“予想外”のプチミレ登場!内田真礼×水瀬いのりがコラボ!TrySail、宮野、GRANRODEOが熱唱!「Animelo Summer Live 2018 “OK”」2日目詳細レポート!

世界最大規模のアニソンの祭典、“Animelo Summer Live 2018 “OK””の2日目が2018年8月25日にさいたまスーパーアリーナで行われた。フレッシュなコラボに始まり、さまざまな仕掛けで観客を驚かせ、最後はベテランの熱いステージで締めくくるというバラエティに富んだ構成で、1日目に負けない盛り上がりを見せた。

トップバッターは前日同様にコラボでの登場。ピンクの衣装を着た内田真礼と水色の衣装の水瀬いのりがセンターステージに姿を現すと、会場をほぼ360度埋め尽くした観客から大きな歓声が起こった。まず1曲目は内田の持ち歌である「ギミー!レボリューション」。そこからメドレーで水瀬の「アイマイモコ」を歌ったのだが、“素直に好きって言えるかな”という歌詞のところで感情を込めてふたりが向かい合うシーンがあり、共にちょっと照れた表情が印象的だった。

続いて“出走”したのはウマ娘 プリティダービー。スタンドの特設実況コーナーに登場した藤井ゆきよ(駿川たずな役)が実況を行い、15名のウマ娘がアリーナを走る“アニサマダービー”が行われるという演出で会場を沸かせた。この日の出走メンバーは、和氣あず未(スペシャルウィーク役)、高野麻里佳(サイレンススズカ役)、Machico(トウカイテイオー役)、上田瞳(ゴールドシップ役)、大坪由佳(タイキシャトル役)、大西沙織(メジロマックイーン役)、大橋彩香(ウオッカ役)、鬼頭明里(セイウンスカイ役)、木村千咲(ダイワスカーレット役)、高橋未奈美(エルコンドルパサー役)、高柳知葉(オグリキャップ役)、巽悠衣子(ヒシアマゾン役)、徳井青空(テイエムオペラオー役)、前田玲奈(グラスワンダー役)、松井恵理子(フジキセキ役)。ゲートが開いて先頭を行くのはやはり快速、サイレンススズカ(高野麻里佳)!さあ夢のオールスター、アニサマダービーであなたの、そして私の夢が走ります。あなたの夢はトウカイテイオー(Machico)かウオッカ(大橋彩香)か。第4コーナーを回ってゴール前、しんがりからスペシャルウィーク(和氣あず未)が一気に追い込んでゴールイン!レースが終わるとアニメの通りにライブが行われ、15名でまずは「うまぴょい伝説」(後半)を披露した。激しくコールが入る曲で会場が温まったところで、TVアニメのOP「Make debut!」、ED「グロウアップ・シャイン!」を歌唱。見事にアニサマのメイクデビューを飾った。

3番手で登場したのは竹達彩奈。TVアニメ『だがしかし2』のOPテーマ、「OH MY シュガーフィーリング!!」で元気よく盛り上げた。29人のダンサーたちは竹達が29歳になったことにちなんで“TKT29”と名付けられていた。「ところで、みなさんおなかすいてませんか?」というフリで歌ったのは「Hey!カロリーQueen」で、こちらもアニメ『だがしかし』のEDテーマ。カロリークイーンのステッキを得意のバトンのように回すパフォーマンスを見せ、キュートでハイカロリーなステージで魅了した。“となりの国の王様”という歌詞のところではスクリーンに王様の格好をした悠木 碧の画像が登場するという演出も見られた。

続いて登場したのはその悠木 碧。菊池亮太によるピアノ演奏で「帰る場所があるということ」を歌い上げた。優しく包み込むようなバラードは、繊細な感情表現で心にしみわたるような歌声だった。「永遠ラビリンス」では一転して悠木 碧のキュートな魅力が爆発。バックにはネコ耳をつけたMVの映像が流れていて本人は照れていたが、アーティストとしての表現の幅の広さを感じさせた。

今年、ソロアーティストデビューを果たした山崎はるかは、デビュー曲の「ゼンゼントモダチ」を歌った。作品のユニットでは何度もアニサマに出場している山崎だが、ソロでも堂々たる歌声を披露。MVと同様にダンサーを引き連れて激しいダンスでも観客を沸かせた。

現在放送中のTVアニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』から生まれた舞台少女9人組ユニット、スタァライト九九組も初出場。「Star Divine」では歌いながら殺陣を披露し、演劇的要素が組み込まれたレヴューのようなステージが新鮮だった。TVアニメのOPテーマ「星のダイアローグ」に続き、ゲーム『サクラ大戦』主題歌である「檄!帝国歌劇団」をカバー。20年以上前から声優が出演する歌劇を行っている『サクラ大戦』へのリスペクトが感じられた。

ソロとして再登場した水瀬いのりは、まず「Million Futures」で疾走感のある力強い歌声を披露。トップバッターとして登場した時は普段はあまり歌わない元気な曲が歌えてうれしかったという感想を述べた後、「Starry Wish」を今度は自分らしさをいっぱいに表現して歌った。静かな中にも熱い情熱を感じさせるこの曲は水瀬の真骨頂といえる。

大橋彩香はポンポンを持って元気に登場。「NOISY LOVE POWER☆」は観客のコールが入りまくる楽しい曲で大橋もノリノリ。デビュー曲「YES!」もやはりコールで盛り上がり、今回のアニサマのテーマでもある「OK!」と笑顔で返していた。振り付けもかわいらしく、見ていて元気をもらえるステージだった。

デビュー5周年でアニサマの出場も5回目となるfhánaは佐藤純一のピアノから始まり、「わたしのための物語 ~My Uncompleted Story~」を披露。デビュー曲の「ケセラセラ」ではデビュー当時のMVの映像も流された。そして昨年に続いて大勢のメイドさんが登場して踊った「青空のラプソディ」。今年は“カロリークイーン”竹達彩奈と“TKT29”も登場してお祭り騒ぎだった。竹達は一切踊ることはなく、ただひたすら食べて飲み続けるだけというパフォーマンスで、最後は“ごちそうさま”のポーズをしてステージを後にした。

前半のトリを飾ったのはTrySail。サイレンが鳴り響き、TrySailのメンバーが指名手配中という映像が映し出され、登場した3人が歌ったのが「WANTED GIRL」。振りコピができてみんなで盛り上がれるTrySailらしさが詰まった曲だ。続けて新境地を見せたEDM「Truth.」を披露。そしてTrySailの切り札ともいえる曲、「adrenaline!!!」で締めくくった。大舞台で抜群の強さを見せる“煽り師”夏川椎菜はさらに磨きがかかって会場を盛り上げ、麻倉ももはファンのハートをつかむキュートなパフォーマンスを見せ、普段はクールな印象の雨宮天が全身で楽しさを表現する。TrySailのライブの楽しさを3曲に凝縮したような今年のアニサマだった。なお、麻倉ももは10月3日にアルバム「Peachy!」をリリースし、初のソロライブを行うことが発表された。

この記事を書いた人