TVアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』“最終章”のEDテーマ・österreich「楽園の君」、石田スイ描き下ろしジャケットはリゼ!特設サイトもOPEN!

TOKYO MXほかで放送中のTVアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』“最終章”のEDテーマであるösterreich(オストライヒ)の新曲「楽園の君」。

絶賛配信ではリリースとなっているが、12月12日に発売される期間生産限定でのCDパッケージの石田スイによる描き下ろしジャケットが公開になった。

イラストは、作中に登場するキャラクター・リゼが描かれたものとなっている。

発売を控える中、タワーレコードとアニメイトでの購入者特典も発表に。タワーレコードでは、österreich/楽園の君ステッカーが、アニメイトでは、石田スイ描き下ろしジャケットのA3ポスターが先着で配布となる。

また、本日から「楽園の君」の特設ウェブサイトもオープン。同時にウェブメディア・Buzzfeedでは、高橋國光と石田スイの対談も公開となっている。

この特設ウェブサイトでは、今後グッズや、高橋國光本人による文章なども随時公開していく予定なので、定期的にチェックしよう!


●リリース情報
österreich シングル
「楽園の君」
12月12日発売

【期間生産限定盤(CD+DVD)】
品番:AICL-3614~5
価格:¥2,000+税

※トールサイズデジパック仕様/石田スイ書き下ろしイラストジャケット

<CD>
1. 楽園の君
2. 楽園の (Instrumental)
3. 楽園の君 (TV edit)

<DVD>
・「楽園の君」 Music Video
・TVアニメ「東京喰種トーキョーグール:re」”最終章” EDリリックムービー

先行配信中
DLはこちら

<チェーン別購入者特典>
・タワーレコード:österreich/楽園の君ステッカー (100mm×100mm)

・アニメイト:「楽園の君」石田スイ描き下ろしジャケットA3ポスター

「楽園の君」ミュージシャン・スタッフ クレジット
Vocal: 飯田瑞規 (cinema staff)
Guitar: 高橋國光
Bass: 岩久保佳秀
Drums: 山口大吾 (People In The Box)
Chorus: 鎌野 愛 (ex. ハイスイノナサ)
Recording & Mix Engineer: 川面晴友
Mastering Engineer: 山崎 翼 (Bernie Grundman Mastering Tokyo)

MVスタッフクレジット
Cast: 志田彩良
Director: ミラー・レイチェル・智恵
Camera: 近藤ナオユキ
Stylist: 服部昌孝
Hair & Make-up: くどうあき
Transport: 生田潤一郎
Producer: 沖 崇信
Production: MAZRI Inc.

<österreichコメント>
また同じところに戻ってきました。
三年前、音楽にもう一度向き合ったのが「東京喰種」という作品でした。そこから誰に聴かせるわけでもない音楽を作ったりしながら、相も変わらず無軌道な生活を送っていましたが、ある日、気がつくと辺りは三年前と似た景色でした。少し違っていたのは、「東京喰種」が終わりを迎え、ぼくが石田くんと友人になっていたこと。
「無能」という曲をどのように作ったか、あまり覚えていませんが、たぶん何処に身を寄せることなく気の赴くままに作ったのだと思います。時間が経ったいま、そのやり方をもう一度完璧にこなせるほどぼくは器用ではなく、そして、そうしたいとも思いませんでした。
変わっていくものも、そうでないものも、見てきました。なにもない空洞とすれ違うこともありました。自分がどうなったか、正直に言って、引き続きどうしようもない人間のままなのですが、ほんのすこしだけ、誰かのことを考えて音楽を作れるようになったような、そんな気がしています。
たくさんの人に助けられて生き、たくさんの人に助けられて「楽園の君」という曲を作りました。機会をくれた石田くんサンキュー。
皆様、まだまだ暑い日々が続きますが体に気をつけて。

高橋國光(österreich)

<プロフィール>
高橋國光(ex. the cabs)のソロプロジェクト、österreich(オストライヒ)。
2015年、ゲストボーカルに鎌野愛(ex. ハイスイノナサ)を迎え、TVアニメ「東京喰種トーキョーグール√A」のOPテーマ「無能」、ゲーム「東京喰種 JAIL」(PS Vita)主題歌「贅沢な骨」を楽曲提供。今作「東京喰種トーキョーグール:re」では、第2期EDテーマとして「楽園の君」を書き下ろす。

(c)石田スイ/集英社
(c)石田スイ/集英社・東京喰種:re製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人