2018年夏頃放送決定のTVアニメ『シンデレラガールズ劇場』第3期には結城晴も登場!「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 すぷりんぐふぇすてぃばる 2018 DAY2」レポート

アニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』初の単独イベント「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 すぷりんぐふぇすてぃばる 2018 DAY2」が3月4日、千葉・舞浜アンフィシアターにて開催された。

4日の公演には緒方智絵里役の大空直美、安部菜々役の三宅麻理恵、双葉杏役の五十嵐裕美、佐々木千枝役の今井麻夏、上条春菜役の長島光那、三船美優役の原田彩楓、及川雫役ののぐちゆり、諸星きらり役の松嵜麗、片桐早苗役の和氣あず未が出演した。前日のDAY01の模様はこちらでレポートしている。

冒頭、キュート、クール、パッション各属性2人ずつが歌う「ぴにゃこら太絵かき歌」に合わせて、せり上がってくるセンターステージで残りの3人がぴにゃこら太写生大会を始める…という演出は前日と同じ。お絵かきにはDAY2から参加組の五十嵐、原田、和氣がチャレンジした。今回は本気で描いたという五十嵐のイラストは目の角度がポイント。和氣はビールを飲むやや中年体型のぴにゃこら太を描いた。原田ぴにゃはまんまるなフォームで、一番「お絵描き歌」っぽく描けていたかもしれない。前日に続きレベルの高いイラスト揃いだった。

オープニングトークでは、今回は出演者が9人「しか」いないから控室が広く感じるという内容が語られており、最近のアイマス、シンデレラガールズのイベントやライブの大型化を感じる。クール属性衣装を着た今井の立ち姿の美しさを見た三宅が「(女優の)オードリー・ヘップバーンみたい」と表現すると、今井は大いに照れながらもモデルウォークを披露して喝采を浴びていた。また、長島によるメガネあるあるトークでは、歌っている間に眼鏡のフレームの中に髪の毛が入ると大変! という話や、上条春菜コラボメガネ計画(現時点で正式に進行している話ではない)が語られていた。

描き下ろしの「シンデレラガールズ劇場」コミックのオチのコマの吹き出しを埋める大喜利の「ふきだしくえすちょん」コーナーは、大空、原田、のぐち組、三宅、今井、和氣組、五十嵐、原田、松嵜組に別れてチャレンジ。刑事ドラマで三船美優が演じそうな役柄というお題に対する解答は「大人なのにようちえんの服を着る役」「(一部略)献身的に介護をしながら遺産を狙う末っ子」「耳かき屋さん」といったもの。各チームのメンバーが分担してコミックに登場するアイドルになりきって演じるのだが、和氣が演じる杏、大空が演じる美優といったそっくり真似路線もあれば、五十嵐のように幼児口調で黒い解答をする早苗などネタに走る人もいた。

そして2日目はここで、春らしくお花見がテーマにした新作ショートアニメを上映。早苗がビールをハイピッチで飲む姿を羨望の眼差しで見る安部菜々(17歳)には会場から笑いが起こっていた。上映後のトークでは、花見中も眼鏡をかけさせようとする春菜についてや、もし今日の出演者で花見に行くなら役割分担は?といった話題で盛り上がっていた。

「すぷりんぐだよ?シンデレラクイズ」では「第22話で市原仁奈が佐々木千枝に言っていたママ候補3名は高垣楓・千川ちひろともう一人は?」といった難問にキャスト陣が挑戦。前述の問題の正解は三船美優なのだが、先程の「ふきだしくえすちょん」でシャッフル演技をした際の三宅演じる早苗が大人の女性感たっぷりだったこともあり、「みやけまりえ」「まりえってぃ」「うさみん」「菜々」といった解答が続出していた。客席に回答を聞いたり、正解発表後に解答を書き足したりするキャスト陣のやりたい放題っぷりに、司会の大空が派手に荒ぶっていたのも「シンデレラガールズ」らしいオチだった。

そしてクイズコーナーの最終問題は「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場○○○決定!」の穴埋め。告知の前フリ感に期待が高まる中、キャスト陣の解答はもちろん「第3期」!というわけで、TVアニメ第3期の放送が発表された。発表のプレゼンターとして映像に登場したのは、結城晴役の小市眞琴だ。アニメ3期に晴として登場予定だという小市は「晴のいろいろな魅力を見せていきたい」と意気込みを語っていた。TVアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」第3期は2018年夏頃放送予定とのことだ。

1/3の変化で全体のイメージがガラリと変わる面白さ



後半のライブコーナーは大空、三宅、五十嵐の「キラッ!満開スマイル」からスタート。昨日の五十嵐響子役種﨑敦美が双葉杏役の五十嵐裕美に変わっただけなのだが、演技派3人の並びという感じで雰囲気ががらっと変わる。五十嵐は本気のアイドル杏モードというか、動きや佇まいが非常にキュートでかわいらしい。クールチームの「エチュードは1曲だけ」は原田彩楓がセンターに入ってテイストが軽やかになった感じで、その分長島の情感の強さがぐっと前に出てくる。トリオユニットのメンバーを一枚変えるとこれだけイメージが変わる様子を各色ユニットで見られるのは楽しい。「SUN♡FLOWER」には和氣が参加。和氣は「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」での「SUN♡FLOWER」初披露にも参加しているだけあってパフォーマンスは堂に入ったもので、パッション属性衣裳のティアラがとても似合っていた。

アニメ1期の各属性月がわりEDを披露したところで、ステージに残るパッショントリオの松嵜、のぐち、和氣。
昨日はここで松嵜が「きらりんロボのテーマ」を披露したのだが、昨日とは違い、松嵜がトークで場をつないでいる間に、水を飲んで意味ありげなセクシーポーズをとるのぐちと和氣。これは来るか、ほんとに来るのか?と会場を焦らしに焦らしたところで、ふたりが歌い始めたのはもちろん、「シンデレラガールズ」きっての電波セクシーソング「モーレツ★世直しギルティ!」! 2日間の出演者を合わせるとユニット・セクシーギルティが勢揃い。ユニットを代表してステージに立った2人はめいっぱいセクシーに、楽しくキメていたのだった。和氣は「2人では完成ではないので、いつか3人で」といつの日かメンバー全員が揃うことを熱望していた。


続く2期EDコーナーではキュートチームが「Blooming Days」を披露。本当にキュートアイドルとしてのバランスが良い3人で、トリオとして歌うことでかわいさが何倍にも高まる感じ。「コスモス!」の決めフレーズに合わせて「C」のサインを作りながらのふわりとした微笑みが印象的だった。クールチームの「秋めいて Ding Dong Dang!」も2日目は軽やかなさわやかさが持ち味。指先で下からすーっと身体の線をなぞるような振付でピンポイントでセクシーなニュアンスを出してくる原田のメリハリが印象に残った。原田自身もこの部分の振付はお気に入りとのことだ。パッションチームの「Snow*Love」は、和氣の「なんて言われても」のちょっと不満そうにふくれたようなニュアンスの出し方のうまさや、のぐちのどこか少年っぽい歌声が印象的。見ている側としては初日とメンバーが変わったことによる変化に注目しがちだったのだが、この曲では落ちサビでの松嵜の、どこかくすぐったい嬉しさや楽しさがあふれだしてしまったような、きらりそのものの表情感にぐいぐいと引き寄せられてしまった。

ミニライブ後のパートでは、キュート組の大空と五十嵐が、バラエティパートのおもろい雰囲気からアイドルテンションに切り替える大変さを語っていた。クール組の原田は「エチュードは1曲だけ」のオリジナルメンバーだけに、この場で初めて歌えたことに感慨深げ。パッション組は「Snow*Love」の振付について、わりあいきれいに静かにキメる予定だった振付をわちゃわちゃっとさせたり、ジャンプでキメたり、といった楽しい動きを提案して採用されたことを明かしていた。

最後の挨拶では「笑いの力(Power of Smile?)を感じた」「茶々入れ放題でシンデレラ一門はこうでないと」といった、肩の力が抜けたイベントの楽しさを語る声が続いた(眼鏡よ永遠なれと叫んでいる人もいた)。さいたまスーパーアリーナ、今冬のドーム公演とライブの規模が大きくなっていくからこそ、こうした距離の近いイベントの良さを改めて感じるのかもしれない。ラストは全員揃っての「お願い!シンデレラ」と、大空直美が「アイマスですよ〜?」ととびっきりかわいく音頭を取っての「アイマスですよ、アイマス」でステージは終了となった。

Text By 中里キリ

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 すぷりんぐふぇすてぃばる 2018 DAY2
2018年3月4日(日)千葉・舞浜アンフィシアター

<セットリスト>
M01:ぴにゃこら太絵かき歌(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
M02:キラッ!満開スマイル(大空直美・三宅麻理恵・五十嵐裕美)
M03:エチュードは1曲だけ(今井麻夏・長島光那・原田彩楓)
M04:SUN♡FLOWER(のぐちゆり・松嵜麗・和氣あず未)
M05:モーレツ★世直しギルティ!(のぐちゆり・和氣あず未)
M06:Blooming Days(大空直美・三宅麻理恵・五十嵐裕美)
M07:秋めいて Ding Dong Dang!(今井麻夏・長島光那・原田彩楓)
M08:Snow*Love(のぐちゆり・松嵜麗・和氣あず未)
M09:お願い!シンデレラ(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)


●作品情報
TVアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』(3rd SEASON)

TOKYO MX、BS11、サガテレビにて

2018年7月より放送開始予定

【スタッフ】
監督・脚本:まんきゅう
アニメーション制作:ギャザリング

TVアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』(1st SEASON)
2018年4月3日(火)より TOKYO MXにて再放送開始予定

(C)BNEI/しんげき

関連リンク

この記事を書いた人