TVアニメ『3月のライオン』1月からの新OPテーマがUNISON SQUARE GARDENの書き下ろし新曲「春が来てぼくら」に決定!

10月14日(土)よりNHK総合テレビにて第2シリーズが放送中のTVアニメ『3月のライオン』。

この度、1月からのOPテーマが、UNISON SQUARE GARDENによる書き下ろし新曲「春が来てぼくら」に決定した。作品に寄り添う温かさがある中にUNISON SQUARE GARDENらしさを感じることが出来るポップな楽曲となっている。

今回のOPテーマへの決定について作詞作曲を手掛けた田淵智也(B)からは「これまでの宝物のような楽曲たちの後に続いていくのは非常に恐れ多かったのですが、いつもの自分の取り組み方で、作品の片隅で微かな光を放ってくれるように作品と1から向かい合うつもりで書きました。羽海野先生の作品は金言が多く、物語の隙間をどこに見つけるかは結構難題で、作家として一つの挑戦のつもりで臨みました」とコメントが届いた。

「春が来てぼくら」のCDは2018年3月7日に発売、ダウンロード販売は3月14日よりスタート。CDの仕様は初回限定盤と通常盤の2種を用意。初回限定盤に付属されるDVDの内容や収録曲の詳細は後日発表となる。

<UNISON SQUARE GARDEN 田淵智也コメント>
この度「3月のライオン」のOPテーマを担当させていただきますUNISON SQUARE GARDENベースの田淵です。
これまでの宝物のような楽曲たちの後に続いていくのは非常に恐れ多かったのですが、いつもの自分の取り組み方で、作品の片隅で微かな光を放ってくれるように作品と1から向かい合うつもりで書きました。
羽海野先生の作品は金言が多く、物語の隙間をどこに見つけるかは結構難題で、作家として一つの挑戦のつもりで臨みました。全てのキャラクターの幸せな行く末を願いながら、この歌を作品に添えさせていただきます。

<UNISON SQUARE GARDENプロフィール>
斎藤宏介(Vo,G)、 田淵智也(B)、 鈴木貴雄(Dr)
2004年結成。透明感に溢れながらも個性的なトゲを持つ斎藤宏介のボーカルと、エッジが効いたコンビネーション抜群のバンドアンサンブルが共鳴、共存するROCK/POPの新世界。キャッチーなメロディラインとアンバランスな3人の個性が織りなす鮮烈なライブパフォーマンスと、TVアニメ「TIGER & BUNNY」OPテーマ(「オリオンをなぞる」)や「血界戦線」EDテーマ(「シュガーソングとビターステップ」)等、活躍の場を広げている実力派3ピースロックバンド。
約2年ぶりとなる6thフルアルバム「Dr.Izzy」(2016年7月6日発売)リリース後にはバンド史上最多の全国44カ所48公演を回る全国ツアーを開催。2017年には、日本テレビ/読売テレビドラマ「男水!」主題歌(「Silent Libre Mirage」)を始め、TVアニメ「ボールルームへようこそ」1クール目OPテーマ(「10% roll, 10% romance」)、2クール目OPテーマ(「Invisible Sensation」)、TVアニメ「血界戦線 & BEYOND」OPテーマ(「fake town baby」)を担当し、バンド初の2週連続Sgリリース、全国ツアー「One roll, One romance」開催等、その勢いはとどまるところを知らない。


●リリース情報
UNISON SQUARE GARDEN 14th シングル
「春が来てぼくら」
2018年3月7日発売

【初回限定盤(CD+DVD)】
品番:TFCC-89648
価格:¥1800+税

【通常盤(CD)】
品番:TFCC-89649
価格:¥1200+税

ダウンロード販売
2018年3月14日リリース

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人