クリエイターギルド月蝕會議、1st議事録発売決定!4メディア同時配信特番でリアルタイム楽曲制作も。

全員が作詞・作曲・編曲家であり、アーティストでもある“月蝕會議”(ゲッショクカイギ)の1stアルバム「月蝕會議 2017年度議事録」の発売が決定した。

月蝕會議とはエンドウ.、Billy、鳥男、楠瀬タクヤ、岩田アッチュといった個性的なメンバーが、それぞれのスキルと個性達を、”co-write(コライト)”の化学反応によって高次元でまとめ上げる前代未聞の音楽クリエイターギルドバンド。

待望の1st議事録「月蝕會議 2017年度議事録」には月蝕會議発足のタイミングで”ご挨拶ムービー”として公開となっていた「死んでよダーリン」や上坂すみれへの提供楽曲「踊れ!きゅーきょく哲学」、TVアニメ『18if』のエンディング主題歌で新田恵海演じる美咲が歌唱した「ツバサ」、声優ユニットイヤホンズへの提供楽曲「応援歌!」のセルフカバーやPS4®の新作ゲーム「Death end re;Quest」主題歌など、合計8曲が収録される。

1stアルバム『月蝕會議 2017年度議事録』は12月29日に東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット93(C93)東地区”イ”ブロック 31bにて手に入れる事ができる。

さらに1st議事録の発売を記念して、12月22日(金)19:00より「月蝕會議の作曲會議」と題した配信特番が決定。本放送はニコニコ生放送・YouTubeLive・LINE LIVE・Periscopeの4メディアにて同時生配信を予定している。謎に包まれた月蝕會議のco-writeや制作の様子をそのままスタジオより生配信する。


●配信情報
ニコニコ生放送
LINE LIVE
YouTubeLive
Periscope

●リリース情報
『月蝕會議 2017年度議事録』
12月29日(金)にコミックマーケット93(C93)にて発売

品番:NKCD-6817
価格:¥2,000(税込)

<CD>
M1.死んでよダーリン(月蝕會議”ご挨拶ムービー”使用楽曲)
M2.行方知レズ(TVアニメ「18if」第6話ED主題歌)
M3.Caligula syndrome(PS4®「Death end re;Quest」オープニング楽曲)
M4.You&I(PS4®「Death end re;Quest」挿入歌)
M5.シオン(PS4®「Death end re;Quest」エンディング楽曲)
M6.踊れ!きゅーきょく哲学(上坂すみれ提供楽曲)
M7.ツバサ(TVアニメ「18if」第9話ED主題歌 新田恵海(CV:美咲)提供楽曲)
M8.応援歌!(イヤホンズ提供楽曲)

<月蝕會議 メンバープロフィール>
■エンドウ.
作詞・作曲・編曲/Guitar(Bandmaster)
パンクバンドGEEKSのGt&Voでもあり、ももいろクローバーZ、上坂すみれ等、アイドル・アニメ・声優楽曲も数多く提供している。
誰にも真似できない大胆かつ尖がった楽曲アプローチに中毒リスナー多発。アニメ、電子回路オタク。

■Billy
作詞・作曲・編曲/Guitar
大槻ケンヂ氏のバックバンドからキャリアをスタート。2014年、神田沙也加とのユニットTRUSTRICKでメジャーデビューし、その多くの楽曲の作曲・編曲を担当。歌心を大切にした繊細なメロディと、楽器の魅力を最大限に引き出す変幻自在なギタープレイが特徴。機材マニア。

■鳥男
作詞・作曲・編曲/Bass(&Keyboards・Guitar・Drums)
数々のアーティストへのサウンドプロデュース、自身のアーティストデビューを経て、この度、人間界から解脱し鳥男としてスタートした謎過ぎるヒーロー。
あらゆる楽器を駆使し、アーティストの魅力を最大限に活かすオールマイティープレイヤー。結構スポーツマン。

■楠瀬タクヤ
作詞・作曲・編曲/Drums
Hysteric Blueのドラマーとしてメジャーデビュー。「春〜spring〜」、「なぜ・・・」等のヒット曲を作詞・作曲しNHK紅白歌合戦に出場。
J-POP、アニメ、2.5次元ミュージカルの舞台音楽等も数多くプロデュースする。
メロディーメーカーならではの、歌を引き立たせるドラムプレイに定評がある。とても社交的でもある。

■岩田アッチュ
作詞・作曲・編曲/Keyboards
NIRGILISのVo&Keyとして2003年メジャーデビュー。TVアニメ「交響詩篇エウレカセブン」のOP主題歌「sakura」がスマッシュヒット。
その後、作詞家・サウンドプロデューサーとしても活躍し、多くのアニメ・声優楽曲を担当。ボーカリストとしての目線で描かれる、歌の響きの魅力を引き出す歌詞は秀逸。一児の母。コアッチュ子育て奮闘中。

■キリン
歌唱
月蝕會議の歌唱担当。

関連リンク

 

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人