『ヒロアカ』の世界が、目の前で動き出す!「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage ゲネプロレポート

「これは僕が最高のヒーローになるまでの物語だ」
2014年から週刊少年ジャンプで連載され、10月からはアニメも第四期に入る堀越耕平による人気コミックス「僕のヒーローアカデミア」。世界の総人口の約8割が何かしらかの超常能力である“個性”を持つ超人社会が物語の舞台。そこでは”個性”を悪用する敵<ヴィラン>、そして“個性”を発揮してる敵<ヴィラン>から人々を守るヒーローが存在していた。人々はヒーローに憧れ、そんなヒーローの中でも“平和の象徴”と謳われるオールマイトに憧れる少年・緑谷出久(みどりやいずく・通称:デク)がこの物語の主人公である。しかし超人社会に於いて、出久は“個性”を持たずに生まれる“無個性”の少年でもあった……。

過酷な現実を突きつけられてもなお夢を諦めず、ヒーローを目指す出久とその仲間たちが繰り広げるウルトラ級のヒーローアクションストーリーに日本のみならず海外でも多くのファンが心を躍らせている『ヒロアカ』の世界が、今、目の前で動き出す!4月12日、東京・天王洲 銀河劇場で、舞台「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stageが開幕。ここでは、初日前に開催されたゲネプロならびに囲み会見の模様をレポートする。続きを読む

この記事を書いた人