『ライフル・イズ・ビューティフル』アニメ公認アイドルユニット・ライフリング4インタビュー!

実在するスポーツ・ビームライフル競技に打ち込む4人の女子高生たちの射撃部ライフを描いたサルミアッキ原作のコミック『ライフル・イズ・ビューティフル』(「となりのヤングジャンプ」「ヤンジャン!」「少年ジャンプ+」連載)。現在アニメ企画が進行中の本作において、メインキャラクターの4人を演じる声優によって結成されたのが、アニメ公認アイドルユニットのライフリング4。メンバーは、Machico(小倉ひかり役)、熊田茜音(渋沢泉水役)、南 早紀(姪浜エリカ役)、八巻アンナ(五十嵐雪緒役)の4名だ。

本日6月1日(土)に東京・大塚Hearts Nextで開催される初ライブイベント“ライフリング4 GO! GO! ライブ Vol.1”および、同会場で販売される結成記念シングル「GO! GO! ライフリング4!!!!」で、いよいよ本格始動する彼女たちに、これから始まる活動への意気込みを直撃。ライブに向けてのレッスンを経た4人の仲睦まじいトークをたっぷりとお届けする。

――まずは皆さんが演じるキャラクターの紹介をひとりずつ順番にお願いします。

Machico 私の演じる小倉ひかりちゃんは、子供の頃からビームライフル競技が大好きなんですけど、その好きという気持ちが大きすぎて実は細かいルールをよく知らない、少し抜けたところのある女の子なんです。でもだからこそ、この作品を通してライフル競技に興味を持った方の疑問を代わりに言ってくれるし、知らないことを知らないと言える素直で純粋なところがあるんです。普段はみんなに癒しを与えるふわふわした感じなんですけど、ライフル競技でいざ集中したときにはすごくかっこいい表情を見せるギャップも魅力で、みんなを元気にできる子だと思います!

――ご自身と似てると思う部分はありますか?

Machico ひかりちゃんは射撃競技のとき、試合の本番前にいろんなことに興味を示してしまって、「それで集中力を高められてるの?」というタイプの子なんですけど、私もお仕事でステージに立つときはそれに向けて集中するのではなくて、現実逃避をしていたいタイプなんです。気負ってしまったらいつもの力が出ないし、不安になることがわかっているので、他のみんなとお喋りしたり、自分の好きな曲を聴いたりするんですよ。そういうところは自分と似てると思います。でも、いろんなところで今回の役について説明すると、第三者の人からは「すごくMachicoちゃんっぽい役だね」と言ってもらえることが多くて、自分ではよくわかっていないんですけど、全体的に似てるらしいです(照れ笑い)。

八巻アンナ 見た目も似てるし、その場にいるだけで空気を和ませてくれるところも似てると思う。

Machico 今は金髪でボブっぽい髪型だからね。

南 早紀 あとMachicoさんってしっかりはしてますけど、ときどき抜けてるんですよね(笑)。それにみんなを引っ張ろうとするのではなくて、自然と引っ張ってくれる感じがして、そこはすごくひかりちゃんっぽいと思います。

熊田茜音 本当に嫌味なく引っ張ってくださる感じがします。

――お次は渋沢泉水役の熊田さん、どうぞ。

熊田 泉水ちゃんはひと言で言うと「みんなのお母さん」。私たちが演じるメインキャラクターの4人はみんな高校1年生で同い年なんですけど、泉水ちゃんは少し俯瞰して見ているところがあって、他のみんなからもお母さんみたいと思われているんです。年相応の葛藤や落ち込むこともあって、顧問の先生(鶴巻裕子)に相談するんですけど、結局その先生のことまで心配しちゃうようなところがありまして(笑)。どんな人に対してもあたたかい愛情を注げる女の子なので、私としては憧れの女性像で、設定的には自分よりも若いですけど、将来は泉水ちゃんみたいになりたいぐらいなんです。男の子も女の子も、母の愛を求めるのであれば泉水ちゃんのところに行け!という感じです(笑)。

 わかるー!

八巻 私も結婚するなら泉水ちゃんかなと思う(笑)。

Machico でもくまちゃんはなれそうな気がする。くまちゃんはこの4人のなかでいちばん若いけど、視野が広いし、聞き上手だし、そういうところは泉水ちゃんに似てると思うから。だからいつかきっとなれるよ、優しいもん!

――自分的に似てると感じるところは?

熊田 なんだろう? 私も高校時代の同級生で仲のいい4人組の友達がいるんですけど、その子たちには「しっかりしてるところもあるよね」と言ってもらえてると思います……多分その子たちがこの記事を読んだら否定されそうですけど(笑)。でも、学級委員とか部活の部長はやってました。

全員 おおっ!

Machico えー、羨ましい! 私、生徒会とか学級委員に立候補しようと思ったら、先生に「お前は無理だ」と言われて諦めさせられたことがあるので(笑)。だから頼りたくなるオーラがあるんだ。

熊田 本当ですか!?

 面倒見がいいよね。

Machico 私ももし同い年だったら絶対に面倒を見てもらってると思う。

八巻 私は年下でも面倒を見てほしい(笑)。

 母性を感じてバブってる(笑)。

――もしかしたらまとめ役が適任なのかもしれないですね。では続いて姪浜エリカ役の南さん。

 エリカちゃんは才色兼備なお嬢様でして、勉強もできるし、運動もできるし、お家がお金持ちなんですけど、なのにあまり高飛車なところがなくて、大好きなビームライフルのためには努力を惜しまない女の子なんです。でも、試合になると本領発揮できないところがあって、私もライブのときは自分に自信がないからめちゃくちゃ練習するんですけど、プレッシャーに弱くて、本番になると必ず何かをやらかすので(笑)、そういうところはエリカちゃんとすごく似てると思います。他にも、原作を読んだら自分に似てるところがありすぎて、役作りの面ではあまり悩まなかったんですけど、逆に「エリカちゃんになりたい!」という気持ちが薄れてしまうんじゃないかという悩みもありまして……。見た目的にとっつきにくそうに感じるところもあるかもしれませんが、深く知ってもらえたら大好きになっていただけるキャラクターだと思います。

Machico 私から見ると、ふたりは仲間思いなところが似てるなあと思っていて。南ちゃんは仕事に対してすごく真剣で、周りからはトリッキーなことをする人と思われがちですけど(笑)、そういうことは全然なくて、誰よりも人の心情を察するところがあるんです。それは人と仲良くなりたい、距離を縮めたいと思っていないとできないことだし、人の心にフッと入ることをナチュラルにできる子なので、私もそういうところにすごく助けられているんです。私は南ちゃんと出会ってから2年ぐらいになりますけど、最初からプライベートなことを含めていろんなことを話せたし、それぐらい気を許せる……とてもいい子です(笑)。

八巻 私はまずビジュアルがエリカちゃんと似てると思うんですよ。エリカちゃんはロシア人と日本人とのハーフという設定ですけど、南ちゃんもハーフっぽいお顔立ちじゃないですか。

熊田 瞳の色が透き通っていて、透明感がありますよね。お人形さんみたい。

Machico 私も最初はハーフなのかと思った。

 え~、ありがとう! たしかにそう言ってくださる方は多いんですけど、純日本人なんですよ。

Machico ただ、もし内面を知らずに第一印象で考えたら、とっつきにくそうな雰囲気はあるかも。話しかけても「はい」ぐらいで会話が終わりそうというか(笑)。

 それもよく言われるんですよね。あまり笑えないというか、緊張してしまって……私、かわいい女の子が大好きなんですよ。華がある女の子から話しかけられたら、「私、息を吸っていいのかな?」と思って口を開けられなくなるんです(笑)。だから初対面では怖そうな印象を与えてしまうのかもしれないです。

――では最後に五十嵐雪緒役の八巻さん。

八巻 雪緒ちゃんはあまり感情を表に出さなくて、一見するとクールで人と距離を置いてるように見えるんですけど、内面は意外といろいろ考えているし、お茶目なところもある女の子です。射撃の腕前は天才的なんですけど、それ以外のことはわりとポンコツで、お勉強も全然できなくて、そのギャップがかわいいんです。普段はみんなと一緒にいても笑わないし表情が変わらないんですけど、実はみんなのことをよく見ていて、4人でいる時間をすごく楽しんでいるみたいで。そういう仲間思いなところが愛しいですね。

――かなりミステリアスなキャラなので、なかなかご自身に似てると思う部分はなさそうですが……。

八巻 私も自分とはあまり似てないと思っていたんですけど、みんなのお話を聞いたら意外と似ているところがあるらしいんです。

Machico そう、アンちゃんは趣味がちょっと変なんですよ(笑)。人とは少し違うものに興味を示すところがあって、古墳が好きらしくて、レッスンのときにも古墳のTシャツを着てきたりして。

八巻 先日大阪まで仁徳天皇陵を観に行きまして、そこで売っていた古墳のTシャツを調達したんです(笑)。

Machico それにアンちゃんは「わーっ」て喋るタイプではなくて、みんなのお話をちゃんと聞いていて「うんうん」と頷いているので、そこは雪緒ちゃんっぽいなと思います。

八巻 普段も自分から積極的に話すことはあまりなくて、人数が増えれば増えるほど「みんなが話してるから自分はいいや」と思うタイプなんです。あまり自分からグイグイと行かないところは似てると思います。

 それにアンちゃんってクールっぽいけど、笑うとめちゃくちゃかわいくないですか? 普段のキャラもあって、笑顔を見ると「ウッ!」ってなる。「これがファン心か……」と思って(笑)。

八巻 レッスンのときもみんなが面白いから笑っちゃう(笑)。

Machico 私はアンちゃんとくまちゃんとはこの作品で初めてお会いしたんですけど、ふたりとも第一印象から「いい子だな」ということはめちゃくちゃ伝わったので、ふたりのことをもっと知りたいんです。くまちゃんも女の子が大好きらしいし、きっと掘ると深いところまでいきそうなおかしい要素がありそう(笑)。

八巻 変人が多いみたいな印象が強くなっていきそうだけど大丈夫かな?(笑)。

Machico 自分の好きなものがはっきりしていたほうが、絶対にその人の魅力になると思うので、私はそういうところをもっと知りたい!

熊田 じゃあ私もMachicoさんが若干引くようなところまで話せるようにします(笑)。

Machico 私は結構引かないから全然大丈夫!(笑)。

熊田 私はお三方と初めてお会いするときにすごく緊張していたんですけど、皆さんが「敬語じゃなくてもいいよ」と言ってくださって。恐れ多くて今でも敬語交じりになってしまうんですけど、受け入れてくださってる感じがしてすごく助かってます。

Machico ひとつの作品で一緒になって、しかもこうしてユニットを組ませてもらってるのに、ここで目に見えた上下関係があるのもおかしな話だと思うし、私は同じ作品に関わっている以上はみんな平等だと思っていて、芸歴とかはあまり関係ないと思うんですよ。くまちゃんは活動をし始めたばかりで、まだ初めてのことがいっぱいあるから、自分が迷惑をかけちゃうかもしれないと人一倍思ってくれてると思うんだけど、ライフリング4の現場はそういうことをあまり気にしなくていいと思うし、私たちもみんな通ってきた道で、そこで先輩たちが優しくしてくれたところがあるから、失敗することに対して恐れることはないし……。

熊田 あっ、ちょっと、ヤバい……(目頭を押さえる)。

Machico あ~、私ももらい泣きしちゃう! ダメだダメだ!(笑)。

 これで拭いて!(自分のスカートの裾を差し出す)。

熊田 えっ! いいんですか?

 うん! 私、絶対に洗わないから!(笑)。

――いやいや、いろいろ間違ってますから(笑)。

熊田 (スタッフの差し出したティッシュで涙をぬぐいながら)私は本当に緊張して、ダンスもできないし、歌もうまくないのに、皆さんが自然な感じで受け入れてくださって……。でも、こないだ南さんが皆さんの身体を触ってるのを見て、これからもっと馴染めるようになれるかもと思いました(笑)。私はまだそこまでは行けないんですけど……。

八巻 そこには行かなくていいから(笑)。

 身体を触ることをポジティブに捉えてくれてありがとう! もっと触っていくね!(笑)。

Machico アンちゃん、こいつ(南)から守ってあげて!(笑)。

この記事を書いた人