ミコチ(cv.下地紫野)&コンジュ(cv.悠木 碧)「Harvest Moon Night」レビュー

2018.03.07

TVアニメ『ハクメイとミコチ』のED主題歌は、主人公のミコチと歌姫・コンジュの歌声が弾むポップス。作詞・作曲はクラムボンのミトが担当。コンジュが歌う、ドラマチックな楽曲「水底のリズム」も収録。ハイレゾは192kHz/24bitで配信。

樫木祐人原作のTVアニメ『ハクメイとミコチ』は、森の奥で暮らす身長わずか9cmの小さな彼女たちの穏やかな日常を描く作品。

のんびりとした物語のエンディングを彩る主題歌は、主人公のミコチ( cv.下地紫野)と吟遊詩人のコンジュ( cv.悠木 碧)が歌う「Harvest Moon Night」。作詞・作曲はクラムボンのミトが手がけている。第2話の収穫祭のステージでも華麗な歌声を披露しているふたりの歌姫による、朗らかなキャラクターソングとなった。

「Harvest Moon Night」

実りの季節の夜に始まった小さな宴の様子をアコースティックなサウンドで描く、トラッドなテイストも交えたポップス。ピアノやギター、ウッドベース、フィドルに竪琴も加わり、次第にその賑やかさを増していく。そこには彼女たちの日常を思わせるようなのどかな雰囲気もあり、居心地のいい時間がゆったりと流れる。歌詞には、前菜、ディナー、デザート、お酒、食後のコーヒー……etc、といったミコチがもてなす手料理の数々も盛り込まれており、ジャケットそのままの光景がありありと目に浮かぶ。そして、ふたりの歌声はお酒のせいもあってかとっても上機嫌。そんな楽しい様子が伝わってくるチャーミングな楽曲だ。

ハイレゾは192kHz/24bitで配信(e-onkyoでは192kHz/32bitも配信)。ウッドベースは弾力に富んだふくよかな質感で、低域が深く沈み込む。対して竪琴は澄んだ音色を軽やかに舞い上がらせる。なめらかな旋律と弾むようなリズムを織り成す弦楽器による温かみのあるアンサンブルとなっており、ハイレゾの特性を生かした音のきめ細やかさ、まろやかさが感じられる。親密な雰囲気が伝わってくるボーカルは寄り添うような距離感で、その朗らかな表情に魅了される。美しく折り重なるコーラスが絶品。

「水底のリズム」

コンジュのボーカルをフィーチャーしたカップリング曲。というよりも、「吟遊詩人である彼女の新曲」と表現するほうが正しいだろう……そう待望の「あの曲」である。コンジュが愛用する竪琴もメインに使われており、奏でながら歌う彼女の姿が音の中に浮かび上がるかのよう。今回はストリングスのアレンジも加わり、ますますドラマチックな雰囲気だ。しとやかに想いを紡ぐ、静かで力強い「水底みたいな」歌である。

ハイレゾは爪弾く竪琴の音色が隅々まで満ちるような、空間の広さを感じる余裕のある音の響き。こちらも細やかな解像感で、シェーカーなどリズム楽器の粒だった音が重なり合うパートが耳に心地よい。ボーカルは深みのある声の特徴を捉え、伸びのある抑揚をじっくりと聴かせる。Dメロでの波紋のような響きも聴きどころだ。

ミコチ(cv.下地紫野)&コンジュ(cv.悠木 碧)
Harvest Moon Night

Lantis
2018.03.07

FLAC・WAV 192kHz/24bit、WAV 192kHz/32bit
ハイレゾの購入はこちら

e-onkyo music
groovers
mora

©樫木祐人・KADOKAWA刊/ハクメイとミコチ製作委員会

 収録曲

 1.Harvest Moon Night
   作詞・作曲・編曲:ミト(クラムボン)
   歌:ミコチ( cv.下地紫野) & コンジュ( cv.悠木 碧)

 2.水底のリズム
   作詞:坂井竜二 作曲:髙橋乃意 編曲:川本 新
   歌:コンジュ( cv.悠木 碧)

 3.Harvest Moon Night(Instrumental)

 4.水底のリズム(Instrumental)

©樫木祐人・KADOKAWA刊/ハクメイとミコチ製作委員会

この記事を書いた人