志村貴子原作『どうにかなる日々』クリープハイプが主題歌・劇伴音楽を担当したオリジナルサウンドトラック『どうにかなる日々』の発売が10月21日に決定!

新型コロナウイルスの影響により公開延期していた、『放浪息子』『青い花』などの代表作で知られる青春群像劇の名手・志村貴子原作、2020年10月23日(金)公開の劇場アニメ『どうにかなる日々』の主題歌・劇伴音楽をクリープハイプが担当したオリジナルサウンドトラック『どうにかなる日々』が10月21日に発売が決定した。

クリープハイプが映像作品の劇伴音楽を担当するのは今回が初めてで、その全てをメンバー自らが演奏している。尾崎世界観は主題歌・劇伴音楽を担当するにあたり、「『どうにかなる日々』は、ちゃんと目を見て話してくれる物語、ちゃんと目と目が合う映画だと思っています。その中で、観た人の耳に少しでも何かを残せたら幸せです。」とコメントを寄せている。


●作品情報
劇場アニメ『どうにかなる日々』
2020年10月23日(金)公開

誰かを想う日常は、ときに甘くて、ときに痛い。
そんな、なるようにしかならない日々も、きっと、いつか。
元恋人の結婚式、男子校の先生と生徒、心と身体の変化を迎える思春期の幼馴染。
誰が相手でも、どんな形でも、全ての恋と生き方には同等の価値がある。
そして、不器用に誰かを想った日々は、きっといつか愛しい思い出になる。
そんな“誰かの恋”を優しく見守り、温かく描くオムニバスショートストーリー集。

【キャスト】
えっちゃん:花澤香菜
あやさん:小松未可子
澤先生:櫻井孝宏
矢ヶ崎くん:山下誠一郎
しんちゃん:木戸衣吹
みかちゃん:石原夏織
小夜子:ファイルーズあい
百合:早見沙織
田辺くん:島﨑信長
ヨリコさん:田村睦心
しんちゃん父:天﨑滉平
しんちゃん母:白石涼子

【スタッフ】
原作:志村貴子「どうにかなる日々」/太田出版
監督:佐藤卓哉
演出:有冨興二
脚本:佐藤卓哉、井出安軌、冨田頼子
キャラクターデザイン:佐川遥
色彩設計:仲村祐栄(BeLoop)
美術コンセプト:伊藤豊
美術監督:齋藤幸洋
撮影監督:髙津純平
編集:長谷川舞(editz)
音楽:クリープハイプ
主題歌:「モノマネ」/クリープハイプ
アニメーション制作:ライデンフィルム京都スタジオ
配給:ポニーキャニオン

<尾崎世界観 コメント>
初めてのことで、これが正確か不正解かもわからないまま劇伴音楽に向き合っていました。でもこの作品自体が、正確と不正解だけでは掴めないものを描いているから、きっとそれこそが正解だったんだと思います。
「どうにかなる日々」は、ちゃんと目を見て話してくれる物語、ちゃんと目と目が合う映画だと思っています。その中で、観た人の耳に少しでも何かを残せたら幸せです。

<クリープハイプ プロフィール>

尾崎世界観(Vo/Gt)、小川幸慈(Gt)、長谷川カオナシ(Ba)、小泉拓(Dr)からなる4人組ロックバンド。2012年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。2014年には日本武道館2days公演を行うなど、シーンを牽引する存在に。2018年の5月11日には約4年ぶりとなる2度目の日本武道館公演「クリープハイプのすべて」を開催。同年、9月に5thオリジナルAL『泣きたくなるほど嬉しい日々に』を発売。

©志村貴子/太田出版・「どうにかなる日々」製作委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人