川嶋あい デビュー15周年記念ベスト・アルバム『川嶋あい15th Anniversary BEST』インタビュー

10代ながら3年という時間を掛けて1000回の路上ライブを敢行し、目標としていた渋谷公会堂でワンマンライブを成功させて音楽シーンに現れた川嶋あい。その渋谷公会堂ライブから15年。最近ではアニメ作品への提供楽曲も注目を集めている彼女が、15周年の軌跡をたどったベスト・アルバム『川嶋あい15th Anniversary BEST』を完成させた。

――デビュー15周年ということで改めて15年分のご自身の楽曲を並べられて、どのようなことを感じられましたか?

川嶋あい 収録された30作品を振り返ってみると、その都度その都度、10代、20代といろんな楽曲を生み出してきたなぁ、と。自分自身も感慨深いものがありつつも、ただ楽曲制作のスタイルは昔と何も変わっていないので。作っていたときはこういうことを意識して、こんな世界観で書いていたなぁ、と一曲一曲ありありと思い浮かべられました。やっぱり制作がいちばん楽しいので、そんなに昔のような感覚も特にはなかったですね。

――楽曲の作り方が違う、ということですが、たとえばそれはモチーフがあっての楽曲制作ではいかがでしたか?アニメのタイップやCMソングのような。

川嶋 何かの作品のイメージ・ソングであったり、CMソングやアニメの楽曲提供もそうなんですけど、あらかじめ「こういう曲を書いてほしい」というようなお話をいただくんですね。その場合は結構、事前にいろいろとイメージしているものに対して、どんな楽曲がいいのか、細かく伺いながら作っていく感じにはなりますけど、自分の曲を書くときにはあまりテーマを決めて書こうとは思っていないものの、メロディを書いて「この曲は失恋の歌にしよう」とか「この曲はちょっと旅立ちを思わせる曲かな」「夢の歌にしてみよう」という漠然としたテーマが決まるんですね。それでとりあえず書いてみるんですけど、そこからは細かく考えて決めていったりもするので、そのあたりまで来ると、提供曲を作るときと同じような感覚にはなりますね。

――そんな楽曲を生んでこられた15年ですが、ご自身の中で転機になったのはどんなときだったとお感じになりますか?

川嶋 そこまでの転機はないんですが、路上ライブ1000回達成を夢見て頑張ってきたので、その1000回が終わってしまうときが転機だったかもしれないですね。すごく大きな目標であり、ストリートで歌うという自分のスタイルを1000回達成を機に、そのスタイルを抜け出して初めての全国ツアーであったり、ホールでのライブが増えてきたりとかもして。ちゃんとハコがあって、そこで歌わせてもらう環境を経験させてもらったことが転機だったかもしれないですね。

――川嶋さんの代表的な楽曲で、特に我々としても聞き逃せない曲といえば、劇場版アニメ「ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」の主題歌「compass」(2007年3月発売)かと思います。ほかにも「ときめきメモリアル4」や「シャイニングフォース」といった人気ゲームの主題歌なども歌われていらっしゃいますが、様々なジャンルのリスナーに出会えることはご自身にとってはどんな出来事なのでしょうか。

川嶋 びっくりすることばかりでした。「こんなふうに温かいリアクションを返してくださるんだ」とか、私が思っていた以上にひとつの曲を大切に想って聴いて下さっていたりとか、アニメの中のストーリーと重ね合わせながらじっくり聴いて下さっていたりとか。「川嶋あいの音楽」から入るのではなく、自分が好きなアニメやゲームを通じて、私の作った歌とも出会ってくださって、そこでいろいろなことを感じてくださって、感想もいただけることがうれしかったですね。

――個人的には「チョコボの不思議なダンジョン」をプレイしていたので、今回のベストに収録されている「ドアクロ-ル」は感慨深かったです。

川嶋 わぁ。ありがとうございます。私もゲームの中で声優をやらせてもらったりもしていたので、すごく印象深い一曲ですね。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人