「THE FIRST TAKE」に藍井エイルが登場!TVアニメ『ソードアート・オンライン』OPテーマとなっていた自身の代表曲「IGNITE」を、一発撮りでフルサイズ初披露!

YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の新コンテンツ「THE FIRST TAKE」第49回の詳細が発表になった。

「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。本チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。
昨年にローンチしチャンネル登録者が179万人(※8/28時点)を突破、さらに動画総再生数が3億回を突破するなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。

第49回は、グローバルに活躍する”アニソン界の歌姫”藍井エイルが初登場。

TVアニメ『ソードアート・オンラインⅡ』OPテーマで本人も作詞に携わった「IGNITE」をここだけのピアノアレンジにて披露。スピード感あふれるピアノの旋律に彼女の力強い歌声が際立つ一発撮りのパフォーマンスとなっている。

YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」チャンネルトップページはこちら

<藍井エイル コメント>
「今はなかなかライブが出来ないけれど、画面を通してそれぞれの歌に込めた想いが皆さんの心まで届くようにと歌いました。たった1回しか歌えないというこのレコーディングでもない、ライブでもないファーストテイクは、なんだか不思議な感覚で少し緊張もしたけれど、たった1回の歌の中に全てを込めて歌わせていただきました。違うアレンジに化けた今作、ぜひ楽しんで聴いていただけたらと思います」

「THE FIRST TAKE」とは
「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネルだ。本チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。昨年11/15(金)にローンチし、ローンチから約9ヶ月でチャンネル登録者が179万人(※8/28時点)を突破、さらに動画総再生数が3億回を突破するなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。

<番組コンセプト>
「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。
ONE TAKE ONLY, ONE LIFE ONLY. 一発撮りで、音楽と向き合う。

ただ想いを込めて歌うだけじゃない。
マイクの前に立ったとき、何を感じているのか。
その曲に辿りつくまでに、いくつの壁があったのか。
これまでどんな姿勢で、音楽と向き合ってきたのか。
そんなアーティストたちの生き様が、音楽になっていく。
一人ひとりが前に踏み出そうとする時代。
音楽にできることを考えていきたい。

音楽に対する姿勢も、音楽だ。
THE FIRST TAKE

<藍井エイル プロフィール>
11月30日生まれ。北海道札幌市出身。AB型。2011年10月、シングル「MEMORIA」でメジャーデビュー。自身のFACEBOOKページには世界中から50万以上のいいね!が寄せられるなど海外からの支持も大きい。休養期間を経て、2018年6月にシングル「流星/約束」を発表し活動再開。2019年4月には自身4枚目となるオリジナルアルバム「FRAGMENT」をリリースした。2019年8月、ニューシングル「月を追う真夜中」(TVアニメ「グランベルム」オープニングテーマ)をリリース。11月、TVアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」エンディングテーマ「星が降るユメ」を発表。2020年8月12日にシングル「I will…」(TVアニメ「ソードアート・オンライン War of Underworld」2ndクール」EDテーマ)をリリース。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人