かぐや姫の甘く切ない物語『竹取物語』を題材に、佐々木李子がSTORY LIVE&一人朗読劇に挑戦!そして3弾公演も開催決定!

本年4月・5月に開催された佐々木李子主催の第1弾公演となる「Re-connect~泡になった人魚姫~」に続き、第2弾となるSTORY LIVE『SynapstoRy~月から降りたかぐや姫~』が、8月12日(日)に東京・TSUTAYA O-Crestで開催された。今回の作品は、「竹取物語」を題材に、和をテーマにしたピアノとバイオリンが奏でる甘く切ないメロディに乗せて、佐々木李子が一人朗読劇に挑戦した公演となっている。

公演には、アーティストの佐々木李子、ゲストボーカルとしてKyoco、そして声優の大塚剛央(声のみ)が出演した。

公演のタイトルにもなっている『SynapstoRy』とは、シナプス(SYNAPSE)=神経接合部と、STORYの造語となっており、佐々木李子は「セロトニンやアドレナリンやドーパミンを直接感じられるようなステージをお届けしたくてこの名前を考えました。皆様の感情の蕾が花開くきっかけとなりますように。」と語っている。

本公演のイメージとして描かれた満月の美しいイラストと和の音が奏でる中で、出演者が登場。月の住人(かぐや姫)が、地上に溢れているという悪の感情「嘘」「恋」に興味を抱き、地上に降りていこうと決意するところからストーリーがはじまる。主演のかぐや姫を演じた佐々木は、アーティストとしてだけでなく役者・声優としても活動している。朗読劇パートでは登場する人物を何役も演じ分け、かぐや姫のセリフでは涙する場面もあるなど、声優としての多彩な才能を感じさせた。

朗読の間には、ピアノ・バイオリン演奏とともに、オリジナル曲「ユメノアト」、「甘い嘘」、「恋花恋慕 piano ver.」、「今宵、永遠の誓いを」といった楽曲が計8曲披露された。竹から産まれたかぐや姫が、この世のものとは思えないほど美しい女性に成長し、数々の求婚を受けるなか、帝の目にとまったことで、かぐや姫の感情が徐々に変わっていく。しかし、かぐや姫には帰らなければならない場所があったことを思い出し、甘く切ない結末を迎えてしまう。物語と楽曲の世界観が見事にマッチして、物語に一層感情移入をしてしまうのが、このSTORY LIVEの見どころの1つだ。

最後に、人気楽曲の「寄り道」を会場にいる全員で手を振りながら披露して本編は終了したが、会場からはアンコールの手拍子が続いた。

そのアンコールでは佐々木李子とKyocoが、次回作第3弾『SynapstoRy~ダリアと二人の赤ずきん~』の衣裳となる、赤と黒の赤ずきんをそれぞれ身に纏って登場。この日披露されていた楽曲とはうって変わって、重厚なロックなサウンドとボーカルが会場を包み、STORY LIVE公演の幕を下ろした。

STORY LIVE第3弾は10月21日(日)に開催されることが発表され、佐々木李子としても自身初となる1stアルバム「瞼の裏にうつるもの」が8月22日(水)に発売される。また、10月11日に発売を予定しているPS4ゲーム「竜星のヴァルニール」(コンパイルハート)では主題歌「When I…」を担当、さらにTOKYO MXにて絶賛放送中の「邪神ちゃんドロップキック」のぽぽろん役として声優でも活動しているので、詳細は公式HPなどをチェックしてほしい。

 


●ライブ情報
“SynapstoRy ~ダリアと二人の赤ずきん~”
10月21日(日) 開場 12:00/開演 12:30
会場:TSUTAYA O-Crest

【チケット】
前売 3,500円

『SynapstoRy』イベント公式サイト

●原作情報
PS4ゲーム「竜星のヴァルニール」

【対応機種】PlayStation®4
【ジャンル】生きるために竜を喰らうRPG
【発売日】2018年10月11日 予定
【価格】
通常版:7,776円(税込)
限定版:9,936円(税込)
DL版:6,912円(税込)

●リリース情報
佐々木李子 1st アルバム
『瞼の裏に映るもの』

【初回限定盤(CD+DVD)】
品番:VIZL-1408
価格:¥3,240(税込)
※イラストレーター風海氏による描き下ろし紙ケース仕様

<DVD>
1.酩酊(Music Video)
2.寄り道(Music Video)

【通常盤(CD)】
品番:VICL-65032
価格;¥2,700(税込)

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人