早見沙織、アーティスト5周年を記念したミニアルバムには自身作詞曲を多数収録!「前作を経て自分の庭に帰ってきたようなコンセプト」と語る新作『GARDEN』リリースインタビュー

今年アーティスト活動5周年を迎えた早見沙織が、それを記念したミニアルバム『GARDEN』を完成させた。堀込泰行、田淵智也、NARASAKIなどに楽曲提供を受けた前作『シスターシティーズ』から一転、今作は早見自身が作詞・作曲を手がけた楽曲を中心に構成。それゆえに、今の彼女自身の考えや気持ちがダイレクトに反映された作品に仕上がっている。シンガーソングライターとしての彼女が、“私だけの庭”から見つけた新しい風景とは? 本作に込めた想いを聞いた。

続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人