内田雄馬、デビュー曲「NEW WORLD」英語バージョンのLyric Video公開!

声優・アーティスト内田雄馬が8月26日に配信限定リリースした「NEW WORLD(English ver.)」のリリックビデオが公開された。

「NEW WORLD(English ver.)」は、2018年にリリースした自身のデビュー曲を英語バージョンとして新規に録音したもの。この度公開された映像では、「NEW WORLD」のミュージックビデオに英語詞を載せて再編集。デビュー当時の映像を改めて振り返りつつ、英語バージョンとして生まれ変わった「NEW WORLD」を歌詞とともに堪能しよう!

「NEW WORLD(English ver.)」は、主要音楽配信サービスにてサブスク・ダウンロード配信中。また、8月26日より内田雄馬の全楽曲がサブスク解禁されている。ぜひ毎日の様々なシチュエーションの中で、内田雄馬の音楽をもっと身近に感じてみてはいかがだろうか。


●配信情報
「NEW WORLD(English ver.)」
作詞:SHOW
英訳詞:Amon Hayashi
作曲・編曲:SHOW/Dirty Orange

配信リンクはこちら

●リリース情報
6th Single
「Image」
発売中

【期間限定盤(CD+DVD)】

品番:KICM-92059
価格:¥1,800+税

※初回製造分のみ
CD購入者対象 イベント配信アクセスコード 封入

【通常盤(CD)】

品番:KICM-2059
価格:¥1,300+税

※初回製造分のみ
CD購入者対象 イベント配信アクセスコード 封入

<CD>
1. Image
作詞:Shogo 作曲:Shogo/早川博隆 編曲:早川博隆
2. SummerDay
作詞・作曲・編曲:SHOW
3. You Are Special
作詞・作曲・編曲:塚田耕平
4. Image(off vocal ver.)
5. SummerDay(off vocal ver.)
6. You Are Special(off vocal ver.)

<DVD>
「Image」MUSIC VIDEO+MAKING

●イベント情報
「Image」発売記念 CD購入者対象 「内田雄馬ONLINEバースデーイベント」
9月21日(月・祝)14:00~

※配信は「Image」の期間限定盤(KICM-92059)、通常盤(KICM-2059)初回プレス商品内に封入される【CD購入者対象 イベント配信アクセスコード】に記載のURLからご視聴いただけます。
※動画の視聴可能期間は、2020年9月21日(月・祝)14:00~23:59までとなっております。それ以降アーカイブでの配信はございません。
※初回封入特典は、初回プレス分の期間限定盤、通常盤どちらにも封入されます。
※内容は予告無く変更になる場合がございます。

「Image」発売記念 オンライン抽選会
9月21日(月・祝) 「CD購入者対象 イベント配信」終了後~
※動画の視聴可能期間は、2020年9月21日(月・祝) 23:59までとなっております。それ以降アーカイブでの配信はございません。

プレゼント内容
A賞 「内田雄馬と生電話」 20名様
内田雄馬と直接電話でお話できます!
B賞 「内田雄馬直筆サイン入りポスター」 10名様
内田雄馬の直筆サインと当選者のお名前を入れたポスターをプレゼント!
C賞 「内田雄馬直筆サイン入りブロマイド」 20名様
内田雄馬の直筆サインと当選者のお名前を入れたブロマイドをプレゼント!

応募者全員プレゼント 「スマホ用壁紙(1種)」
※スマホ用壁紙は期間内にご応募いただきましたお客様のアドレスに、9月下旬頃にお送りさせていただきます。

詳細はこちら

<内田雄馬プロフィール>
「BANANA FISH」アッシュ・リンクス役、「MIX」立花走一郎役など数々の人気作で存在感を発揮、2019年3月には「第十三回声優アワード」主演男優賞を受賞した。現在も「あひるの空」花園百春役、「フルーツバスケット」草間 夾役など話題作に出演中と、今最も注目を集める声優の1人。
2018年5月には1stシングル「NEW WORLD」でアーティストデビュー。爽やかにどこまでも突き抜ける歌声とキレのあるダンスを武器とし、2019年7月にはファン待望の1stアルバム「HORIZON」をリリース、最新シングル「Over」ではオリコンウィークリーチャート9位を記録している。昨年10月からは初の単独ライブツアー「OVER THE HORIZON」を敢行、今年2月にはパシフィコ横浜にて追加公演を開催し、合計約11,000人を動員した。7/15(水)に追加公演の模様を収録したLIVE Blu-ray&DVDをリリース。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人