『甲鉄城のカバネリ』最新作 劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』ティザービジュアル、ティザーPV解禁!

2016年4月から6月までフジテレビ“ノイタミナ”枠で放送され、圧倒的な映像美と迫力のバトルアクションで話題を呼んだオリジナルアニメーション『甲鉄城のカバネリ』。

10月20日は、本作のメインキャラクターである無名の誕生日!2019年春に劇場上映される『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』は無名の心情にフォーカスした物語が展開されることから、この度、無名をフューチャーしたティザービジュアル、ティザーPVが解禁となった。
ティザービジュアルは粉雪が舞い落ちる中、無名が一筋の涙を流しているビジュアルとなっており、TVシリーズのアニメーションキャラクターデザイン・総作画監督を務めた江原康之が手がけた。ティザーPVは、無名が生駒との出会いや生駒が教えてくれたことを回想する構成で、無名のメイキャップカットも満載の映像となっている。

また、DMMゲーム「甲鉄城のカバネリ -乱-」で使える「ムビチケ特典限定ガチャ券シリアルコード」付きムビチケカードも発売開始!本作が公開される各劇場での販売となる。また、ノイタミナショップでは劇場版のキャラクター設定をデザインに使用した、オリジナル特典『クリアファイル4枚セット』付きムビチケカードを数量限定販売。


●作品情報
『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』
2019年春 劇場上映

<INTRODUCTION>
その旅路の先に、新たな運命(さだめ)
世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の怪物が現れた。後にカバネと呼ばれる事になるそれらは、鋼鉄の皮膜に覆われた心臓を持ち、噛んだ者までもカバネにしてしまう。カバネは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。極東の島国である日ノ本(ひのもと)で、分厚い装甲に覆われた蒸気機関車、通称・駿城(はやじろ)の一つ、甲鉄城(こうてつじょう)に乗り込んだ生駒たちは、熾烈な戦いを潜り抜け、カバネと人の新たな攻防戦の地、日本海に面する廃坑駅「海門」(うなと)に辿りついた。生駒たちは、同じくカバネから「海門」を奪取せんとする、玄路、虎落、海門の民と「連合軍」を結成し、カバネ撃退の策を立てるのだが、「海門」の地にはある“秘密”が隠されていたのだった-。

【メインスタッフ】
監督・脚本:荒木哲郎
構成:大河内一楼
キャラクター原案:美樹本晴彦
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:江原康之
サブキャラクターデザイン:尾崎智美、山内遼
コンセプトアート:よー清水、森山洋
デザインワークス:形部一平、胡拓磨、村田護郎
プロップデザイン:常木志伸、吉川真一、西原恵利香
美術デザイン:平澤晃弘、谷内優穂、杉本智美
メイクアップアニメーター:中愛夏、三田遼子
美術監督:吉原俊一郎
色彩設計:橋本賢
3D監督:廣住茂徳、今垣佳奈
撮影監督:山田和弘
編集:肥田文
音響監督:三間雅文
音響効果:倉橋静男、山谷尚人
音楽:澤野弘之
アニメーション制作:WIT STUDIO
制作:カバネリ製作委員会
配給:松竹メディア事業部

【キャスト】
生駒(いこま):畠中 祐
無名(むめい):千本木彩花
菖蒲(あやめ):内田真礼
来栖(くるす):増田俊樹
鰍(かじか):沖 佳苗
侑那(ゆきな):伊瀬茉莉也
巣刈(すかり):逢坂良太
吉備土(きびと):佐藤健輔

©カバネリ製作委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人