進化しつづけるアーティスト福山 潤。新曲「Tightrope」にこめた「勇気」から日本語へのノイローゼぎみの(?)こだわり、怒涛の音楽ヒストリーまですべてを語る!

楽曲コンセプトから作詞までを自ら担当した2ndシングル「Tightrope」を発表する福山潤。
1stシングルのラップテイストや、イベント「ひとりのBOCCHI SHOW」でのオモシロのイメージを覆す、クールでエッジの聴いた新曲にこめられた思いや今後の展望とは――?その独特の話術に隠されたこだわりや本音、本邦初公開のヘビロテ曲まで、じっくり伺った。続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人