+α/あるふぁきゅん。TVアニメ『異常生物見聞録』OPテーマ MAGES.よりリリース決定!アーティストビジュアル公開&レーベルHPオープン!!

ニコニコ動画などで人気の歌い手+α/あるふぁきゅん。がMAGES.より2019年放送予定のTVアニメ『異常生物見聞録』OPテーマを発売することが決定した。それに伴い、新たなアーティストビジュアルが公開、レーベルサイトもオープンした。

8月4日に代官山UNITにて「+α/あるふぁきゅん。ONE-MAN LIVE -SA.NA.GI-」が開催。超満員の会場を熱狂させた。

真っ黒の衣装に身を包み、雷雨のSEが流れる中「ever」のイントロで静かに登場。幻想的でエモーショナルに歌い上げると、次に「表裏一体」では彼女の持ち味である変幻自在な声色でオーディエンスを魅了していく。「お越し下さいまして誠にありがとうございます。去年たくさんお世話になって、いっぱい聞いてもらったと思います。そこから聞いてもらいます。『命に嫌われている』」というタイトルコールで大きな歓声が上がる。魂の叫びにも似た“生きろ”という歌詞が胸に突き刺さる。立て続けにボカロ曲を変幻自在に歌い上げるとフロアのボルテージも序盤から加速していく。

「歌詞の中に“必ずみたいと思っていた景色、好みが滅びようとも歌い続ける”という歌詞がある。心が燃えるようなことがあまりないんです、だけど、ステージの上に立つと熱が入ってしまう。一人ぼっちが好きだけど、人一倍寂しがりやだけど、好きというみんなの言葉で続けられる。好きを信じたいし増やしたいから歌い続けています。」と静かに伝えると、「ソノサキ」を儚くも力強い歌声を響かせた。
そして、「今年の夏コミでコラボアルバム出します!素敵な楽曲を作っている世界一好きなボカロPの猫アレルギーさんです。この曲は、思ってることを書きました。自分のことしか綴ってません。私のことを少しでも愛してくれてる皆様にぜひ聞いて欲しいです。」と伝え、「アリビプラゾール」のフルコーラスを初披露。彼女の言葉を聞き逃さないように耳を傾けていた。

「すごい楽しく、嬉しい日なんです。日々ムカつくこといっぱいあって、ライブでストレス発散してると思う。おもいっきりやっちゃおうと思います!お前らついてこれんのかー!?」という煽りにオーディエンスも大きな声援で答え、次の曲に期待感が高まっていく。ラストスパートで「劣等上等」「ECHO」「ロキ」と人気ボカロ曲をたたみ掛け、オーディエンスも腕を突き上げたり体を揺らしながら彼女の音楽を楽しんでいる。ラストの「拝啓ドッペルゲンガー」で最高潮の盛り上がりを見せステージを去った。

そして、熱気が冷めらぬ中、アンコールの声に答え、再びステージに登場。TVアニメ「異常生物見聞録」のオープニングテーマ「運命のラプソディー」を披露した後、「何度も観てくれる人、初めて観た人いるとおもうけど、燃えるような思いが抜けてる人間。こんなに好きと言ってもらえてるのに、いいのかなと思う時がある。自分の物欲という部分に私がいるのが嬉しい。こんなに好きだと会いに来たり歌を聞いたりしてくれるのが嬉しい。私の稼働力になっています。好きや愛してると言われると嬉しい反面寂しくなる。本当?って思っちゃう。だけど、本当だからこの空間が出来てると思う。私の目標はみんなの好きをちゃんと信じたいとおもう。蛹というワンマンのタイトル意味、今までは殻に閉じこもって生きてきた。やっと素の自分の事を話せるようになってきて、愛情をエネルギーにして、強い心を持ちたいと思い蛹というタイトルにしました。次は、今一番思い入れのある曲を皆さんに聞いていただきたいと思います。」と想いを語った。ラストの「-ERROR」ではオーディエンスへの想いが溢れ出したのか、感極まり声を詰まらせながらもエモーショナルに歌い上げ、深く一礼をして大きな拍手の中、舞台を降りた。

その後、特報映像でTVアニメ「異常生物見聞録」オープニングテーマがMAGES.よりリリース、映画やゲームのタイアップ情報、ファンクラブサイトオープン、東京と大阪でのワンマンライブ開催という特報が流れるとオーディエンスからは大歓声があがり、これからの+α/あるふぁきゅん。の活動に期待感がt高まる中ライブの幕を下ろした。

なお、ワンマンライブ『+α/あるふぁきゅん。ONE-MAN LIVE -羽化-』はオフィシャルファンクラブ「Fakyuner’s Club.」にて本日8/4(日)22:00~よりチケットFC先行販売(抽選)スタートする。

また、10月4日(金)シネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー映画「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」主題歌や2020年発売予定のNintendo Switch用ソフト「明治活劇 ハイカラ流星組 −成敗しませう、世直し稼業−」主題歌など、タイアップが続々と決定している。

LIVE Photo:MAKIKO TAKADA


●ライブ情報
ワンマンライブ『+α/あるふぁきゅん。 ONE-MAN LIVE -羽化-』
11月24日(日)開場17:00/開演18:00
東京・新宿ReNY
12月1日(日) 開場17:00/開演17:30
大阪・阿倍野ROCKTOWN

<チケットに関しまして>
チケットFC先行販売(抽選)
8/4(日)22:00~8月12日(月)23:59まで
詳細はオフィシャルファンクラブ「Fakyuner’s Club.」をご確認ください。
詳細はこちら

●作品情報
TVアニメ『異常生物見聞録』

<ストーリー>
とある北方の田舎町で、職がない、彼女もいない、ごく普通の 23 歳の青年・好人(よしひと) は生計を立てるため、自分が住んでいる一軒家の空き部屋を貸すことにした。
初の入居者として、ちょっぴりおバカなおてんば娘“莉莉(りり)”を迎え、家まで案内する途中、吸血鬼“ヴィヴィアン”に襲われる。
そして、莉莉も人類ではなく“人狼”ということに気づき、2 人の異常生物のバカげたやり取りの末、3 人のルームシェア生活が始まる。
その後、好人はひょんなことで多元宇宙の秩序を維持する希霊帝国にスカウトされ、審査官見習いとなる。さまざまな異常生物を入居者として迎え、彼らを管理することが好人の仕事となったのだ。
好人はひと癖やふた癖もある異常生物の入居者たちとともに、他の次元界と表世界のスペースをさすらい、さまざまな異文明に遭遇し、宇宙にまつわる謎を解き、事件を解決していくのである。

【スタッフ】
原作:遠瞳 総監督:深人
監督:西本由紀夫
キャラクターデザイン:Children’s Playground Creative Inc.
プロデュース:Children’s Playground Media Inc.
アニメーション制作:MMT Technology Co.,Ltd
編集:REAL-T
製作:bilibili

【キャスト】
好人:三上丈
莉莉:洲崎綾
ヴィヴィアン:夏吉ゆうこ

OPテーマ「+α/あるふぁきゅん。」
EDテーマ「ピュアリーモンスター」

<+α/あるふぁきゅん。Profile>
女声から男児声まで何十種類もの歌声で、激しいロックからソウルフルなナンバーまで、圧巻の歌唱力で歌い上げる超実力派女性歌い手。2013年6月にアップした「紅蓮の弓矢」(進撃の巨人 主題歌)のカヴァー動画が、ニコニコ動画ランキングで総合チャート1位を獲得、再生回数100万回を突破し(現在400万回)、歌い手デビューからわずか1週間で一躍大ブレイクを果たす。ニコニコ超パーティー/超会議やEXIT TUNES ACADEMYなどの大型イベントにも多数出演を重ねる。
アニメタイアップとしては2017年の「エルドライブ【ēlDLIVE】」OP「Our sympathy」以来となる。
2019年の活動は、「明治活劇 ハイカラ流星組 -成敗しませう、世直し稼業-」(オトメイト)OP、「ドラゴン&コロニーズ」(レベルファイブ)プロモーションソング、「妖怪ウォッチ4」(レベルファイブ)プロモーションソング、その他ワンマンライブや多数の音楽イベントに出演。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人