アニメ『デュエル・マスターズ!』EDテーマ「CRY MAX!!」リリース記念 NormCoreインタビュー

ただ「やりたいようにやる」じゃ高校生や大学生の文化祭レベルと変わらないこと。僕らには、それとは異なる責任感が伴ってくる――そう語る、NormCore、Fümiのこだわりとは?
2月13日にNormCoreが発売された4thシングルの「CRY MAX!!」。この楽曲は、アニメ『デュエル・マスターズ!』のEDテーマとして起用中。同楽曲の魅力を、ボーカルのFümiに聞いた。

――アニメ『デュエル・マスターズ!』のEDテーマとして起用中の「CRY MAX!!」。この楽曲の共作を手がけたのが、ボカロPとしても有名な”れるりり”さん。前シングル「カウントダウン」では、同じくボカロPの”まふまふ”さんと共演。様々なクリエイターの方とご一緒していますが、Fümiさんの中で共演していくうえでの基準があるのなら、まずはそこからお聞きしたいなと思いました。

Fümi あらたな楽曲の制作時点で、関係性を持っている人たちのなかで「一緒にやってみたいなぁ」と思う方に毎回声をかけています。れるりりさんとは、れるさんの楽曲「青春症候群」をカバーして動画をアップした縁で、Twitterを通して仲良くなった関係です。そこから、互いの仲を深めあった形でした。

――出会いのきっかけはネット上だったんですね。

Fümi 自分は必要なとき以外はまったく外へ出ない性格なので、人との出会いも、買い物もすべてネットを通してです。なので、れるりりさんとの打ち合わせや楽曲制作のやりとりも、基本はオンライン上。ただし、「ここぞ」というときは直接お会いをして制作も進めていきました。

――ネット上だと、微妙なニュアンスの確認など難しくはないですか?

Fümi 自分の場合、その人の作った楽曲が好きで、なおかつその人の持つ世界観を知ったうえで制作を依頼しているので、その心配はありません。今回の「CRY MAX!!」にしても、僕自身がれるりりさん節を求めていたからこそ、最初にイメージを共有し、あとは完全にお任せでお願いをしました。

――「CRY MAX!!」はアニメ『デュエル・マスターズ!』のEDテーマですが、とてもノリが良くて明るい、輝きを持った楽曲。これ、OPテーマとしても使えるんじゃないですか?

Fümi いや、あくまでもEDテーマとして制作したので、自分としては、このままOPテーマにするなら、また違うアプローチも必要だなと感じています。と言っても、それは制作側の意識であって、たしかにパッと聴いた感じでそう思われてもおかしくはないと思います。「CRY MAX!!」がなぜEDテーマらしいかと言うと、これが深夜帯のアニメなら、EDテーマまで観終え、そのまま眠りにつく人だっているように、その日を締めくくる役割を担う場合もありますけど、『デュエル・マスターズ!』の放送は日曜日の朝。つまり、これを観終えたあとに出かけるなど、これからその日の行動を起こす時間帯。なので、その気持ちへ繋がる楽曲にもしたいという意識をれるりりさんとも共有しながら作り始めました。

――ノリ良いグルーヴを生み出す演奏のうえで、最初は自問自答するネガティブな感情から始まりながら次第に気持ちを熱く昂らせていく。歌詞もサウンドもどんどん熱を増していく、そのスタイルに魅力を感じました。歌詞では、韻を踏むなど巧みな言葉遊びもしていますよね。

Fümi いくら子供向けのアニメとはいえ、今の子供たちは、僕らが思っている以上に大人。だからこそ、けっして嘗めるようなことなく、それどころか対等な存在として認識をしながら言葉も選びました。

――作詞は、れるりりさんとの共作になっています。

Fümi ベースとなる歌詞を先に僕が作り、それをれるりりさんにまとめあげてもらいつつ、最終的には一緒に顔を突き合わせ、言葉の微調整を施したうえで完成させました。ふたりで一緒に考えたことで、言葉のボキャブラリーが増えたのもたしかなこと。れるりりさんは、一緒に作詞をするうえで本当に楽しいなと思えた方でしたね。

――「CRY MAX!!」の歌詞は、先にも触れたよう自問自答を繰り返すネガティブな感情の揺れから始まりつつ、次第に気持ちに光を注ぎ込み、最後はしっかり自分を信じて前へ進んでいく気持ちの変化のドラマを描きだしています。

Fümi 1曲を通しての気持ちの時間軸の変化を反映した曲ですからね。しかも、1番と2番では異なる局面を描き出して、『デュエル・マスターズ』ファンの人たちが聴いても納得な世界観も投影しています。今回、マイナー調のアップチューンにしたのも、最近の『デュエル・マスターズ』にその手の曲調がなかったことからでした。

――そこまでのこだわりを持って制作していたんですね。

Fümi そこまで考えて制作してこそ、請け負った責任じゃないですか。ただ「やりたいようにやる」じゃ高校生や大学生の文化祭レベルと変わらないこと。僕らには、それとは異なる責任感が伴ってくるわけですから。「CRY MAX!!」の歌詞にも、主人公である切札ジョーの気持ちはもちろん、僕のパーソナルな感情も加えているので、そこはうまくミックスアップさせたところです。むしろ、そこの按配をどう采配していくかも作るうえでの楽しさだなと思っています。

――「CRY MAX!!」のMVで、Fümiさんは巧みなダンスも披露していますが、ダンスも得意なんですか?

Fümi どうなんでしょう?自分では得意とも不得意とも考えたことがないんですけど、そこは観ていただいた方の感想に委ねます(笑)。今回のMVは、最終的な行程まで監督さんへ僕のアイデアを伝えながら仕上げていったので、とても満足のいく内容になりました。

――こだわりの強い姿勢が、Fümiさんらしさなのでしょうね。

Fümi こだわりというよりも、表現の仕事として請け負った以上、そこは最低限やるべきラインだと思っています。中でも「CRY MAX!!」のMVは、自分で観ていても心踊るように楽しい作品に仕上がった手応えを覚えています。

――カップリングには、夢へ向かって旅立つ人たちの多いこれからの季節にも似合う「ずっとかわらない場所」を収録。

Fümi あっ、たしかに旅立ちという雰囲気はこの曲にあるかもしれませんね。ただ、この曲を作るときに、正直そこは考えていなかったんです。「ずっとかわらない場所」を作るきっかけは、地元へ帰省する用事があり、戻ったときに感じた想いを投影しようと思って。ちょうど制作時期と帰省が重なったことから、せっかく感じた想いを反映するすることで、これまでにはない表情を作れるなと思ったんです。

――Fümiさん自身、故郷に錦を飾るまではいかずとも、相応に胸を張って帰りたい気持ちも持って故郷から旅立った方でした?

Fümi 僕の場合、田舎特有の閉塞感から抜け出したかった気持ちが強かったので、何かを持って帰りたい気持ちはなかったです。ただ、離れてわかると言いますか。海外に行って日本の良さがわかるように、離れたことで地元の良さがわかった面はありました。それだけ、自分の気持ちにも変化が生まれたんだと思います。

――現在、3ヶ月連続リリースイベントの真っ最中。4月14日には青山RizMを舞台にしたワンマンライブ「NormCore Night Vol.4」の開催も決定しています。

Fümi 今は、ネットでも音源を買える時代。にも関わらず、わざわざ出会いを求めて来てくれるわけですから、その想いに対して何かしら返してあげようとの気持ちを持って、毎回のリリースイベントには臨んでいます。ワンマン公演も中身はこれからとはいえ、バンドを従えてのライブなので、その空間に見合った内容にするのはもちろん、スペシャル感を持った公演にしていけたらなと思っています。

――そういえば、FM FUJIでラジオ番組「NormCoreの日曜も夜更かし~コアラジ~」というラジオ番組も始まりました。

Fümi 番組では、毎回ニッチなテーマを掘り下げています。それが、ゲストの方のこだわりや、何かしら極めていることについてだったり。クリエイティブなことへ携わっている方やもの作りをしている人たちのマインドへ僕自身が共通項を覚えるからでしょうね、そういうところでも面白い話をしていける番組に育てあげたいなと思ってやっています。

――今年のNormCoreが、どんな展開を描いていくのか……。

Fümi そこは自分でも予測不可能なので、その都度楽しんでいこうと思っています。

INTERVIEW & TEXT BY 長澤智典


●リリース情報
NormCore 4thシングル
「CRY MAX!!」
2月13日発売

【初回限定盤】

品番:JBCZ-6101
価格:¥1,500+税

<CD>
1. CRY MAX!!
2. ずっとかわらない場所
3. CRY MAX!! – Instrumental –

初回限定盤特典
・Mカード封入(10種類からランダム1枚)
※メンバーのオリジナルラジオ番組にアクセスできるシリアルコード付き
(ラジオ番組は全4種類 3人全員ver / Fümi Ver. / Tatsu Ver. / Natsu Ver.)

【通常盤】

品番:JBCZ-6102
価格:¥1,000+税

<CD>
1. CRY MAX!!
2. ずっとかわらない場所
3. CRY MAX!! – Instrumental –

【デュエル・マスターズ盤】

品番:JBCZ-6103
価格:¥1,000+税

<CD>
1. CRY MAX!!
2. CRY MAX!! – TV Edit –
3. CRY MAX!! – Instrumental –
デュエル・マスターズ盤特典
・描き下ろしアニメイラストジャケット仕様
・「デュエル・マスターズ」プロモカード封入

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人