音楽アート集団CHRONICLE、2021年新曲第1弾「轍の唄」のリリックビデオを公開&プリオーダースタート!3月3日には待望の1stアルバム『CHRONICLE』のリリースを発表!

2021.01.05

住野よるの『君の膵臓を食べたい』、佐野徹夜の『君は月夜に光り輝く』などの大ヒット小説の装画をはじめ、現在絶賛公開中のアニメーション映画『ジョゼと虎と魚たち』のコンセプトデザインも手掛けるなど、イラストレーターとして高い人気と注目度を集め、作詞やジャケットデザイン、MUSIC VIDEOなどアートワークを担当するloundraw(ラウンドロー)と、MISIAやDAOKOをはじめ数々のアーティストにヒット曲を提供しているサウンドメイカーHIDEYA KOJIMA、そしてその一切がベールに包まれているヴォーカルT.B.A(ティービーエー)の3人による音楽アート集団CHRONICLE(クロニクル)が、2021年第1弾新曲として1月11日(月)に配信リリースする「轍の唄(わだちのうた)」のリリックビデオを公開し、iTunesでのプリオーダーもスタートさせた。

2019年にシングル「宇宙」で衝撃のデビューを飾り、音楽と物語の二軸から展開されるその新たな表現手法が高い評価を得ているCHRONICLEは、昨年2020年は、「いつか飛べなくなるとして。」「深層サーチャー」の2曲の配信シングルをリリースし、それぞれ多くのプレイリストにラインナップされるなど、作品が発表されるごとに、世界中から熱い視線を浴びている注目のユニット。

4ヵ月連続配信シングルの3曲目であり、2021年第1弾楽曲ともなる「轍の唄」は、ファンク、ディスコミュージックをルーツに持つHIDEYA KOJIMAらしいクールなサウンドとT.B.Aによるあたたかみのあるヴォーカルが絶妙に絡み合う、CHRONICLEならではのナンバーとなっており、そのサウンドの中で展開される、loundrawによるストーリー展開にグッと惹き込まれるに違いない。

また、2月22日には早くも次の配信シングル「呼吸」のリリースを予定しているCHRONICLEだが、3月3日には、待望の1stアルバム『CHRONICLE』をリリースすることも発表された。

1stアルバムにしてセルフタイトルが冠されたアルバムで、CHRONICLEがデビュー以来、音楽と共に紡ぎ続けてきた物語が、どのように帰結していくのか、興味が尽きない。

なお、1stアルバム『CHRONICLE』の初回仕様限定盤には、オリジナルステッカーとメンバー直筆サイン入りプレゼントの抽選応募ハガキが封入されるとのことなので、是非、予約をして欲しい。


●リリース情報
digital single
「轍の唄」
2021年1月11日配信開始
作詞:loundraw
作曲・編曲:HIDEYA KOJIMA
ヴォーカル:T.B.A

iTunesプリオーダーはこちら

1st Album
『CHRONICLE』
2021年3月3日発売
品番:BVCL-1039
価格:¥3,000+税

初回仕様限定盤:1.オリジナルステッカー封入 2.直筆サイン入りプレゼント抽選応募ハガキ封入

配信中
digital single
「深層サーチャー」
作詞:loundraw
作曲・編曲:HIDEYA KOJIMA
ヴォーカル:T.B.A

配信リンクはこちら

digital single
「いつか飛べなくなるとして。」
作詞:loundraw
作曲・編曲:HIDEYA KOJIMA
ヴォーカル:T.B.A
配信リンクはこちら

<CHRONICLE プロフィール>
イラストレーターloundraw、サウンドクリエイターHIDEYA KOJIMA、ボーカルT.B.Aの、男子3人による、音楽と物語とアートがシンクロした新時代の音楽アート集団。
「君の膵臓をたべたい」「君は月夜に光り輝く」他、様々な作品の装画を手がけ、担当装画の累計発行部数は400万部を超し、自らも小説や漫画の執筆、アニメーション制作など、多彩な才能を発揮するloundrawが創り出すオリジナルかつ壮大な物語。その物語の中で生まれる音楽は、HIDEYA KOJIMAが生み出す楽曲にloundrawの歌詞が寄り添い、T.B.Aが歌うことで、音楽とアニメ、アート、小説がクロスオーバーしながら、多角的に物語が展開していく。
誰も歩いたことのない道を、誰でもない自分たちとしての歩き方で進む。新しい形での表現を追求しながら、常に進化と深化を遂げる新機軸の音楽アート集団、それが「CHRONICLE」。

<loundraw プロフィール>
イラスト表現の可能性を切り拓く最新型イラストレーター。そのクリエイティブは、イラスト、アニメ、小説、漫画、そして作詞など、他に類をみない多彩なクリエイティブを展開する。
「君の膵臓をたべたい」「君は月夜に光り輝く」他、様々な作品の装画をを手掛け、監督・脚本・演出・レイアウト・原画・動画と制作のすべてを手がけた卒業制作オリジナルアニメーション「夢が覚めるまで」は、400万回再生超、9万RT、17万LIKEという記録的な数字を打ち立てた。
また自身初の個展はギャラリーを3フロア使用した大規模な展示になり、イラストレーターとしては異例の来場者数を記録。劇場版「名探偵コナン」をはじめとするアニメーション作品へのクリエイター参加、そして新機軸の音楽アート集団「CHRONICLE」でのアーティスト活動など、loundrawが生み出すアートとクリエイティブはとどまることを知らない。これからの時代を担うアーティスト。

loundrawオフィシャルTwitter

<HIDEYA KOJIMA プロフィール>
ファンク、ディスコミュージックをルーツにもつサウンドクリエイター。多くのアーティストへの楽曲提供も行い、音楽ファン/アーティストから高く支持されている。CHRONICLEサウンドを担う、音楽面のキーマン。

HIDEYA KOJIMAオフィシャルTwitter

<T.B.A プロフィール>
CHRONICLEのボーカルとしてデビューする、新進気鋭のシンガー。その歌声はCHRONICLEの物語を伝える、音楽のキーとなる存在。これからベールを脱ぐT.B.Aの存在に注目が集まる。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人