佐藤ミキ メジャーデビュー曲「名もない花」がTVアニメ『魔法科高校の劣等生 来訪者編』EDテーマに決定!アーティストビジュアルも初公開!!

本日(5日)、ABEMAにて『TVアニメ「魔法科高校の劣等生 来訪者編」特番「お兄様には内緒です」秘密のガールズトーク』が放送され、番組内で、日本国内だけではなく今や世界規模で展開するソニーミュージックの音楽レーベルSACRA MUSICよりメジャーデビューすることを発表し、先月8月にプレデビュー曲となる配信限定シングル「A KA SA TA NA」(アカサタナ)をリリースした佐藤ミキが、10月から放送されるTVアニメ『魔法科高校の劣等生 来訪者編』EDテーマを担当することが発表された。同時に、佐藤ミキとして初めてとなるビデオコメント出演を果たし、アーティストビジュアルも初のお披露目となった。

メジャーデビューとなる同タイアップ楽曲のタイトルは「名もない花」。発売日などの商品情報は未定だが、楽曲のサウンドプロデュースは、今年7月に公開された佐藤ミキの初オリジナル曲「Play the real」、先月8月にリリースされたプレデビュー曲「A KA SA TA NA」に続き、家入レオ、Little Glee Monster、Aqoursなど数々のメジャーアーティストを手掛ける“イワツボコーダイ”と、ヒプノシスマイク、Rin音、あさぎーにょ等に楽曲を提供する新進気鋭の“maeshima soshi”という、異なるフィールドで時代をリードする2人の異色タッグによるもの。彼らが得意とするPOPでありながらもEDGEの効いたサウンド感に、佐藤ミキの魅力でもある繊細さと強さを併せ持つ“シルキーボイス”、“等身大の歌詞世界観”が融合し、どのようなエンディングテーマ楽曲が生み出されたのか?続報が期待される。

佐藤ミキは同楽曲に関して、「『名もない花』は、大切な人と育んできた温かさの中に同時に存在する切なさや儚さにも焦点を当てた楽曲です。『名もない花』というタイトルには、”自分の心の中に咲いている秘めた感情”という意味合いも込められています。この世には存在しない花、存在してはいけないかもしれない花。密かに咲いては、誰にも知られることなく散っていく気持ちの葛藤も表現しておりますので、アニメに登場する人物の心情と重ね合わせながら曲を聴いていただけると嬉しいです。」とコメントしている。

現在、配信限定でリリースされているプレデビュー曲「A KA SA TA NA」は、“終夏の恋”をテーマにした、大好きな人に対する淡く切ない気持ちを紡いだラブソング。佐藤ミキが等身大の乙女心をモチーフに、一部に“恋愛あるある”を織り交ぜながら歌を綴り、完成させたという。音楽を通して、遊び心も届けたいという気持ちから、タイトル「A」「KA」「SA」「TA」「NA」には、ちょっとした仕掛けもほどこされているというので、この点も注目だ。TikTokでは、カップルユーザーを中心に、曲に合わせて制作された動画がアップされるなど反響を呼んでいる。また、手描きのラフな線にビビットなカラーを用いたカラフルでポップなイラストで人気を博すイラストレーターChiMyが描き上げたイラストに、佐藤ミキ直筆の歌詞をのせたMusic Videoもフルサイズで公開されているのでこちらもチェックしておきたい。

<佐藤ミキ コメント>
「名もない花」は、大切な人と育んできた温かさの中に同時に存在する切なさや儚さにも焦点を当てた楽曲です。「名もない花」というタイトルには、”自分の心の中に咲いている秘めた感情”という意味合いも込められています。この世には存在しない花、存在してはいけないかもしれない花。密かに咲いては、誰にも知られることなく散っていく気持ちの葛藤も表現しておりますので、アニメに登場する人物の心情と重ね合わせながら曲を聴いていただけると嬉しいです。

<イワツボコーダイ コメント>

恋愛でも友情でもそうですが、愛とはただ求めるのではなく、涙がこぼれるほどその人を想ったときにやっと、小さな優しさが生まれ染み入るように届いていくのではないでしょうか。今回、その葛藤やそれによって生まれる究極の愛が感じられるような作品になるよう佐藤ミキさん、maeshima soshiさんと制作しました。
佐藤ミキさんのデビュー曲としても声が持つ内に秘めた強さと優しさが表現できる1曲になりました。「名もない花」がアニメと共に長く愛されることを願っています。

<maeshima soshi コメント>

佐藤ミキさんとはこれまで「Play the real」、「A KA SA TA NA」という楽曲を制作してきましたが、実はこの「名もない花」が初めてご一緒させて頂いた楽曲になります。そして自分にとってもバラード曲を初めて制作するというチャレンジでもあったので、とても思い出深い曲になりました。TVアニメとして『魔法科高校の劣等生』が始まった時、楽しみながら観ていたいちアニメファンの自分が、今回エンディングテーマで関われたことも感慨深いです。この楽曲に関われたこと、とても誇りに思います。是非沢山の方に聴いていただきたいです。


●楽曲情報
佐藤ミキ メジャーデビュー楽曲
「名もない花」
発売日未定

「名もない花」(TVアニメ『魔法科高校の劣等生 来訪者編』EDテーマ)
作詞:佐藤ミキ、イワツボコーダイ
作曲:イワツボコーダイ、maeshima soshi
編曲:maeshima soshi

●配信情報
佐藤ミキ プレデビュー楽曲
「A KA SA TA NA」
配信中

「A KA SA TA NA」
作詞:佐藤ミキ、イワツボコーダイ
作曲:イワツボコーダイ、maeshima soshi
編曲:maeshima soshi

配信リンクはこちら

<佐藤ミキ プロフィール>

幼少の頃から留学など海外での生活を経験しながら、英語や中国語など多国語を取得。海外での生活が自身の音楽観にも大きな影響を与え、アリアナ・グランデやテイラー・スウィフトといった洋楽アーティストにも親しむようになり、本格的に音楽活動を行うことになる。その後、自ら紡ぐ等身大の歌詞の世界観と彼女の特徴とも言えるシルキーボイスの存在感が業界関係者の目に留まる。2020年SONY MUSIC内の音楽レーベル“SACRA MUSIC”よりデビューが決定。同年7月には初のオリジナル曲「Play the real」をYouTubeに公開。8月にはメジャーデビューに先駆け、配信限定シングル「A KA SA TA NA」でプレデビュー。また、10月から放送されるTVアニメ『魔法科高校の劣等生 来訪者編』エンディングテーマに、メジャーデビュー曲「名もない花」が抜擢された。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人