松隈ケンタ、コレサワらが参加したミニアルバムのリリースも発表!halca の3rdワンマンライブ“Help Me!!!www”詳細レポート!

2019.07.06

アニメ音楽シーンの次世代を担うであろう期待のシンガー・halcaによる3rdワンマンライブ“LAWSON presents halca third LIVE「Help Me!!!www」”が、6月23日(日)に東京・渋谷WWWで開催された。

2018年5月にTVアニメ『ヲタクに恋は難しい』のEDテーマ「キミの隣」でメジャーデビューを飾り、その後も『逆転裁判~その「真実」、異議あり!~Season 2』『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』といったTVアニメの話題作のテーマソングを歌ってきたhalca。華憐な声質と癒し系の柔和なキャラクターで認知度を上げているが、その歌唱表現や音楽性はイメージ以上に多彩で幅が広い。そのことを改めて実証したのが、本公演だったのではないだろうか。

今回のライブは、前2回のワンマンよりも会場のキャパをグレードアップするも、チケットは完売して満員御礼に。客席にはhalcaの生歌を楽しみたいファンが溢れんばかりに詰めかけ、開演前にも関わらず熱気が立ち込める。おそらくアニメ作品とのタイアップ曲で彼女のことを知った人が多いのだろうが、今年1月に日本武道館で行われた“リスアニ!LIVE 2019”や、halcaが所属する音楽レーベル・SACRA MUSICが5月に開催したフェス“SACRA MUSIC FES.2019–NEW GENERATION”といった大型イベントに出演する機会も増えているので、そこでのパフォーマンスに惚れ込んでワンマンに足を運んだ人もいるはず。筆者もそれらの現場でhalcaのステージを観覧したが、歌唱時の笑顔を浮かべつつも凛とした佇まいと、MCでの観る者を自然と笑顔にしてしまう天性の持ち味とのギャップを含め、そのライブには人を惹きつける魅力が備わっていると感じた。

やがてライトが暗転し、2ndシングルの表題曲「スターティングブルー」のイントロが流れ始めると同時にhalcaがステージ袖から元気よく飛び出してきて、「こんにちは、halcaです!」と満面の笑みで挨拶すると、そのまま同曲を歌唱。華やかな柄のスカートにオレンジ色のシャツを合わせた彼女は、サビで勇ましさも覗かせながら、振り付けも込みで楽しそうに歌い上げてスタートダッシュを飾る。続く「Hail to the world!!」は、彼女がメジャーデビュー以前に制作した作品『white disc』に収められていたkz(ivetune)提供のポップチューン。カラフルに点灯する照明の演出も相まって非常に賑やかだ。

MCで開口一番「わ~いっ!」と声を上げて言葉にならない喜びを表現した彼女は、「(スタンバイ中に)ず~っとワクワクしてて、ず~っとピョンピョンしてました!」と今の気持ちを伝える。きっとhalcaは、この日会場にいたどのお客さんよりもライブを楽しみにしていたに違いない。それはパフォーマンスからもヒシヒシと伝わってきて、彼女のスイートな声が曲調にピタリとハマった甘酸っぱいミディアム「つぶやきレター」、サビのハンドサインを交えた振りが飛び切りキュートだった「Majolica Palette」と、かわいらしいラブソングを続けて歌うその姿からは、ステージで歌えることの嬉しさが溢れまくっているようにも見えた。

次いでメジャーデビューシングル「キミの隣」を披露して会場を大きく盛り上げたhalcaは、「うれしいー! 楽しいー! ハッピー! 今日はなんかすごく楽しいですー!」と幸せモード全開。そのハイテンションのままグッズ紹介コーナーに雪崩れ込み、大好物だという枝豆をモチーフにしたTシャツに触れて「今日のお弁当に枝豆入ってました!」と喜んだり、カラフルに色が変わるキングブレードを「美味しそう」と評したり、キャンディキーホルダーを「なんとびっくり! 溶けないです!」と紹介したり、自然体なのに味のあるMCでファンを楽しませる。

そこから一転、かっこいい系のロックな1曲「曖昧グラデーション」でクールな表情を見せると、さらに「ここでクールダウンしたいと思います」と語り、バラードパートへ。曲の展開によってブルーからピンクへと色を変えた照明演出とスモークが雰囲気を高めた「キミの空」、オレンジ色のライトの中で切なげに歌声を届けた「明日もまた」を続けて披露し、会場をしっとりとしたムードに塗り替える。halcaも歌唱後、「夕焼けみたいですごく綺麗でしたね」と感想を漏らしていた。

そしてここで突然、halcaからの重大発表が。なんと前述のインディーズ作品『white disc』に新曲を4曲加えたミニアルバム『white disc +++』が8月28日にリリースされることが決定。新録曲の中には、BiSHや中川翔子らへの楽曲提供で知られるサウンドプロデューサーの松隈ケンタによるプロデュース曲、シンガーソングライターのコレサワが楽曲提供したナンバーも含むとのことで、halcaのルーツと新しい一面を同時に味わうことのできる作品になりそう。彼女は「ジャケットはクスッと笑えるような感じにしようと考え中です」と言っていたので、そちらも気になるところだ。

で、ここでその新作に収録される新曲「朽葉色の音」がライブ初披露されることに。先にYouTubeで一部公開されていたこの楽曲は、小説・イラスト投稿サイト「monogatary.com」が主催するコンテスト「モノコン2019」のイメージソング。ドライブ感溢れるバンドサウンドとストリングスの絡みが、彼女からエモーショナルな表情を引き出した爽快なロックチューンだ。間奏で両手をいっぱいに広げ、オーディエンスの熱気を受け止めてそれを糧にするように熱い歌声を迸らせるhalca。自身の誕生日である7月7日に配信リリースされることも決まっており、新たな代表曲として人気を集めそうだ。

そしてhalcaは「よし!ここでカバー曲、いっちゃおう!」と宣言し、ここ最近のワンマンライブでは恒例となっている自身の好きなアニソンのカバーを歌うことに。今回彼女が選曲したのは、TVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の劇中歌として今なお愛され続ける名曲「God knows…」。何でも彼女の部屋には1枚だけポスターが貼ってあり、その作品が『涼宮ハルヒの憂鬱』なのだという。halcaは作品名や曲名を告げることなく、「きっと皆さん知ってると思います」とだけ語ってパフォーマンスに入ったのだが、イントロで「God knows…」の印象的なギターフレーズが流れ出すと観客は絶叫。halcaもステージに用意されたお立ち台に乗って、いつもとは雰囲気の異なるロックスピリットに溢れた歌唱でオーディエンスの心に火をつけ、熱狂的な盛り上がりを生み出す。演者と観客がお互いにアニソン好きだからこそ伝わるパトスが、会場を一体にした瞬間だ。

歌唱後、「私、ハルヒちゃんと(名前が)一文字違いなのでうれしいです!」と喜ぶ彼女。選曲の時点で『涼宮ハルヒの憂鬱』のキャラソンやEDテーマの「ハレ晴レユカイ」をカバーすることも考えたらしいが、「ハレ晴レユカイ」は「3人いなくてはダメだし、踊らないといけないけど自信ないんです〜」ということもあり、「God knows…」を選んだとのこと。ちなみにこの日は“ランティス祭り 2019”3日目のステージでSOS団の5人が12年ぶりにステージに集結して「ハレ晴レユカイ」を歌い話題をさらった日でもある。奇しくもシンクロしたわけだが、これもまた、ハルヒが呼び起こした奇跡だったのかもしれない。

ライブは早くも終盤戦に入り、halcaは「うそじゃないよ」を客席に指を向けて一人ひとりに気持ちを伝えるように歌うと、続くMCで近況を報告。彼女はデビューしてからのこの1年で環境が大きく変わったことで、自分の考え方も変化し、最近は以前に比べて友達も増えてたくさん外出するようになったと言う。そして「私のことを少しでも知ってくれる人が増えていったのがうれしいです」と、改めてファンに向けて感謝の気持ちを示し、「私をたくさんの人に繋げてくれた、大事な大事な曲です」と前置きして、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』のEDテーマ「センチメンタルクライシス」を歌唱。人と人との運命的な出会いと“赤い糸”による繋がりを、右手の小指を立てた振り付けで表しつつ、このライブという場で巡り合わせた人たちとの繋がりを確かめる。そしてライブ本編は、ファン人気の高い爽快なアップチューン「HORiZON」で締めくくり。オーディエンスも息の合ったコールで一体となり、昂揚感に満ちた景色が広がった。

会場いっぱいに渦巻く「halca」コールに応えてステージに舞い戻ったhalcaは、「皆さんアンコールありがとうございます!」と溌溂とした表情で語り、まずは「サカナイトデイズ」を披露。スピーディでノリの良いこの楽曲は、後半にクラップパートが用意されており、halcaの「一緒にー!」との合図に合わせて客席は一斉にクラップする。「もっと!」「もっと!」「高く!」と彼女が煽るたびにその音は大きくなり、会場のボルテージは最高潮に。

そして、この日2つめの重大発表が。11月30日に渋谷クラブクアトロでの4thワンマンライブの開催が発表された。歓声が沸く中、いよいよ本当にラストの曲へと続く。

ラストは彼女らしい明るい曲調のロックナンバー「Knockin’ on!!」を高らかに歌い上げ、“さあ行こう 私らしく歌うんだ”とアピール。その歌詞には、ときに上手くいかないことがあったとしても、自分らしさを失わなうことなく、前を向いて精いっぱい自分の歌を歌おうという、彼女自身の思いが詰まっているように思う。そのどこか応援したくなるような部分を持ちつつ、晴れやかで人を幸せな気分にさせてくれるhalcaの姿からは、やはり明るい未来しか想像できないし、彼女はこの先も歌でたくさんの笑顔を生み出してくれることだろう。

PHOTOGRAPHY BY 中村ユタカ TEXT BY 北野 創(リスアニ!)

【LAWSON presents halca third LIVE「Help Me!!!www」セットリスト】
01. スターティングブルー
02. Hail to the world!!
03. つぶやきレター
04. Majolica Palette
05. キミの隣
06. 曖昧グラデーション
07. キミの空
08. 明日もまた
09. 朽葉色の音
10. God knows…
11. うそじゃないよ
12. センチメンタルクライシス
13. HORiZON

――ENCORE――
EN01. サカナイトデイズ
EN02. Knockin’ on!!


●リリース情報
halca
New Mini Album
「white disc +++」
2019年8月28日(水)発売

【通常盤(CD only)】
品番:VVCL-1498
価格:¥2,200+税

【初回生産限定(CD+DVD)】
品番:VVCL-1496~1497
価格:¥2,700+税

先行配信
「朽葉色の音」
2019年7月7日(日)配信スタート

●イベント情報
halca New Mini Album 「white disc +++」予約イベント
2019年6月30日(日) 14:00~@東京都・タワーレコード町田店
2019年7月14日(日) 17:30~@北海道・タワーレコード札幌ピヴォ店
2019年7月21日(日) 13:00~@東京都・エンタバアキバ
2019年7月28日(日) 18:00~@福岡県・HMV&BOOKS HAKATA
2019年8月4日(日) 12:30~@神奈川県・タワーレコード横浜ビブレ店
2019年8月10日(土) 14:00~@大阪府・タワーレコード難波店
2019年8月17日(土) 16:00~@東京都・新星堂サンシャインシティアルタ店
2019年8月24日(土) 13:00~@東京都・エンタバアキバ

●ワンマンライブ情報
11月30日(土)東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人