アプリゲーム『22/7 音楽の時間』主題歌『風は吹いてるか?』で新境地へ――。22/7インタビュー

社会に向け先陣を切って声を上げる――22/7の新境地

――新曲『風は吹いてるか?』についての印象を教えてください。

帆風 今回の楽曲は、「納得できないことがあるなら 声を上げるべきだ」とか、自分が内に秘めて押し殺してしまっている感情をもっと言っていいんだよという、前向きさを感じられる楽曲だなと思いました。普段の日常でも一歩引いてしまったり、「あのときちゃんと言っていたら」という後悔をしたりすることがあるのですが、それに対し歌詞で「まあいいかなんて放っておいたら手遅れになる」と突きつけてきたりして、個人的にもとても響きました。自分自身の思考が変化する要素を持った一曲になったと思います。

天城 今までの22/7の曲って、「ムズイ」とか「何もしてあげられない」とか、自分の中での葛藤とか、まだ答えが出ていないが故のもどかしさを歌うことが多かったのですが、「風は吹いてるか?」はその反対で、前だけを見ている曲で答えが決まっていて立ち向かわなくてはいけない。“ノーノーノー ウォオオ”では強く自分の意志を伝えているし、“納得できないことがあるなら 声を上げるべきだ”という歌詞からは私としては学校で教わってきたことを思い出しました。日本では空気を読むとか相手の気持ちを察するということが多いのですが、アメリカの学校では「表情とか空気感で読み取ってくれなんていうのはむしろ自分勝手だ」と教わるんです。「黙っていてはわからないし、嫌だと思っていることは声に出さないと」というメッセージ性は今までの22/7の曲の中でいちばん、自分というものを持った曲だなと思いました。

宮瀬 初めて聴いたときに正直思ったのは、「爽やかで22/7の表題曲っぽくないな」と。でもゲームの主題歌だと思うと、すごくしっくりきました。この曲でゲームが始まる画面が想像できたんです。歌詞の中で“風は吹いてるか? 時代はざわめいてるか?”と「?」が付いていて、これは第三者にと言うよりも自分に問うているものだと思います。歌詞を読んだりダンスをするなかで、私も同じことを問いかけていました。なかなか自分の意見って言えない部分があるのですが、ほどよく感情も前に出しつつ頑張っていこうと思いました。今の22/7はアニメの放送が終わったけれどもゲームも始まって、まだまだこれから風を起こしていきたいという思いがすごくあるので、この曲で改めて私たちを知ってほしいなと思いました。

白沢 今までの曲でも共感することは多かったんですけれども、今回はそこから行動に移そうと思わせる曲だなと思いました。いちばん好きなところはサビの途中の“納得できないことがあるなら 声を上げるべきだ”という部分で、自分を奮い立たせてくれるような気がして、頭の中で延々と流れ続けています。実際、自分の行動にも影響があって、結果はどうであれ、そう思って行動したことが自分の自信にも繋がって、生きやすくなったというか、私はこれでいいんだと。短い一節ですが、私の人生の中で大きな意味を持つものになったと思います。

高辻 “時代はざわめいてるか?”とか、“ニュースショーが伝える正義に 耳を塞いでいられない”とかパワーを与える曲だなと感じました。自分から風を吹かせるようなサビの入り方で、社会に向けて私たちが先陣を切って声を上げるから、みんなも声を上げていこうよ、という応援ソングのようにも感じました。自分の立場があって声を上げられなかったり、沈黙せざるを得ないこととかいっぱいある社会だけれども、声を上げる人ってやっぱりかっこいいよと背中を押してあげられる曲。私もこれから、そういう人になりたいなと感じています。あと、今回のMVでは初めて悠希ちゃんがアイドルとして踊っている彼女を観ることができたのがすごく嬉しかったです。あれはモーションキャプチャーではなく、CGアニメーターの方がすごく頑張って動きをつけてくれたものなんです。自粛期間になり振り入れ前だったので先を越された感じです(笑)。悠希ちゃんのダンスに恥じないよう、次の振り入れするときは頑張ろうと思います。

――現在の社会情勢は様々な制限があり、早く皆さんに会うことを心待ちにしているファンの方も多いと思います。そこで平常に戻ったらどのような活動を行いたいかを教えてください。

帆風 自粛期間でもアニメやゲームを通じ、新たにキャラクターを知ってくださって、そのあとで私たちメンバーを知ってくださった方もいるかと思います。イベントが開催できる状況になりましたら、ぜひとも足を運んでいただければと思います。個人的にはもっとキャラクターと寄り添った何かをお届けしたくて、ツアーで披露予定だったキャラクターソングも、まだ皆さんの前では披露できていないので、これからキャラクターと二人三脚で表現していけたらと思っています。

天城 ツアーがなくなり、5thシングル「ムズイ」のカップリングを皆さんの前で歌う前に、新曲の発表になりましたが、逆に次のライブは新しいことがてんこ盛りになるとも言えます。溜まったものがたくさんある分、より楽しいライブがお見せできるのではないかと思っていますし、自粛期間中も各々のメンバーが自主練をして頑張っていますので、ファンの方には「何でパワーアップしているの!?」と思わせるようなパフォーマンスをお届けしますので、そのときをぜひ楽しみにしていてください。

宮瀬 現在は大変な世の中ではありますが、そんななかでも以前からずっと変わることなく応援してくださっている方がいることを本当にありがたく思っています。会えないとどうしても心は離れていくのかなと思っていたら、「次に会えるときを楽しみにしているね」という言葉をかけていただけて、私たちも元気づけられました。私たち自身も次に皆さんとお会いするのが楽しみですし、より成長した姿を見せたいと思っています。ゲームやアニメで知ってくださった方は、まだ三次元の私たちをあまり知らないから「ライブには行きづらい」と思っているかもしれませんが、まったくそんなことはなく、キャラクターと一緒に楽しめるライブですので、お気軽にぜひ遊びに来ていただけると嬉しいです。

白沢 自粛期間中はアニメやゲームでファンの方にお届けしていましたが、やっぱり私の中でアイドルはファンの方に元気を与えるもので、それがいちばん伝わるのがやっぱりライブとか握手会とか、直に触れ合うものだと思うので、この自粛期間が明けたら早くファンの皆様にお会いして、沈んだ心を癒やしたいなと思います。

高辻 自粛期間になり今まで当たり前にできてたことが急にできなくなってしまいました。個人的な話になってしまいますが、これまで家族をライブに招待したことがなくて、それは気恥ずかしさからだったのですが、このような世の中のできごとを目にすると、「当たり前って、ないんだ」と改めて思わされました。だからこそ、見せられる機会に自分の頑張っている姿を自分の近くにいる人に見せたいなと感じました。それがいちばん伝わるのって、やっぱり直で会えるライブとか握手会だと思うんです。活動が止まっていると皆さんに心配をかけてしまうので、元気だよというところを早くお見せしたいなと思っています。

INTERVIEW & TEXT BY 日詰明嘉


●作品情報
「22/7 音楽の時間」

ジャンル:アイドル育成リズムゲーム
対応端末:iOS/Android
価格:基本プレイ無料(アイテム課金制)
開発・運営:株式会社ハ・ン・ド

●配信情報
「風は吹いてるか?」
作詞:秋元 康 作曲:細井涼介 編曲:古川貴浩
フルサイズ先行配信中!
詳しくはこちら

©22/7 APP

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人