今思えば、最初から伝えたいことはひとつだったのかもしれない―― 相坂優歌『屋上の真ん中 で君の心は青く香るまま』リリースインタビュー

相坂優歌の待望の1stアルバムは、素直に生きようとして日々もがき苦しむ人=“君”に寄り添うことをコンセプトとした1枚に。大森靖子が手がけたMV曲「瞬間最大me」からALI PROJECTが提供した「翡翠蝶の棲む処」までそのサウンドは実に多彩なものだが、そこから発せられるメッセージはすべての曲においてアルバムのコンセプトに沿ったものであり、リスナーの共感を呼ぶ。本稿ではそのメッセージの発信源となる相坂自身に、この1枚に込めた想いを存分に語ってもらった。続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人