佐藤順一&柴山智隆・W監督、脚本:岡田麿里 スタジオコロリド 劇場用長編アニメーション第2作『泣きたい私は猫をかぶる』6月5日公開!

『ペンギン・ハイウェイ』(2018)で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞し世界中に驚きを与え賞賛の声を浴びた新進気鋭のアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」が贈る長編アニメーション映画第2弾『泣きたい私は猫をかぶる』が6月5日(金)に公開となる。

クラスメイトから「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれるちょっと変わった中学2年生、笹木美代(ささき・みよ)(声・志田未来)。彼女はクラスメイトの日之出賢人(ひので・けんと)(声・花江夏樹)に熱烈な思いを寄せ、毎日果敢にアタックを続けるが全く相手にされない…。それでもめげずにアプローチを続ける彼女には、誰にも言えないとっておきの秘密があった。

監督は、日本アニメ界の重鎮・佐藤順一と、本作で長編監督デビューを飾る柴山智隆。脚本は、確かな描写力で定評のある脚本家・岡田麿里。声の出演は志田未来と花江夏樹が、多感で繊細な中学2年生のムゲと日之出をダブル主演で務める。またムゲを「猫」世界へと導く謎のお面屋・猫店主に山寺宏一、ムゲと日之出の担任教師におぎやはぎの小木博明ら豪華キャスト陣が集結!そして本作の主題歌は音楽シーンで大注目のヨルシカが担当。書き下ろしとなる主題歌「花に亡霊」は本作の世界観を音楽で表現しており、物語をより深くより鮮やかに紡いでいる。新時代を切り拓く2 0 2 0 年にふさわしい渾身の長編アニメーション映画が、ここに誕生!

ドラマ、映画などで幅広く活躍中の女優・志田未来と、現在最も勢いのある声優・花江夏樹のW主演でも話題の本作。先日発表となった山寺宏一、おぎやはぎ・小木博明に加え、主人公の<ムゲ>と彼女が思いを寄せる<日之出>に関わる重要なキャラクターとして、寿 美菜子、小野 賢章、千葉 進歩、川澄 綾子、大原 さやか、浪川 大輔ら豪華キャスト陣の参加が決定した。

このたび追加となったキャスト陣が演じるのは、ムゲや日之出のクラスメイトや、ムゲの家族など物語でも重要や役割を果たすキャラクターたち。明るく快活な主人公・ムゲに寄り添う友人の<深瀬頼子(ふかせ・よりこ)役>を演じるのは、寿 美菜子!『けいおん!』や「プリキュア」シリーズ、『響け!ユーフォニアム』など数々の話題作に出演してきた経歴を持ち、声優ユニットであるスフィアとしても活躍中の実力派。青春を駆け抜けるムゲと頼子の友情にも期待が高まる。ムゲが思いを寄せる日之出の友人<伊佐美正道(いさみ・まさみち)役>を演じるのは、アニメに留まらず映画やドラマ、舞台でも存在感を発揮している小野 賢章!『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』(7月23日公開)では主役のハサウェイ・ノアを演じることが決定しており、その人気は折り紙つき。思春期特有の悩みに揺れ動く日之出の良き友人として行動を共にする。

さらに、ムゲの父親<笹木洋治(ささき・ようじ)役>に千葉 進歩、ムゲの父親の恋人で、血のつながりのない年頃のムゲと生活を共にする<水谷薫(みずたに・かおる)役>に川澄 綾子、そしてムゲの実の母<斎藤美紀(さいとう・みき)役>には大原 さやかの参加が決定!学校では明るく振舞うムゲも、実は複雑な家庭環境に悩んでいる一面を持っており、仲間たちとの友情だけでなく、家族のドラマにも注目が集まる。

また、日之出の家が営む焼き物の工房で働く青年<坂口智也(さかぐち・ともや)役>を演じるのは、豊富なキャリアと卓越した演技で支持を集める浪川 大輔!工房に出入りする猫・太郎を日之出とともにかわいがる。そんな工房にも将来を左右するようなある事態が起こりつつあり…。物語に大きく影響してくる日之出を取り巻く環境の変化も見逃せない。

頼子をはじめとした周囲の人々には、本音も、猫に変身できるお面を持っていることも“秘密”にして、お面をかぶり猫の姿で日之出のもとへと通うムゲ。≪人間≫のときには距離を取られてしまうが、≪猫≫のときには近づくことができるムゲと日之出の関係。猫でいれば周囲との関係に悩むことない自由さを知ったムゲは、次第に心地よさを覚えていく。しかし、猫として長く過ごすほど、いつしか猫と自分の境界があいまいになる。そしてある日、ムゲにお面を授けた張本人である謎のお面屋・猫店主(山寺宏一)から、猫の“お面”とムゲの“顔”を交換し、≪人間≫を捨て≪猫≫として生きるよう迫られるが─。
果たして2人を待ちうける運命とは一体…!ますます期待が高まるばかりの本作に、ぜひ注目してほしい。


●作品情報
『泣きたい私は猫をかぶる』
6月5日(金)公開

【出演】
ムゲ(笹木美代):志田未来
日之出賢人:花江夏樹
深瀬頼子:寿 美菜子
伊佐美正道:小野賢章
笹木洋治:千葉進歩
水谷薫:川澄綾子
斎藤美紀:大原さやか
坂口智也:浪川大輔
猫店主:山寺宏一
楠木先生:小木博明

【スタッフ】
監督:佐藤順一、柴山智隆
脚本:岡田麿里
主題歌:「花に亡霊」ヨルシカ(ユニバーサルJ)
企画:ツインエンジン
制作:スタジオコロリド
配給:東宝映像事業部

<STORY>
私はあなたの力になりたい。好きって言われたい―

笹木美代(ささき・みよ)は、いつも明るく陽気な中学二年生の女の子。空気を読まない言動で周囲を驚かせ、クラスメイトからは「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれている。しかし本当は周りに気を使い、「無限大謎人間」とは裏腹に自分の感情を抑えて日々を過ごしていた。
そんなムゲは、熱烈な想いを寄せるクラスメイトの日之出賢人(ひので・けんと)へ毎日果敢にアタックを続けるが全く相手にされない。めげずにアピールし続ける彼女には誰にも言えないとっておきの秘密があった…。
それは、猫の姿になって大好きな日之出に会いにいくこと。
実はムゲは、ある夏祭りの夜お面屋にいた猫の店主から、「かぶると猫へと姿を変えることができる」という不思議なお面をもらって以来、猫・太郎として日之出の家に通っていたのだ。
普段はクールに振舞う日之出だが、太郎にだけは素直な気持ちを打ち明けることができ、いつしか太郎は日之出の支えになっていた。≪人間≫のときには距離を取られてしまうが、≪猫≫のときには近づけるふたりの関係。ムゲもまた、猫でいれば周囲との関係に悩むことない自由さを知り、次第に心地よさを覚えていく。
猫として長く過ごすほど、いつしか猫と自分の境界があいまいになるムゲ。
ある日、再び現れた猫店主から、猫の“お面”とムゲの“顔”を交換し、≪人間≫を捨て≪猫≫として生きるよう迫られる…

このままずっと、あなたのそばにいたい。でも、≪私≫に戻ることができなくなる――

自分が誰に支えられているのか。大切なものに気がつくとき、二人の世界が変わり始める。

© 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人