小松未可子ニュー・アルバム『Personal Terminal』リリース記念 小松未可子×黒須克彦(Q-MHz)スペシャル対談

――今回のニューアルバム『Personal Terminal』は、まさに等身大の日常感が表現された作品という印象があります。タイトルに「パーソナル」という言葉も入ってますし、これまで以上に小松さんのパーソナルな部分に焦点を当てた作品なのでしょうか?

黒須 僕もほかのメンバーも、小松さんの最初の印象はキリッとしてるイメージだったんですけど、そういう人のパーソナルな部分や日常の姿というのはみんな興味があると思うんですよ。とはいえ、そういった部分をガンガン見せていこうということではなくて、自然な流れなんですよね。今回、「SPICE MISSION」という(小松の趣味である)料理の歌があるんですけど、それもふと料理の話になった流れで「料理の曲を作ってみようか」となっただけで。それと「M/MASTER」という、小松さんとQ-MHzのメンバーみんなで楽器を演奏してる曲があるんですけど……。

小松 この曲は、皆ん普段とは違う楽器を持って演奏しているんです。
※小松がマリンバとドラム、黒須がピアノ、田淵智也がグロッケンとメロディカ、畑亜貴がリコーダー、田代智一がベースを演奏。

黒須 これも「こまQ」という(小松とQ-MHzの)トークイベントで出た発言から、みんなで演奏することになった曲で。なので、今回のアルバムは、ふと出たものを繋ぎ合わせて作り上げたみたいなところがあって。それがまさに日常のパーソナルな部分ではあると思うんですけどね。

――一緒にいる時間が長くなったからこそ自然とそうなったんでしょうね。

小松 たしかにそうかも。「こまQ」で話したやりたいことがちょっとずつ実を結んでるんですよね。「M/MASTER」は「バンドをやりたい!」というのと「普段は持たない楽器を持っている姿を見てみたい」と話したことから始まったものですし。ほかにも、アルバムの特典映像で、私がQ-MHzのメンバーの皆さんを乗せて車の運転をしていたり(笑)。

――えっ!そうなんですか?

小松 みんなでドライブしてバーベキューに行った映像が入っています(笑)。バーベキューって楽しいイメージがあったんですけれど、けっこう難しいことを実感しましたよね?

黒須 そうそう、焼くのが大変なんですよ。残念ながら我々は(バーベキューの)素人だったので、楽器を弾けるなら肉もうまく焼けるわけではないということがよくわかりました(笑)。

小松 「火はどうやって起こせばいいんだろう?」から始まって、皆さんそこでは楽器ではなくてトングを手に持ち(笑)。そういう意味ではQ-MHzさんのパーソナルな部分も見られる映像になっていると思います。

――黒須さん的に今回のアルバムで新しく挑戦したことや、前作よりも一歩踏み込んで制作できた部分はありますか?

黒須 音に関しては“ライブに繋がるもの”ということが大きくて、今までのライブを経て、音源としてもシンプルでライブ映えするようなバンドサウンドにしても大丈夫だろうなと思ったんです。もちろんいろんな音が入ってる曲もありますけど、アルバム用の新曲は全体的に「ライブでこういう曲がほしい」という要素が強くて。例えば「海辺で逢いましょう」は全体的にゆるく流れる感じで、“大人でエレガントな小松未可子”を見せるという意味では、今までになかったんじゃないかな。

小松 こういう恋愛の曲は今までなかったですね。「ふれてよ」や、前のアルバムに収録されていた「流れ星じゃないから」という曲もありますが、そういう曲は自分の中でふと我に返る瞬間があるんです。今回のアルバムも展開の多い楽曲が多いなか(笑)、「海辺で逢いましょう」は逆に際立って、さらにていねいに歌った曲になりました。それから、個人的に「おねがいフューチャー」は、「これライブで歌えるのかな……?」と思っています(笑)。

黒須 「おねがいフューチャー」みたいな全力疾走で一瞬で駆け抜けるようなタイプの楽曲も今までなかったから、そういう曲もライブで欲しかったんだよね。実はもう次のライブの曲順を考え始めていて、曲のバリエーションはより広がってきたんじゃないかと思います。

――今回の作品はどういうアルバムに仕上がったと思いますか?

黒須 楽曲的にも、制作してるときの温度感や感触としても、前作の『Blooming Maps』からより踏み込んで作れたと思います。『Blooming Maps』は名刺代わりの作品で、今作はその名刺があったうえでの自信作というか。あとは、なんだかんだでやりたい放題できたなと思ってて(笑)。

小松 アハハ(笑)。

黒須 毎回、作ってみたい曲や歌ってほしい曲を好きなように作れているので、やりたいことはすべてできた達成感があるんですよね。そういう環境を与えてくださってる方々に感謝ですね。

小松 私も『Blooming Maps』というアルバムの延長線上にある部分が多いと思っています。実は「M/MASTER」の歌詞は“シリアス”と“おまぬけ”ともうひとつの3パターンがあって、「どれがいい?」って選択肢を提示していただいたんです。それで私は“おまぬけ”を選んだのですが(笑)、前のステップがあったからこそ変化球を選んでみたり、自分でも「そういうのもアリなんだ!」って楽しみながら作れたと思っています。一歩踏み込んでいただいたからこそ、書いていただけた歌詞もありますし、「私のことをよく見てくださってるんだな」と噛みしめられる部分もあって、どの曲も楽しめました。

――ちなみに黒須さんは、他にも多数の声優アーティストの楽曲を手掛けてらっしゃいますけど、そのうえで小松さんの強みはどんなところにあると思いますか?

黒須 今回のアルバムもそうですけど、幅広い曲調を全部歌いこなせるというか、どの曲を歌ってもハマるんですよね。そこがより強みになればいいなと思ってます。ただ、何を歌ってもOKというのがありつつ、そのなかでも一本芯が通ってたほうがいいと思うし、「小松未可子といえばここ!」と言える何かを持っていたほうがいいので、楽曲的にも歌的にもそういうものが出てくればいいなあと思ってて。これは課題みたいになっちゃいますけど。

――それらを踏まえて、今後あらたにチャレンジしたいことは?

黒須 今はアルバムでひと通りやり終えた直後なので思いつかないですけれど……アルバムが出て、ライブ、ツアーをやることで、また新しい何かが確実に出てくると思います。

小松 私の“バンドをやる”という希望は今回の「M/MASTER」で一応達成できたので、次はQ-MHzの皆さんと自分の5人でひとつの歌詞をリレー小説みたいな形で作ってみたいなと思っています。それと個人的には、皆さんの歌も聴いてみたいです(笑)。

黒須 それは……!

小松 あと合唱曲じゃないですけれど、みんなで「せーの!」で歌えるオマケみたいな曲を作ってみたいですね。今回のアルバムでQ-MHzの皆さんの違った一面を見たい欲がムクムクと湧いたので、ある意味皆さんのパーソナルな部分を見たいです。ボーナストラックとしてどうですか?(笑)。

黒須 こんなおじさんのパーソナルを見て楽しいのかなあと思うけど(笑)。まあ、いつもいろいろやってもらってるので……頑張ります(笑)。

Interview&Text By 北野 創
Photography By 山本哲也


●リリース情報
小松未可子ニューアルバム
『Personal Terminal』
7月11日発売

【完全生産限定盤(CD+BD+Photobook)】

品番:TFCC-86641
価格:¥5,500+税

※特典内容
・スペシャル写真集(52ページ)
・トールケース型三方背ボックス
・ハイレゾ音源フリーダウンロードコード封入
・アルバム全音源+全特典映像のプレイパスコード封入

【通常盤(CD)】

品番:TFCC-86642
価格:¥3,000+税

※初回生産分特典
・ハイレゾ音源フリーダウンロードコード封入
・アルバム全音源+ライブ映像(完全生産限定盤BDに収録のライブ映像と同じもの)プレイパスコード封入

<CD>
01. Restart signal
02. Jump Jump Halation!
03. SPICE MISSION
04. Maybe the next waltz(TVアニメ「ボールルームへようこそ」EDテーマ)
05. 海辺で逢いましょう
06. カオティック・ラッシュ・ナイト
07. Happy taleはランチの後で
08. Pains
09. M/MASTER
10. おねがいフューチャー
11. Swing heart direction(TVアニメ「ボールルームへようこそ」EDテーマ)
12. Romantic noise

<Blu-ray>
小松未可子 TOUR 2017 “Blooming Maps” @ LIQUIDROOM 2017.08.12
・また、はじまりの地図
・Imagine day, Imagine life!
・流れ星じゃないから
・Catch me if you JAZZ
・HEARTRAIL
・my dress code
・Lonely Battle Mode
Music Video
・Maybe the next waltz
・Swing heart direction
・Restart signal
小松未可子×Q-MHz ドライブ&BBQの旅
小松未可子×Q-MHz「M/MASTER」レコーディングMV

●ライブ情報
小松未可子TOUR 2018 “Personal Terminal”
2018年9月8日(土)大阪府 BIGCAT
OPEN 16:15 / START 17:00
2018年9月16日(日)東京都 TSUTAYA O-EAST
OPEN 16:00 / START 17:00
2018年9月24 日(月・振休)宮城県 仙台darwin
OPEN 16:30 / START 17:00
2018年9月29 日(土)愛知県 Electric Lady Land
OPEN 16:30 / START 17:00
2018年9月30 日(日)静岡県 Live House浜松窓枠
OPEN 16:30 / START 17:00
料金:6,480円(税込、入場時1ドリンク代別途要、未就学児入場不可)
チケット一般発売:2018年8月4日(土)

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人