TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information 第5回

Print

フジムラトヲル、石川智久、松井洋平からなるテクノユニット、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND。『ウィッチクラフトワークス』『トリニティセブン』『プリズマ☆イリヤ ドライ!!』『魔法陣グルグル』など、数々のアニメ作品に劇伴や主題歌、キャラソン等の楽曲を提供し、近年、アニソン・シーンにて大きな活躍を見せている。大ヒットを記録したTVアニメ『おそ松さん』のEDテーマ「SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~」の作詞・作曲・編曲を手がけたことでも知られている。

そんな彼らの連載『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』は、《お気に入り》《影響》など、彼らが受けた様々なインプットをアウトプット=《報告》するという内容だ。TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDはどのような活動をしているのか?メンバーは一体どんな人物なのか?……魅力的な楽曲を次々と生み出している彼らの実態が今明らかになる!?

アニソン・シーンの最先端で活躍している彼らの初となる連載。
第5回は、彼らの名義では初となるあの作品が登場!

■『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』前回の連載はこちら
■『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』これまでの連載はこちら

Craft Report / TECHNOBOYSの活動報告

大量の花粉とともに、春が近づいてまいりましたね。
ひっきしっ!!
どうも、リーダーのフジムラトヲルです。

先月に引き続き、TECHNOBOYSは作曲作曲、また作曲の日々を過ごしております。
その詳細を皆さまにお知らせできないのが、春先の鼻の中同様にムズムズしてもどかしいのですが、もうしばしお待ちくださいませ。

そんな中、2/27(月)と3/4(土)には『劇場版 トリニティセブン -悠久図書館と錬金術少女-』の上映後イベントに参加してまいりました。

Craft Report _05
TECHNOBOYS自身、舞台挨拶的なイベントは初めてだったのですが、気の置けないトリニティスタッフの皆さまに囲まれていたので、あれやこれやと楽しくトークができました。

個人的には、「リリスを崇める会」のクイズコーナーで不正解連発……。
まったくリリスのことを理解出来ておらず、まだまだ精進せねばと思った次第です。

そんなこんなで、今月のTECHNOBOYSハイレゾ情報は、「打ち寄せられた忘却の残響に」でございます。

uchiyose_zankyo1

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「打ち寄せられた忘却の残響に」

TECHNOBOYS名義では初のシングル、いわゆるデビューシングルである本作。
4月からドラマ化も発表されましたTVアニメ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』のEDテーマでもありました。

ゲストボーカルに大竹佑季さんを迎え、透き通るような声・飛び交う電子音・叙情的なストリングスの三位一体を味わっていただける楽曲となっております。

ハイレゾに関しては、24bit/96kHzと32bit/96kHzの2ヴァージョンをご用意。
24bit/96kHzは、おなじみテクノマイスター・小池光夫氏。
32bit/96kHzも、おなじみハイレゾマイスター・原田光晴氏。
マスタリングの違いを楽しめるのも、本作の魅力の一つでもあります。

まだお聴きになられていない方はぜひ。ぜひ。

uchiyose_zankyo1TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
打ち寄せられた忘却の残響に

Lantis
2015.11.04

FLAC・WAV 96kHz/24bit、WAV 96kHz/32bit

ハイレゾの購入はこちら

e-onkyo music
mora

©2015 太田紫織・エブリスタ/KADOKAWA/『櫻子さん』製作委員会

Favorite Pulse / TECHNOBOYSのお気に入り

ishikawa_artTECHNOBOYSのメンバーが自分のお気に入りを紹介する「Favorite Pulse」。
今月は石川智久が担当です。
私の大好きなヌードな女優『ジェニファー・コネリー』。
あの超有名映画『Once Upon a Time in America』デボラ役がデビュー。
思えば主人公ヌードルスがのぞいてた時からヌードだった。

当時14歳のジェニファー、私が中学生の時にこの映画を観たのでちょうど同世代。
その美しさはエンニオ・モリコーネの音楽『Deborah’s Theme』の美しさと相まって私の脳裏に焼き付いている。

その後デヴィッド・ボウイとの共演『Labyrinth』。
80年代から90年代初頭の美しさ代表女優として確立された。

特に『恋の時給は4ドル44セント』では豊かな薄着で私を虜にしたものだ。
『The Hot Spot』以降はかなりの数の豊かな肢体を観ることができます。

ちなみにショーン・コネリーと家族ではありません。

Influence Information / TECHNOBOYSへの影響

TECHNOBOYSのメンバーが影響を受けた音楽からハイレゾリリースされている作品をご紹介。
今回、フジムラがオススメするのはBjörk『Vulnicura(ヴァルニキュラ)』(2015)

VulnicuraBjörk『Vulnicura』

TPG_FUJIMURABjörkといえば、何と言っても『Homogenic(ホモジェニック)』。
当時大学生だったフジムラ青年は、学校帰りにフラッと寄ったCDショップの試聴機で聴いて、即買いしたのでした。

もちろん、「Army of Me」「Hyperballad」などでBjörkのことは知っていたのですが、アヴァンギャルドさとポップさの絶妙なバランス感は、それまでの比ではありませんでした。
当時持ち歩いてたMDウォークマンにはいつも『Homogenic』がセットされ、通学時のお供となりました。

とはいえ、何故か久しく彼女の音楽からは遠のいていたのですが、せっかくハイレゾが出たのだからと聴いてみると、あぁやっぱり彼女の声の力は凄いなと改めて実感。

サウンドも『Homogenic』の延長線上に感じます。
ハイレゾだと、声の力をより強く感じることができるのではないでしょうか。

では次回の『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』もお楽しみに!

VulnicuraBjörk
Vulnicura

Sony Music Labels Inc.
2015.01.20

FLAC 96kHz/24bit

ハイレゾの購入はこちら

e-onkyo music
mora

 

■『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』前回の連載はこちら
■『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』これまでの連載はこちら

2016TPG_MAIN

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
トラックメーカー・フジムラトヲル(Ba/Syn/Vo)、作曲家・石川智久(Pf./Syn/Vo)、作詞家・松井洋平(Gt./Syn/Vo)からなるテクノユニット。現在まで2枚のオリジナル・アルバムをリリースしており、その活動範囲は海外にまで及ぶ。細野晴臣氏が音楽監修を務めた2007年の映画『EX MACHINA -APPLESEED SAGA-』をはじめとして、『ウィッチクラフトワークス』『トリニティセブン』『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』『紅殻のパンドラ』『プリズマ☆イリヤ ドライ!!』『賭ケグルイ』『魔法陣グルグル』など、数々のアニメ作品に劇伴や主題歌、キャラソン等の楽曲を提供。ユニットだけでなく、個人として作品に携わることも多い。宇都宮隆氏、松岡英明氏、浅岡雄也氏ら、時代を創ったボーカリストとのコラボレーション・ナンバーや、TVアニメ『おそ松さん』のエンディングテーマ「SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~」など、制作したそれらの楽曲は大きな話題を呼んでいる

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDの関連記事はこちら
TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND公式サイト
TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのTwitter

この記事を書いた人