TRUE 3rdアルバム『Lonely Queen’s Liberation Party』リリース記念インタビュー

今回は“Lonely Queen’s Liberation=解放する”“Party=仲間たち”というテーマで、アルバム制作を進めたというTRUE。4月25日に発売される本作には、豪華な作家陣が楽曲を提供している。そんな作家陣とのやり取りの中で、彼女が感じたこと、こだわったことを詳しく聞いてきた。

レコーディング前にスタジオを借りて歌い方を何度も確認

――今回、アルバムでご一緒したクリエイターの方々を選ばれたのはTRUEさんということですが、どのような理由だったのでしょうか?

TRUE 作家としてだけではなく、アーティストとしても提案している方を選びました。そういう方々に触れてみたいという思いがあったんです。気づけば交流のある方ばかりでしたけど。ただ、「次の僕へ」の楽曲を堀江さんに発注したときも、ミュージシャンとしてやりたいことを全部やってくださいとお伝えしました。「私が歌えないかもしれないと思ったメロディでも構いません」って。堀江さんにとっての「解放」が私にとっての「解放」に繋がれば、と考えました。

――表題曲ではどのようなお願いをされたのですか?

TRUE 実はこの曲、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のOP主題歌を作ったとき、最初に提案した曲だったんです。なので1年前くらいには曲のデモは出来ていました。OP主題歌は「Sincerely」になりましたが、このまま寝かせてしまうのはもったいないくらい素敵な曲だったので、アルバムを作ろうって話が出たときに「ぜひこれを表題曲に」ってなったんです。

――UNISON SQUARE GARDENの田淵智也さんとはどのようなやり取りがありましたか?

TRUE 元々、田淵さんが「BUTTERFLY EFFECTOR」のカップリング曲だった「HANABI」(作詞:唐沢美帆 作曲・編曲:山下洋介)を好きだというのを聞いていて、今回の打ち合わせのときにも「TRUEさんは、ああいうちょっとトリッキーなメロディが合うんじゃないか」って提案してくれたんです。それで、私に歌わせたいと思ってくださる曲があるならぜひその曲を書いてくださいってお願いしました。それから、今回の収録曲は大半を自分でボーカル・ディレクションしましたが、この曲は田淵さんがしてくださいました。田淵さんのボーカル・ディレクションってすごく面白いんですよ。今回気づいたんですが、私は自分で作詞をしていることもあり、どちらかというと詞寄りで音を捉えているんです。でも田淵さんは、音として言葉を捉えるのがすごく上手な方で。例えば、同じ言葉の発音の仕方も、音によって違う捉え方をするんです。自分では気づかないことだったので、勉強になりましたね。

――この曲はミトさんがアレンジとして加わっていますね。

TRUE 田淵さんからの提案だったんですよ。

――「終わりたい世界」のTom-H@ckさんとのやり取りについても教えてください。

TRUE ボーカルとしての表現力が試される、難しい曲でしたけど、Tom-H@ckさんの楽曲が私をリードしてくれたので、出してこなかった自分を出せたと思います。大人っぽい、達観したような雰囲気が出せればいいなと思いつつ、楽曲のイメージから感じたものをそのまま歌にしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人