福山潤とのコラボ曲も収録!EDMのダイナミクスとJ-POPのキャッチーさを絶妙のバランスで奏でるOOPARTZ 2ndアルバムが完成!

(左から)JUVENILE / RYUICHI

RADIO FISH の大ヒット曲「PERFECT HUMAN」の作曲を手掛けたJUVENILEとダンサーとしてワールドクラスで名を馳せるRYUICHIによるエレクトロユニットOOPARTZ(オーパーツ)の2ndフルアルバムが完成!

突っ込んだ音圧で、ポップスでありながらしっかりフロアユース仕様に仕上がっていて、前作より更に多くのファンを獲得すること間違いナシの自信作となっている。
80 年代エレクトリック・ファンクをオマージュしたMVが新たな方向性を予感させるリード曲M3「DANCING MAGIC」を始め、STREET FIGHTER Ⅴとのアジア限定コラボレーションで発表されたキャラクター“Bison”のイメージソングであり、声優界で絶大な人気を誇る福山潤をMCに迎えたM11「winning for billions featuring 福山潤」など、重厚なシンセサイザーとヴォーカリストとして更に魅力を増したRYUICHIの多彩なサウンドが楽しめる。

また、前作の「Little Apple」に続き、アジアで不朽の名曲である「朋友」の初となる日本語カバーであるM12「友よ」も収録。まるでジョークのような驚くべき振り幅のエレクトロサウンドを堪能してほしい。

また、2018年1月14日(日)にはTSUTAYA O-Crestにてレコ発ワンマンライブ“NEW ELECTRO CITY”の開催も決定している。今後もOOPARTZの活動から目が離せない!

<OOPARTZ コメント>
ポップさやキャッチーさは残しつつ、サウンドやアレンジは前作のアルバムよりもよりエッジの効いた曲が多くなっています。80sエレクトロや2step、Drum’n’Bassなどさまざまなジャンルに挑戦した意欲作です。1つ1つの音と言葉をそれぞれで解釈して楽しんで欲しいと思います。


●リリース情報
『DIGITAL JOKE』
アーティスト:OOPARTZ
2018年1月10日発売

品番:TRJC-1072
価格:¥2,800+税

レーベル:TOWER RECORDS

<CD>
1.ZERO ONE FLIGHT
2.特急コスモライナー
3.DANCING MAGIC
4.TAPE
5.Good Night Baby
6.TECHNO WALKING
7.タイムガール
8.鼻唄のUmbrella
9.HIKARI
10.ハイパーシンセサイザー
11.winning for billions featuring 福山潤
12.友よ

●ライブ情報
「DIGITAL JOKE」発売記念 OOPARTZ ワンマンライブ2018「NEW ELECTRO CITY」
2018年1月14日(日) 16:30 開場/17:00 開演
場所:TSUTAYA O-Crest

チケット:(前売)¥3,300+1drink (当日)¥3,800+1drink

<チケット絶賛発売中!>
詳しくはこちら

<OOPARTZ プロフィール>
RYUICHI
ストリートダンスチーム「Mad Skills Styler」として、日本テレビ24時間TV内「ダンス甲子園」での2年連続優勝を始め、ダンスシーンで数々の受賞や実績を残し、イタリアの世界大会ではソロバトルで優勝を果たす等、国内外問わず活躍。その一方で「踊る」という表現方法に捉われない自由な発想を持つようになり、若者、ストリートシーン、時代、そして自分に対する感情や言葉を伝えるために自然とマイクを持つ。全てのリリックに自分の思想や感じたことを詰め込み、自分が持つ最大の武器であるダンスのスキルを最大限見せることの出来る音楽に合わせることで、見るものの感情を揺さぶる。
その思想が「流れ」に染まらない「新世代のアーティスト」としての第一歩となる。

JUVENILE
2016年に大ヒットしたRADIO FISH「PERFECT HUMAN」の作編曲、その他にも韓国の大人気アーティストCNBLUE「Face to face」編曲、福山潤、妄想キャリブレーションの作編曲を手掛ける等、今話題の新進気鋭の若手Sound Producerでありながら、世界でも指折りのスキルを持つTALKBOXプレイヤー。サウンドプロデュース業の傍ら、自身も国内外問わず年間数多くのライブに出演。シンガー、ダンサー問わず多くの人気若手アーティストの作品に客演し、名実ともにトークボックス界No1と呼ばれるプロデューサーFINGAZZの来日公演での共演を果たす他、トークボックスプレイヤーとしても世界から注目されるプレイヤーの1人である。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人