライベートの時間や体をいたわることの大切さを強く感じました。そんななかでふと、みんなはどうしているんだろうと考え、この曲を思いつきました。この歌で表現しているお祭りは、ライブを例えたものでもあって、それらをかけた曲の世界観にしてみました。

――サウンド的にはロックありパラパラあり、日本の伝統的なお祭りの掛け声があったりとミクスチャーな感じですね。

亜咲花 加えて海外のディスコ的なお祭りも混じっていたりして。最初は「パパンがパン」みたいな感じにしようかと思ったのですが、ちょっと抽象的な感じがしたので、全部のお祭りを含めた内容にしてもらいました。今後ライブでも「お祭り曲が来たぞ」と思ってもらえるような定番ソングになればいいなと思います。この歌はCやD#を連発するキーの高い曲なのですが、レコーディングも本当に楽に歌うことができたので、これも手術したからこそだなと思っています。

――レコーディングに臨む前とこうして完成したあとで感触は変わりましたか?

亜咲花 これはこのシングルの3曲すべてに言えることですが、手術したからこそ完成させることができたと思いますし、その選択は正解だったと思っています。正直、手術後には思うように声が出ずに不安に思うこともたくさんありましたが、諦めずにリハビリをした結果、素敵な曲にも恵まれ、大好きな『ゆるキャン△』との時間を歩むことができたので、昨年の自分を褒めてあげたい気持ちです。今、歌えることの幸せや、「声が戻ってきてくれてありがとう」という気持ちを強く思ったこの歌い方を忘れずに胸の中に秘めていきたいなと感じています。3曲とも100%の力を振り絞って使ってるので、この強い持ちがたくさんの方に届くといいなと願っています。

INTERVIEW &TEXT BY 日詰明嘉


●リリース情報
亜咲花 9thシングル
「Seize The Day」
1月27日発売

【DVD付盤(CD+DVD)】

品番:USSW-0284
価格:¥2,200+税
※初回生産分限定ランダム封入:亜咲花直筆サイン入りCD(盤面に本人サイン)
※亜咲花撮り下ろしジャケット

<CD>
01. Seize The Day
作詞・作曲:永塚健登/編曲:立山秋航
02. NO MORE PEAKY MODE
作詞:亜咲花/作曲・編曲:Yocke
03. Party Fever Night!!
作詞:亜咲花/作曲・編曲:永塚健登
04. Seize The Day -off vocal-
05. NO MORE PEAKY MODE -off vocal-
06. Party Fever Night!! -off vocal-

<DVD>
01. Seize The Day Music Video
02. Seize The Day メイキング

【アニメ盤(CD)】

品番:USSW-0285
価格:¥1,700+税
※TVアニメーション『ゆるキャン△ SEASON2』描き下ろしジャケット

<CD>
01. Seize The Day
02. オリジナルミニドラマ「年越し」[出演:各務原なでしこ(cv.花守ゆみり)、土岐綾乃(cv.黒沢ともよ)]
03. NO MORE PEAKY MODE
04. Party Fever Night!!
05. Seize The Day -off vocal-
06. NO MORE PEAKY MODE -off vocal-
07. Party Fever Night!! -off vocal-

※初回封入特典(DVD付盤、アニメ盤共通)》:亜咲花オリジナル生写真(プリントサイン入り)※全5種類のうち1枚をランダム封入

●発売記念イベント
2021年3月14日(日)18:00開始予定
亜咲花&佐々木恵梨オンラインスペシャルコラボライブ
詳細はこちら

●作品情報
TVアニメーション『ゆるキャン△ SEASON2』
AT-X、TOKYO MX、BS11ほかにて放送中

AT-X 毎週木曜23時00分~
TOKYO MX 毎週木曜23時30分~
BS11 毎週木曜24時30分~
サンテレビ 毎週金曜24時30分~
KBS京都 毎週木曜25時00分~
YBS山梨放送 毎週土曜9時30分~
北海道テレビ 毎週月曜25時20分~
SBS静岡放送 毎週火曜25時55分~
※放送日時は変更になる可能性がございます。

配信情報
dアニメストア 毎週木曜23時30分~
AbemaTV 毎週木曜23時30分~
※その他 順次配信!
※配信日時は変更になる可能性がございます。

【Staff】
原作:あfろ(芳文社「COMIC FUZ」掲載)
監督:京極義昭
シリーズ構成:田中仁
キャラクターデザイン:佐々木睦美
プロップデザイン:山岡奈保子 井本美穂 堤谷典子
メカデザイン:遠藤大輔 丸尾一
色彩設計:水野多恵子(スタジオ・ロード)
美術監督:海野よしみ(プロダクション・アイ)
撮影監督:田中博章(スタジオトゥインクル)
音響監督:高寺たけし
音響制作:HALFH・PSTUDIO
音楽:立山秋航
音楽プロデューサー:村上純
音楽制作:MAGES.
企画・プロデュース:堀田将市
制作プロデュース:DeNAコンテンツ企画部
アニメーションプロデューサー:丸亮二
アニメーション制作:C-Station
製作:野外活動委員会

【Cast】
各務原なでしこ:花守ゆみり
志摩リン:東山奈央
大垣千明:原 紗友里
犬山あおい:豊崎愛生
斉藤恵那:高橋李依
土岐綾乃:黒沢ともよ
ナレーション:大塚明夫 ほか

OPテーマ:亜咲花「Seize The Day」
EDテーマ:佐々木恵梨「はるのとなり」

©あfろ・芳文社/野外活動委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人