fripSide『infinite synthesis 2』レビュー

大ヒットシングル「sister’s noise」収録。デジタルJ-POP極まる、ダイナミックなサウンドで突き進むアルバム。

2009年、ヴォーカリストに南條愛乃を迎えてスタートした第2期fripSide。「only my railgun」「LEVEL5-judgelight-」「future gazer」と立て続けにヒットを放ち、完成した2010年のアルバム『infinite synthesis』は、彼らの人気を揺るぎないものとした。

2012年にはアニバーサリーアルバム『Decade』、2013年にはチャートを席巻した「sister’s noise」、小室哲哉との共作「eternal reality」をリリース。TVアニメ『ブラック・ブレット』OPテーマ「black bullet」を含む、2014年9月リリースのアルバムが『infinite synthesis 2』。八木沼悟志によるデジタルサウンドと南條愛乃の美しいヴォーカルが、さらにダイナミックに展開されている。

「sister’s noise」

TVアニメ『とある科学の超電磁砲S』OPテーマとなり、オリコンシングル週間ランキング1位を獲得した大ヒットシングル。「only my railgun」の突き抜ける感覚と、「LEVEL5-judgelight-」のメロウネスを併せ持つサウンドがアニメ作品のイメージとリンクするナンバーだ。

ハイレゾではCDとは音空間の捉え方が異なって聴こえる。イントロではCDの場合、音が地にそのまま根付いているようなたくましい音像だが、ハイレゾではより上の方に定位しておりすっきりとした印象。そしてキックが入り、煌めくシンセ音が鮮やかに通り過ぎる音像からも横に音が広がっていることがわかる。またCDでは音圧の高さが音を密集させ、塊となってぶつかってくる迫力だが、ハイレゾの場合は適度な音圧を確保しつつ、ダイナミクスを生かしたサウンドに。アタックも強く、音の勢いはそのままに、音色のグラデーションが深いサウンドを味わえる。

ヴォーカルは厚みを帯び、サウンドとの距離が保たれることによって実体感を深めている。語尾に細かくビブラートをかける南條愛乃の歌唱の繊細さもしっかりと描写されており、エンディングに至るサビ前の“刻むから”の抑揚はひときわエモーショナルだ。

「eternal reality」

八木沼悟志が敬愛する小室哲哉と共作した、TVアニメ『とある科学の超電磁砲S』の新OPテーマ。小室サウンドならではのメロディとコード進行が、八木沼悟志の構成力、アレンジと見事に融合して、最新型のデジタルJ-POPを生み出している。影響を受けた小室哲哉に臆することなく、八木沼悟志が本気でぶつかり作り上げた音楽はfripSideのあらたな可能性を引き出した。

fripSideのサウンドはシンセサイザーが音の壁のように迫ってくるイメージがあり、ハイレゾでもそれは変わらない。しかし一枚岩といったサウンドのCDに比べて解像度のあるハイレゾでは、異なるシンセの音がブロックのように分かれていており、それぞれが明滅しているように音が鳴り響く。

華やかなメロディについ耳が向いてしまいがちだが、fripSideのサウンドの「厚さ」がメインのシンセだけでなく、多層的な音によって支えられていることが伝わってくる。また音の立ち上がりの速さが昂揚感を加速させており、鮮やかに高音域が抜けるさまにfripSideならではの爽快感を味わえる。

「black bullet」

TVアニメ『ブラック・ブレット』のOPテーマ。弾力のあるリズムマシーンの低音と鋭く刻むハイハットの高音が緊張感を与え、サビに向けてスリリングな展開を誘なう。音像はスレンダーながら俊敏さを保ち、リヴァーブのかけ方でスケール感をコントロールしていることが感じられる。

フィルターをかけたストリングスシンセやピアノの旋律もなめらかで、またキレのいいギターの鳴りもまばゆい。詠唱のようなコーラスもインパクトを強め、また荘厳さをも深めている。

ヴォーカルはシャープな輪郭で、高音域の美しさが光る。分離感がよく音が重なるサビでの“black and red bullet!”も埋もれず、強さと傷つきやすい繊細さを表わしている。声質の高低もしっかりと捉えており、表情の陰影から秘めた情熱まで曲の中で変わりゆくさまを描ききっている。

煌びやかな「infinite synthesis」、ミドルテンポの切ない楽曲「I’m believing you」、重厚な「waiting for the moment」、清々しさが漂うラストナンバー「true resonance」など、鮮烈なサウンドと憂いを秘めたメロディが記憶に残るアルバム。

fripSideのサウンドはマッシヴな音圧でぐいぐいと攻めるといったイメージだが、ハイレゾではコンプ感を程よくセーブし、その勢いは失われていない。また解像感やスピード感がデジタルサウンドの特性をうまく引き出しており、サイバーな音空間を演出している。トランス感がさらに心地よいサウンドへと仕上がっている。

fripSide
infinite synthesis 2

NBCUniversal Entertainment
2014.09.24

FLAC・WAV 96kHz/24bit

ハイレゾの購入はこちら

e-onkyo music
mora

収録曲

 1.sister’s noise (TVアニメ「とある科学の超電磁砲S」オープニングテーマ)
   words, music & arrangement : Satoshi Yaginuma

 2.infinite synthesis
   words, music & arrangement : Satoshi Yaginuma

 3.fermata~Akkord:fortissimo~(PS Vita用ソフト「カデンツァ フェルマータ アコルト:フォルテシモ」テーマソング)
   words, music & arrangement : Satoshi Yaginuma

 4.lost dimension (PS3(R) / PS Vita専用ソフト「ロストディメンション」主題歌)
   words, music & arrangement : Satoshi Yaginuma

 5.I’m believing you
   words : Yoshino Nanjo  music & arrangement : Satoshi Yaginuma

 6.Secret of my heart
   words : Yoshino Nanjo  music & arrangement : Satoshi Yaginuma

 7.eternal reality (TVアニメ「とある科学の超電磁砲S」新オープニングテーマ)
   words : Satoshi Yaginuma  music : Tetsuya Komuro, Satoshi Yaginuma  arrangement : Satoshi Yaginuma

 8.black bullet (TVアニメ「ブラック・ブレット」オープニングテーマ)
   words, music & arrangement : Satoshi Yaginuma

 9.rain of tears
   words, music & arrangement : Satoshi Yaginuma

10.scorching heart
   words : Yoshino Nanjo  music & arrangement : Satoshi Yaginuma, Kai Kawasaki

11.waiting for the moment
   words : Yoshino Nanjo  music & arrangement : Satoshi Yaginuma

12.always be with you
   words : Yoshino Nanjo  music & arrangement : Satoshi Yaginuma

13.true resonance
   words, music & arrangement : Satoshi Yaginuma

この記事を書いた人