ポピパ×サイサイ、ガールズバンド新時代の幕開くバチバチ対バンライブ「NO GIRL NO CRY」初日レポート

アニメやゲーム、コミックなどで展開するガールズバンドプロジェクト「BanG Dream!(バンドリ!)」から生まれたリアルバンド・Poppin’Party(通称ポピパ)。ファッション雑誌で活躍する読者モデルが集まって結成したSILENT SIREN(通称サイサイ)。異色の結成経緯でありながらガールズバンドとして着実に歩みを進める2バンドが、5月18日(土)、19日(日)にメットライフドームで対バンライブ「NO GIRL NO CRY」を行った。ここでは「BanG Dream!」発のユニット・Roseliaをゲストに迎えた初日の模様をレポートする。

大きな歓声に迎えられた相羽あいな(Vo.)が「こんばんは、Roseliaです。早速ですがいくわよ」と凛々しい表情で告げると、5人はPV映像と共に「LOUDER」でライブを開始。立て続けに披露された「R」では中島由貴(Ba.)によるゴリゴリのベースソロ、相羽のシャウトで一気に会場のテンションを引き上げていく。その一方で、MCでのメンバー紹介では工藤晴香(Gt.)が気の抜けた挨拶で笑いを誘うなど、クールなバンドイメージに反しながら“Roselia”らしい微笑ましい場面も。櫻川めぐ(Dr.)が「もっともっとみんなの声が聞きたいでーす!」と訴えると、相羽が「(櫻川が演じる)あこがそう言っているんだから、みんな付き合ってくれる?」と続けて、志崎樺音(Key.)によるピアノの音色が印象的なイントロのラストナンバー「熱色スターマイン」へ。Roseliaの鮮烈なパフォーマンスで、“ガールズバンド頂上決戦”と銘打たれた2DAYSの口火が切られた。

オープニングアクトののち、メインモニターには2月に行われた武道館ライブでこの対バンライブが発表されたときの模様が映し出される。対決ムードが高まる中、初日の先攻として登場したのはPoppin’Party。メンバー5人は特効を号砲代わりに「キズナミュージック♪」を奏で、アニメ「BanG Dream! 2nd Season」オープニング映像を想起させるステージングで沸かせる。続く「B.O.F」では、バンドセットを乗せた可動ステージが浮上。アリーナ上空を通って最後方のスタンド前まで移動しながら、会場全体へバンドアンサンブルを届けていく。

Poppin’Partyとして初の対バンライブながら、メンバーに気負った雰囲気はゼロ。軽快な挨拶で自己紹介を終えてステージからトロッコへと移る際、西本りみ(Ba.)は移動先を忘れてメンバーから総ツッコミを受ける。そのトロッコ上で繰り広げられた「Happy Happy Party!」では、5人は間近に迫ったファンと笑顔を交わしてリラックスした様子を見せていた。

中盤からはエモーショナルなシーンが連続する。アニメ「BanG Dream! 2nd Season」終盤で披露され、収録シングルが発売されたばかりの新曲「Dreamers Go!」中、メインモニターに作中のPoppin’Partyが辿ってきた本編のダイジェストが流れていく。アリーナ中央で歌われたバラード、「八月のif」では大橋彩香(Dr.)がドラムセットから離脱。愛美と声を合わせ、仲間と過ごした夏への想いを歌いファンを魅了する。その後、全国5か所を巡る9月からのファンミーティングツアーの出演者を発表した5人は、ふたたびアリーナ後方のトロッコに搭乗。場内を巡りながらの「キラキラだとか夢だとか ~Sing Girls~」では、ピックをスタンドに投げ入れ、メンバー同士で両手を合わせてハートマークを作り、ジャンプや歓声を煽り続けてクライマックスに向けて会場の熱気を高めていく。

正面ステージに戻ってきた5人は、公演タイトルにもなっている「NO GIRL NO CRY/Poppin’Party Ver.」の演奏を始める。ステージ前方で火花が吹き上がる中、間奏ではメンバー紹介を兼ねたソロ演奏を展開していく。続く「Time Lapse」では観客による「oh oh…」のシンガロングに押されてか、大塚紗英(Gt.)がサイドステージを爆走し飛び跳ねながらプレイ。愛美もお立ち台に登り拳を振り上げてファンを煽り続ける。最後の「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」が始まるとアリーナに巨大バルーンが放り込まれ、会場一体となって大はしゃぎ。Poppin’Partyの演奏が多彩な演出と共に届けられていった。

後攻のSILENT SIRENは、序盤からアッパーな曲を並べたセットでオーディエンスの心を掴んでいく。「フジヤマディスコ」でライブを始めると、ゆかるん(Key.)がジュリ扇を揺らし、「フジヤマディスコ!」のキャッチーなコールを誘ってドーム内をディスコフロアに一変。その直後には疾走系ロックナンバー「八月の夜」を続けて、楽曲の幅広さと地力の高さを見せる。そして初めてのドームライブ、Poppin’Partyとの対バンへの思いを語ると白熱の中盤へ。「What show is it?」では「わっしょいわっしょい」、「ビーサン」では「オッオッオオッオッオー」のコールアンドレスポンスが繰り返され、「サイサイのサイは祭りのサイだ!」というすぅ(Vo.&Gt.)の言葉どおりにお祭り騒ぎとなった。

先輩バンドらしい圧巻のパフォーマンスを見せ続けるSILENT SIRENだったが、MCでは等身大の姿を晒した。ガールズバンド同士のドームで対バンイベントを行うという革新性に触れたすぅが“ガールズバンド新時代の幕開け”を宣言すると、Poppin’Partyとのこれまでの関わりを回顧。互いのライブに行き、プライベートでの交流も通じてライバルでありながら仲間にもなれたことを喜んでいた。ひなんちゅ(Dr.)も「この1年で(同じドラムの)大橋彩香ちゃんと仲良くなった」と振り返りながら、彼女から「お風呂を掃除しました」と写真が送られてきたという微笑ましいエピソードで会場を和ませる。またSILENT SIRENメンバーがTVアニメやゲームで「BanG Dream!」を楽しんでいることも告白。10年前、女子高生だった頃にバンドを始めたすぅは「『これは私のことか?』と。私は香澄ほどポジティブじゃないけど」「『大人になってもきれいな涙を流せるんだ』と思った」と感慨深げな表情を見せた。

ソリッドなアレンジの「NO GIRL NO CRY/SILENT SIREN Ver.」でライブを再開させた4人は、ラーメンチェーン・天下一品とのコラボ曲「天下一品のテーマ」をPVと合わせて提供。「ラッシャイ!」のコールが飛び交い、間奏ではのぼりを振り回すゆかるんが「Hey!麺 男は黙って大盛り行っちゃえ~!」とライムを刻む異色の楽曲で強烈なインパクトを残すことに成功する。手を変え品を変えて展開する彼女たちのロックショーの極めつけは、ラストナンバー「恋のエスパー」。超能力をモチーフにしたハイスピードなラブソングが展開していき、いよいよクライマックス……というところですぅによる「STOP!」の声でメンバーが停止し演奏がストップ。静寂に包まれた会場で、ライブを終えたくないすぅが超能力をで時間を止めたと説明し、さらに彼女の口から飛び出したのは「大好きなポピパに変身します!」。すると4人はPoppin’Partyの「ときめきエクスペリエンス!」を1フレーズ披露しこの日最大の歓声を生み出すと、ふたたび時間停止から「恋のエスパー」のサビへと再開して本編を締めくくった。

互いのバンドの同じパートメンバーへ思いを告げる映像が上映されたのち、アンコールを受けてSILENT SIRENとPoppin’Partyのメンバーがステージに姿を現す。本編を終えた9人はリラックスした様子で、SILENT SIRENが「お金のかけ方が半端じゃない!」「リハから(火とか)出しちゃうんだって。さすがブシ(ロード)様」と素直な感想で初日を振り返ると、Poppin’Partyメンバーは「恋のエスパー」の終盤を羨ましがって同じように超能力ごっこを展開する。そんな彼女たちが9人揃ってセッションしたのはSILENT SIRENの「チェリボム」。スマートフォン向けゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」にも収録されているこの楽曲を、ステージ上の2バンドはもちろん、ゆかるんによる事前の振り付け講座の効果もあって会場に集ったバンドリーマー、サイサイファミリーが一体となってエンジョイ。2バンドのライブ成功を祝うように大量の銀テープが発射され、バチバチの対バンライブ初日は終了した。

Text By はるのおと

NO GIRL NO CRY
2019年5月18日(土)埼玉・メットライフドーム
Poppin’Party、SILENT SIREN
ゲストアクト:Roselia

<セットリスト>
Roselia
M01.LOUDER
M02.R
M03.BRAVE JEWEL
M04.熱色スターマイン

Poppin’Party
M05.キズナミュージック♪
M06.B.O.F
M07.Happy Happy Party!
M08.Dreamers Go!
M09.ティアドロップス
M10.八月のif
M11.キラキラだとか夢だとか ~Sing Girls~
M12.NO GIRL NO CRY/Poppin’Party Ver.
M13.Time Lapse
M14.STAR BEAT!~ホシノコドウ~

SILENT SIREN
M15.フジヤマディスコ
M16.八月の夜
M17.ぐるぐるワンダーランド
M18.What show is it?
M19.ビーサン
M20.NO GIRL NO CRY/SILENT SIREN Ver.
M21.天下一品のテーマ
M22.女子校戦争
M23.ALC.Monster
M24.恋のエスパー

SILENT SIREN×Poppin’Party
EN01.チェリボム

©BanG Dream! Project ©PLATINUM PIXEL

関連リンク

この記事を書いた人