三月のパンタシア、Vo.みあの書き下ろし小説を軸にした自主企画『ガールズブルー』冬編が始動!楽曲はn-buna(ヨルシカ)プロデュース&イラストはダイスケリチャードが担当!

ボーカリスト「みあ」による、終わりと始まりの物語を空想する音楽ユニット、三月のパンタシア。自主企画『ガールズブルー』の冬の最新作を始動させることを自身のLINE LIVE放送中に解禁した。

『ガールズブルー』とは、昨年8月から「音楽×小説×イラスト」という新たなコンセプトでスタートした三月のパンタシアの自主企画。みあが書き下ろす小説を軸にクリエイターが楽曲やイラストを作り上げていく。

最新作「あの頃、飛べなかった天使は」は、バンド「ヨルシカ」としても活躍中のサウンドクリエーター:n-buna(ヨルシカ)を楽曲のプロデューサーに迎え、若者から絶大な支持を得るダイスケリチャードがイラストを担当する。この3人のタッグは昨年12月に発表した『街路、ライトの灯りだけ』以来、1年ぶりとなり、ファンからはSNS上を中心に歓喜の声が広がっている。

『最初で最後の冬の恋』をテーマに書き下ろされた小説は、みあの公式Twitterにて既に連載が開始されており、同時にダイスケリチャードが手掛けたキービジュアルも公開された。ダウナーな雰囲気で煙を纏うみあが印象的に描かれている。なお、n-bunaプロデュースの楽曲は1/24(金)に公開されるとのこと。三月のパンタシアが彩る冬の物語を、ぜひ「音楽×小説×イラスト」様々な角度で楽しんでほしい。

LINE LIVEでは、1月10日(金)に重大発表があることも解禁された。この冬どんな物語を私たちの元に届けてくれるのか、これからも三月のパンタシアから目が離せない!

<みあ コメント>
『ガールズブルー』冬、はじまります。
今回は、『最初で最後の冬の恋』というテーマをもとに話を書きました。物語も年末から年始のシーンも描いており、リアルタイムで楽しんでもらえる仕様にもなっています。
ダイスケリチャードさんのイラスト、n-bunaさんの新曲も冬らしいグッとくる作品になっています。
小説、イラスト、楽曲合わせて、今冬もパンタシアしましょう。

<ダイスケリチャード コメント>
こんばんは、ダイスケリチャード です。
みなさま楽しいクリスマスは過ごせているのでしょうか。
私はおそらく家で1人だらだらしてます。
さて、この度、新曲でもまたイラストを担当させていただきました。
冬らしい、派手じゃないものの刺さるようなドラマチックさを感じられる曲とストーリーになっていると思うので、
その切ない雰囲気が絵でも伝わると嬉しい限りです。

<ダイスケリチャード プロフィール>
滋賀県出身、東京在住のイラストレーター兼デザイナー。
書籍や企業、アーティストとのコラボグッズなどを中心に活動中。
2018年8月には自身初となる商業画集「気化熱」を発売。

<n-buna プロフィール>
2012年から活動を開始したサウンドクリエイター。
「透明エレジー」「ウミユリ海底譚」「夜明けと蛍」「メリュー」「アイラ」「白ゆき」と多数のミリオンヒット曲を投稿し、2015年「花と水飴、最終電車」、2016年「月を歩いてる」の2枚のボーカロイドオリジナルアルバムを発売、ロングセラーを続ける。
2017年からはバンド「ヨルシカ」としての活動も開始。2018年発売のアルバム「負け犬にアンコールはいらない」はオリコン5位を記録。
多数のアーティストへの楽曲提供やテーマソングの制作などの作家としての活動も行う。ロックからバラードまで幅広い楽曲のサウンドアレンジの評価も高く、文学的な歌詞と印象的な言葉遣いから成る詩世界が話題となり、唯一無二のクリエイターとして人気を集める。


●ライブ情報
三月のパンタシア LIVE 2020 『18時33分、冬もまた輝く』
2020年1月25日(土) 17:30 OPEN/18:33 START
会場:東京都 チームスマイル・豊洲PIT

チケットSOLD OUT

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人