待望の1stフルアルバムが完成!大原ゆい子『星に名前をつけるとき』インタビュー

『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』のEDテーマでメジャーデビューした大原ゆい子が1stアルバム『星に名前をつけるとき』をリリースする。『からかい上手の高木さん』を筆頭に『宝石の国』や『はねバド!』など、提供し、歌唱した楽曲でアニメを盛り立てるとともに、シンガーソングライターとしてライブを重ねていた大原。作品のために、自身の発露の形として、彼女が生み出した星々を集めたアルバムについて話を聞く。

──1stアルバムに向けての作業はいつくらいから始まりましたか?

大原ゆい子 アルバムを作ると初めて言われたのは、『からい上手の高木さん』2期の曲の打ち合わせをするときでした。だから、「2019年は結構大変だぞ」と思いましたね。新しく収録し直した曲もあるのでわりとスケジュールは詰め詰めで、実際、シングルを発売した瞬間からアルバムに気持ちを切り替えていきました。

──デビュー前からの思いも含めて、1stアルバムに対してはどういうアルバムにしたいと思っていましたか?

大原 やっぱりデビューする前からアルバムを出すことは目標でしたし、自分の概念として1stアルバムは「特別なもの」というイメージがあって……。

──それ、結構皆さんが言いますよね。

大原 そうなんですよね。なので、やりたいことをありったけ詰め込められたら、という思いがありました。

──やりたいものというのは?

大原 アーティストとして、提供曲をセルフカバーしてみたいという気持ちがありました。あとは、アルバムならではの曲というか、今まで作ってこなかった曲、シングルには入れられないような曲を収録したいという気持ちはありましたね。

──セルフカバーしたいというのはどういう理由からですか?

大原 誰かのために書いた曲をあらためて自分が歌うと、自分の曲なのにまた違うことが発見できるような気がしたんですね。今回、(『干物妹!うまるちゃんR』キャラクターソング)「変わらない宝物」をセルフカバーしたときも、「自分が歌わないとこういう曲を書くんだ」という感覚がありました。やっぱり、自分の言葉というよりも作品と歌う人が見えてくる歌詞というか、うまるちゃんの声優さんたち(=妹S)が歌う曲ではあったので自分が書くよりもやわらかく友情を書いているといったところで一歩違う自分を感じました。

──外仕事の顔を自分が持っていることに気づくというか。

大原 そうですね。そういう意識はなかったんですけど、実はそうだったんですよね。

──シングルに入れられないというお話がありました。大原さんはわりとシングルのカップリング曲でオリジナル曲を収録してきたイメージがあるんですが、それでもなかなか難しいところがありましたか?

大原 結構自由にやらせてもらっているとは思いますけど、そのうえで新しいジャンルを開拓したい気持ちがあったんですよね。シングルにはそれぞれ「色」もありますし、戦略的な部分も若干あるので。そこから離れて自由にやりたいという部分をアルバムで出せたと思います。「星が眠るまで踊ろうよ」は、シティポップみたいなおしゃれで、自分が歌っていて楽しい曲を作りたいという気持ちからアレンジしていただきました。それに今は配信が主流になりつつあるのですが、アルバムなら流れで聴いてくれるかな、と思うんですよね。

──そういったことを踏まえて、アルバム全体のコンセプトやテーマとしてはどういうことを考えましたか?

大原 私が作っているとはいえ、どうしてもタイアップ曲はカラーがバラバラになるんですけど、そこが自分の曲のいいところだとは思っていたので、もっと全部で違うカラーを出したいと思いました。新しく収録する曲は違うシーンで聴いてもらえる曲にしたいという思いもあったので、朝に聴いたり帰りの夜に聴いたりできるアルバムにできたらいいとは思ってました。

──曲順も大原さんが?

大原 スタッフさんと話すことはありましたけど、基本は私が「この流れがいい」というものを出しました。ギリギリまで引っ張りましたけど(笑)。「早くして」とか言われるまで(アイデアが)降りてこなくて。

──テーマやコンセプトを表現するために曲順で意識したところはありますか?

大原 それが覚えてなくて(笑)。

──潔い(笑)。まったく?

大原 バッ!って決めたんですよね。そのせいか、覚えていなくて……「Magic Parade」を最初か最後にしようというのは覚えているんですけど。

──なら、完成したアルバムを聴いたときの印象は?

大原 「カオスだな」って。

──シンガーソングライターのアルバムらしくない?

大原 かもしれないですね。柴田 淳さんとか、私の好きなアーティストさんはいい意味でカラーが統一されてる方が多いんですけど。

──そうですね。シンガーソングライターの方はたしかに。でも、自身で仰るように、その幅があるところが大原ゆい子らしさでもあるわけですね。

大原 最初にアルバム名として出したのは「カメレオン」だったんです(笑)。それくらい色合いが違っている気がしました。でも、私らしくないと言われて、やめたんですけど。

──そっちのタイトルの方がシンガーソングライター感はありますね。

大原 ちょっとアーティスティックな感じがしますよね(笑)。

ディレクター 最初に「カメレオン」というタイトルを聞いたときは賛成しなかったんですけど、理由を聞いたら納得はできました。アニメ作品は振り幅があるので、レーベルとしてはどんな作品でも任せられるアーティストと仕事をしたいと思っていたんですけど、その希望通りでした。歌唱の幅も広いですし。ただ、「カメレオン」だったらこのビジュアルにはなってない(笑)。

大原 緑になってますね。草の上とか(笑)。

──ジャケットにも大原さんの意向が?

大原 スタッフさんに、デザイナーさんは絶対にquiaさんがいいという話をしていました(笑)。デビュー前からAimerさんの『Bitter & Sweet』っていうアルバムのジャケットが本当に好きで。なかなか盤に対する愛に出会うことって難しいんですけど、アーティストを大事にしてくれるというか、出来てきたときはなんて幸せなんだろうと思いました。

──大原さんを登場させずに。

大原 そう。中にはいるんですけど(笑)。素敵にしてもらいました。

──そもそもの『星に名前をつけるとき』というアルバムタイトルはどこから?

大原 星が出てくる曲が多いというのももちろんあるんですけど、「カメレオン」のあとで長い時間をかけて考えたとき、「星に名前をつけられたらいいよね」という気持ちが自分の中から出てきたんです。でも、それってすごく難しいことですよね?ただ、一度つけたらずっとその名前で呼ばれるということって、曲を書くことと似てると思っていて。だから、星に名前を付けるときと同じぐらい大切に書いた曲が入っているアルバム、という意味を込めてこの名前を付けました。

──こちらはすごく綺麗なタイトルなのですぐにOKが出たのでは?

大原 また反対されるという考えも頭を少しよぎったんですけど、「すごくいいんじゃない?」って言ってもらえて。「優しいな」って思いました(笑)。

──にしても、大原さんにとって曲を作るということは、後戻りできない、やり直せないという思いが強いんですね。

大原 そうですね。いつも締切ぎりぎりまで歌詞を書くことが多いんですけど、それはやっぱり誰かが聴いてくれると思うと妥協したくないので。自分の人生の中で曲を書くということに対する精神というものを大切に思っているんだと思います。

──その新曲たちですが、仰るようにタイアップを離れて、大原ゆい子を感じさせる楽曲だと感じました。

大原 あ、うれしいです。

──どことなく不思議で……。

大原 あれ?不思議でした?地味で普通というのが自分のコンセプトだと思っていたので(笑)。

──それはないと思いますが(笑)。新曲はどういった思いから生み出された曲なのか教えていただけますか?

大原 新曲は「星が眠るまで踊ろうよ」と「からっぽになりたい」と「雨宿り」の3曲があるんですけど、「雨宿り」はアルバムを出すなら使いたいと温めていたメロディから派生してできた曲です。私は雨がすごく好きじゃなくて(笑)。

──好きじゃないのに雨の曲を?

大原 そこは逆転の発想で。だから雨が好きになる曲を作りたいと思って、歌詞を書き始めました。

──ちなみに嫌いな理由は?

大原 普通の理由なんですけど湿気が……(笑)。

──女性にとっては切実なところですよね(笑)。温めていたという話ですがどれくらい前から?

大原 1年以上かな。で、ことあるごとに使いたいという話はディレクターさんにずっとしていました。カップリングとして出すという話をディレクターさんとしたことあるんですけど、少し違うというか、出すシーンがなかったんですよね。

──どういう曲を作ろうとして出てきたメロディだったんですか?

大原 神秘的な曲を書きたくて何曲か作ったんです。その中でほんっとに気に入ったメロディで、これだけが残ったメロディだったのでかなり愛着もありました。

──それだけ気に入ったメロディなら、歌詞をつけるときは少し悩みませんでした?

大原 悩みましたね。でも、ふざけるような曲調でもなかったのと、雨が好きじゃないけど好きになりたいという作品を読んだり見たりする機会があったので、素直に雨の日に聴きたくなるような曲を作るような気持ちで。

──「星が眠るまで踊ろうよ」はシティポップというお話でした。

大原 シティポップの、あがりきらないというか、あまり表題曲には使わないような感じのサビ感を作りたかったんです。

──シティポップを作りたい気持ちは前から強かったんですか?

大原 ずっとやりたいとは思っていました。好きなジャンルではあるので。「星が眠るまで踊ろうよ」のアレンジはどストライクで、自分が聴きたい曲を作れたという思いがありますね。

──そのあたりはイメージを共有されていたんですか?

大原 そうですね。自分の中にある、ざっくりとしたシティポップのイメージとか。アニメの主題歌にもお気に入りの曲があったので、そのサウンド感を参考に出しながら、でもちょっと違う感じで……みたいな話はしていました。松任谷由実さんの「中央フリーウェイ」みたいな、車に乗っているときに聴きたいような曲というイメージもありました。なのでアレンジもこの曲だけ、当時を知る松本良喜さんにお願いしました。

──独特のアレンジ感がありますよね。

大原 ギターのチャカチャカとか(スタッフから「カッティング」のつっこみ)。あ、「カッティング」って言えよって感じですよね。チャカチャカって(笑)。

──「からっぽになりたい」はどういう色を付けたいという思いで?

大原 ライブをしながら、こういうミドルテンポの曲が1曲あると色を変えられるのに、という思いがずっとありました。だから、ギターのカッティング感というか……、ちがう、これはストロークだ(笑)。

──なんか今、覚えた単語を使ってみたら間違ってた、みたいな感じがありましたね(笑)。

大原 ホントにギター弾いてるのかなと思われちゃいますね(笑)。「からっぽ-」はストロークのイメージを持ったまま、メロディを書きました。それで、アレンジャーの方にもストローク感がある曲を、って伝えていました。アニソンってやっぱりいろんなアレンジを載せているので、シンプルに弾けない曲になるんですよね。キメが多くて。

──BPMも速いし、音符も多いし。

大原 それもいいんですけど、箸休めみたいな、ノーマルに聴ける曲もほしかったんですね。なので、うしろにリズムがついただけの、ジャカジャーンと弾ける曲がほしいとは強く要望を出しました。あと、これは歌詞をぎりっぎりまで引っ張って最後に提出した曲でした。というか、まったく書けなくて、歌詞を書くために海へと逃亡しました。

──逃亡?誰にも言わず?

大原 言わずに。だから、スタッフさんに「すごく心配された曲」です(笑)。

──どのあたりまで?

大原 鎌倉のほうまで。「からっぽになりたい」を作るため、からっぽになりたくて。電車に乗りながら、「こんなことじゃだめだな」と思っていたんですけど、今はメールも打ちたくないし、誰からの連絡もとりたくないので何も言わないで。そのことについてはインタビューでしか話してないので、インタビューで話した以上のスタッフさんも真相は知らないです。

──でもそれなら逃亡した甲斐はあったというか。

大原 あ、そうですね。締切の前日に逃亡して、締切当日に提出したので。

──逃亡はしましたけど計画性を感じますね。

大原 計画的な逃亡でした(笑)。でもホンットに、この曲は書けなすぎて干物になってしまって。それで「もう無理だ」と思って海に行きました。いつもは引きこもって寝っ転がりながら書いているんですけど。

──寝っ転がりながら?

大原 そうなんです。座っていると健康に良くないので。こうスマホで……(持つ真似をして)。

──でも、できてよかったですね。

大原 できてよかった(笑)。

──うまく「からっぽ」になれて。

大原 そうですね。行く途中の「からっぽになりたい」っていう素直な気持ちから書けました(笑)。だから、帰りの電車ではわりともうできていましたね。

──じゃあ今度からは煮詰まったら……。

大原 出かけます(笑)。しかも、結構気に入った歌詞になりました。

──今回初音源化となる「205号室」と「夜になれば」はどういった曲でしょうか?

大原 どっちもデビュー前に作った曲で、ライブではやってはいたんですが、きれいに編曲してもらっていなかったので。なんか「成仏してくれたな」みたいな感じですね(笑)。

──成仏(笑)。Mixやマスタリングにも立ち会われたんですか?

大原 行かせていただきました。一応、楽器のレコーディングもほぼ全部。なので8月はすごく楽しかったです。曲も書かないといけなかったのでスケジュールはパンパンだったんですけど、たくさん顔を出せたので。楽器RECやMixって楽しいんですよね。

──初のアルバム制作を終えた今、どんな気持ちですか?

大原 今までにない感じの曲を収録できたことで、もっと作りたい欲が強く出てきていますね。こういう曲も作ってみたいみたいなのが。自分が聴きたい思うものを誰かに聴いてもらえるアルバムになったという思いはあるので。

──収録曲にアニメタイアップも多く、アニソンを歌ううえで頂点のひとつでもある場の“Animelo Summer Live(アニサマ)”にも出演を果たしました。アニソンシンガーであるという気持ちはどれくらいありますか?

大原 アニサマに出させてもらえたということはすごくありがたいですし、そういう場では声優さんや他のアニソンアーティストさんといった、今まで出会わなかった方たちと接する機会が多くて、制作側のお話も聞く機会も多いんですよね。自分が曲を書くときにすごく愛を注いでいるように、アニソンシンガーの方は作品に愛を持っていて、アニメに関係する人たちが大好きなんですよね。そういう方たちと仕事できるのは誇りではありますし、その世界の一員として思ってもらえることはすごく光栄ですね。自分としては、シンガーソングライターと呼ばれても、アニソンシンガーと呼ばれてもなんでも良くて。アニメの曲も歌わせていただいているので、そうやって覚えてもらえてもうれしいですし、普通に曲だけ聞いてシンガーソングライターだなって思ってもらえても嬉しいので。

──シンガーソングライターは自分の思いを形にしますが、アニソンを作るということは仕事としてオーダーを形にするということだと思います。その点での違いはどう受け止めていますか?

大原 一人で活動していたときは聴いてほしいという欲がすごくあったし、自分の歌を誰かの人生の1曲として残したいという気持ちがあったんですけど、じゃあ自分がどういう曲を世間に向けて歌っていくのかというところに関しては、正直見えていなかったと思うんですよ。でも、こういう曲を書いてほしいとか、この作品の曲を、という話をいただいたとき、作品を見る方にどう思ってもらえるのかとか自分の愛を考えるという時間は本当に楽しくて。もちろん大変ですし、書くのはいつも遅いんですけど(笑)。でも、今後アニメのタイアップ曲をいただかなくなったとしても、そういう作り方が自分には合っているんだとは思っています。自分の曲を作る形を教えてもらった感じはしますね。

──意識の方向として、いい体験ができているという感じですね。

大原 そうですね。シンガーソングライターとは違う感覚だと思うので。ありがたいです。

──そのうえで、大原ゆい子がどういうアーティストになってきているか、そのあたりは見えてきましたか?

大原 まったく見えないですね(笑)。

──また、はっきりと(笑)。

大原 正直デビューしたときは、曲を出していくと自分の色も出てくるかと思っていました。身近な気持ちに寄り添うとか、自分の言葉で歌い続けるといったスタンスは変わらないんですけど。かといって、「大原さんはなんかしっとりした曲の人だよね」みたいなイメージがほしいのかというとそうでもなく。届けたいものを自分でも素敵だと思える形で出せるアーティストになりたい気持ちがありますね。自分が自分に音楽を提供しているような。自分が作ったどの曲に対しても愛があって。自分が作っているからこそいろんな色にしてよくて、それがアーティストカラーにできているとは思います。だから、これからもそうしたい気持ちですね。

Interview & Text By 清水耕司(セブンデイズウォー)
Photography By 小賀康子


●リリース情報
大原ゆい子 1stアルバム
『星に名前をつけるとき』
9月25日発売

品番:THCA-60249
価格:¥3,000+税

<CD>
1.Magic Parade
2.ゼロセンチメートル
3.夢の途中で
4.透明な翼
5.星が眠るまで踊ろうよ
6.えがおのまほう
7.からっぽになりたい
8.煌めく浜辺
9.雨宿り
10.205号室
11.ハイステッパー
12.言わないけどね。
13.変わらない宝物
14.月より綺麗だった
15.星を辿れば
16.夜になれば

●ライブ情報
ライブツアー「星集め」
2019年10月5日(土) VOXhall OPEN 16:00 / START 16:30
2019年10月6日(日) 心斎橋 FANJ OPEN 16:00 / START 16:30
2019年11月9日(土) SPACE ODD OPEN 16:00 / START 16:30

チケット一般発売中
・イープラス
・チケットぴあ

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人