『温泉むすめ』発の、キャラらしさの詰まった1stシングルの魅力に迫る! SPRiNGS「Hop Step Jump!」リリースインタビュー

全国各地の温泉地を盛り上げるため、擬人化された温泉がアイドルとして“人々を沸かせ、癒やすこと”の頂点を目指して競い合う『温泉むすめ』。今回、主人公である草津結衣奈(CV:高田憂希)らのグループ・SPRiNGSが1stシングル「Hop Step Jump!」をリリースするのにあたって、リスアニ!WEBにそのメンバーが初登場!高橋花林(秋保那菜子役)、長江里加(箱根彩耶役)、和多田美咲(奏・バーデン・由布院役)の3人が、『温泉むすめ』や1stシングルについて喋り尽くす!

――まずこの作品が、どんなプロジェクトなのかを最初にお教えください。

和多田美咲 『温泉むすめ』は、日本全国にある温泉地をキャラクター化して、そのキャラたちがアイドルになって全国各地の温泉地を巡って活性化させよう!ということを目標にしているプロジェクトです。

高橋花林 私たちが演じるキャラは下級の神様で、それぞれの温泉地をモチーフにしているんです。

長江里加 そのなかの、私たちが演じるキャラの所属するSPRiNGSには、9人のキャラがいます。

――そのSPRiNGSはどういうグループなんでしょう?

和多田 それぞれの個性がバラバラな、個性的な子が集まっています。

長江 しかもみんな、ちょっと残念な部分があって(笑)。

高橋 ひどいひどい(笑)。でも「変わり者」っていうのが共通項な子たちではあります。それと各地方ごとにメンバーがいるので、本当に日本全国を網羅しているグループなんです。しかも結構みんな名前を聞いたことのあるような有名な温泉が集まっているんですよね。もちろんほかのグループにも有名な子はいるんですけど、特にパッと聞いてイメージしやすい温泉たちだと思います。

――では、皆さんが演じられているキャラのご紹介をお願いします。

長江 私が演じる箱根彩耶はスポーツ万能で爽やかなキャラで、みんなを盛り上げるムードメーカー的な存在です。しかもライブが大好きな子なので、盛り上げ役として率先して出ていくキャラなんじゃないかなと思います。

――UPされているサンプルボイスでも、結構ちゃきちゃきっとしているというか。

長江 そうですね。あれは汗をキラッと出すような感じで収録しました(笑)。

――ただ、虫が苦手なんですよね。

長江 そうなんです!そういうところで、頼もしさとのギャップでかわいさも見えるのかな、って思います。

高橋 私は秋保那菜子ちゃんというキャラを演じさせていただいているんですが、、秋保温泉が木々に囲まれた、落ち着いて趣のある温泉地だからなのか、おっとりした子で。それとファッションセンスが壊滅的なんですよ。サンプルボイスにもあるんですけど、有馬輪花ちゃん(CV:本宮佳奈)にもらったチュニックとモンペを合わせちゃう、みたいな。そういう天然なところがかわいい子なのかな、と思っています。でもライブになると歌が強いキャラ、っていうギャップもある子なんですよ。

和多田 私が演じさせていただいている奏・バーデン・由布院ちゃんは「○○デース!」みたいな喋り方に特徴のあるハーフ“っぽい”子なんですけど、メンバーの有馬楓花ちゃん(CV:桑原由気)と草津結衣奈ちゃんと3人でいつもバカなことをして、リーダーの道後泉海ちゃん(CV:篠田みなみ)とか彩耶ちゃんに怒られたりしているはっちゃけおバカさんなんです。でも実はメンバーの歌う曲の作詞作曲を担当している子なので、「私がやりますヨ!音楽担当ですからネ!」ということでハモリを歌うことが多いんです。

――10月にはドラマCDも発売されましたが、その中では今までとは違う新しい面を感じられたりはしましたか?

長江 はい。箱根はまわりを見ながら空気を読んでるところが結構あったので、「みんなのことを見ながら、すごく楽しんで会話に参加してるんだな」って思いました。あとは、意外とツッコむ?

和多田 たしかに。

高橋 しっかり者!

長江 で、それと一緒に「そんなこと言わないで頑張ろう!」みたいにフォローもするんです。でも箱根はまだ謎になってることが多いので、お話できることはまだ少ないんですけど……とにかく内に秘めているものがいちばん強いんじゃないかな?って思いました。

和多田 バーデンはそのまんまだったんですけど、自分に自信があるっていうことは裏で努力してる部分もあるのかな?っていうふうにも感じました。

――そうですよね。作詞作曲するっていうのは、特に人知れずなところもありますし。

和多田 そうなんです。だから少しだけ、努力家な部分もあるのかな?って思うんです。

高橋 那菜ちゃんもみんなの期待を裏切らないぽわぽわでしたね。でもバーデンの演劇にもすごく真剣に楽しく向き合ってたりとノリがいいところがありますし、結衣奈ちゃんのことが大好きな面も、今回よく見えたかなと思います。

――そういったキャラ同士の関係性も、よりはっきりしたんですね。

高橋 そうですね。有馬輪花ちゃんが妹の楓花ちゃんを大好きだったり、道後泉海ちゃんがリーダーとしてしっかりみんなのまとめ役をしていたり……それぞれの関係性や物語の輪郭を、よりはっきりとわかっていただけるものになっていると思います。

――では、1stシングル「Hop Step Jump!」についてお伺いさせてください。まず皆さんは表題曲を聴かれて、最初どんな感想を持たれましたか?

高橋 SPRiNGSのことも表しながら『温泉むすめ』っていうものも表していた今までの曲と違って、この曲はSPRiNGS全体のイメージに繋がる「元気!」っていう要素だったり、「負けない」みたいな想いがすごく伝わる歌になっているなぁと思います。でも「アイドルの頂点を目指す!」みたいなストーリーの『温泉むすめ』にも沿っているんですよ。

和多田 1stミニアルバムのリード曲「未来イマジネーション」は『温泉むすめ』の最初の第一歩ですけど、この曲はSPRiNGSの最初の一歩であって、すごく心に強い決意を感じる曲ですよね。それとシングルのジャケットを見たときに、今までの活動もあってそのキャラが私にはメンバーに見えて。それぐらい、私にとって大事な1枚なんだなっていうのをそのときに感じました。

長江 「まだまだ成長途中」っていう言葉が歌詞に入ってるんですけど、「Hop Step Jump!」では2枚のミニアルバムよりも確実に成長しているので、またあらたに前進していこうっていう曲になってるなって思いましたし、「ナンバーワンを目指して」とか「オンリーワンって素敵さ」みたいな言葉が私たち自身にも響くなって思いました。

和多田 あと、歌のパート分けも面白いんですよ。今までSPRiNGSは曲によってハモリの担当が変わったりしていたんですけど、今回のシングルでは雪月花っていう、箱根彩耶ちゃん・有馬輪花ちゃんとバーデンの3人のSPRiNGSの中のユニットが担当してるんです。

長江 雪月花自体、ハモりまくる曲でクールな曲を歌うユニットなんです。

――2ndミニアルバムにも「SILENT VOICES」が収録されていましたね。

和多田 そうなんです。そういう部分を雪月花が担うっていうところも、もしかしたらぽか旦那さん・ぽか女将さん(=ファンの総称)にはうれしいことかな?って。私たちもうれしいし、ミニアルバムからの繋がりが見えるように思いましたね。

――では、実際に歌ってみてどんな感想を持たれましたか?

長江 私、いちばん好きな曲かもしれません。今までの曲も全部好きなんですけど、歌詞が本当に素敵すぎて。心に刺さる部分がすごくたくさんあったし、「ここから、頑張ろう!」みたいな気持ちになる言葉がいっぱいあって……ちょっと全部過ぎて選べないので(笑)、ぜひCDを買って歌詞を読んでみてほしいです。

和多田 サビの部分では風を感じて「みんなで、走ってるよ」っていう感じがしました。そういう感覚は、今までにはなかなかなかったのですごくテンションが上がって、一体感も感じました。

高橋 那菜ちゃんは曲調によって、かっこいい歌い方に覚醒するか普段のようにほわほわで歌うかが分かれるんですけど、今回は「那菜ちゃんはこういう子なんだよ」っていうのを出していきまして。結構手振りをつけたりして、聴いている皆さんの心が温かくなったり、わくわく楽しい気持ちになれるように、笑顔感を意識して歌いました。

和多田 私、2サビあとの朗読パートの、秋保ちゃんの「夢を語る 言葉はきっと」のところがめっちゃ好きで。私は花林さんのあとにレコーディングだったので、これを聴けて「これは素晴らしい朗読のパートになりそうだな」って思ったので、ぜひ聴いていただきたいです。

高橋 そこは試聴では聴けない部分なので、ぜひぽか旦那・ぽか女将の皆様にはCDを買っていただいて、フルで聴いてもらえたらいいなって思います。

――そしてカップリング「おんくり」は、これからの季節にすごくピッタリな感じがしますね。

高橋 そうですね。キラキラっていうクリスマスソング特有の感じの音とかもたくさん使われてて、歌詞もクリスマスっぽいんですけど、SPRiNGSに合ったちょっと幼い感じの言葉遣いになってるんですよ。「お庭のわんこ」とか「小さな靴下」とか。

長江 歌詞もSPRiNGSっぽいですよね。「キャンドルのかわり 赤いちょうちん」とか。

和多田 SPRiNGSにとって、初めての季節のイベントの曲なので、メンバーもうれしいんじゃないかなって思います。

――表題曲よりも、よりキャラソンっぽい感じを受けました。

高橋 そうですね。那菜ちゃんはその「お庭のわんこは」っていう部分を歌ってるんですけど、インタビュー前にお互い「聴いたよー」って話をしてて、「すごいアホみたいな歌い方だったねぇ」って(笑)。

長江 「秋保っぽい」!(笑)。秋保っぽい天然ぶりとか天真爛漫さが出た感じで、「さすが花林さん!」って思いました。

高橋 自分で歌ってるときはただ「私は那菜ちゃん」って思って歌っているので、客観的に聴いたらすごく天然で「きっと那菜ちゃんは、『えへぇー』っていう顔して歌ってるんだろうなぁ」っていうのが自分でも思えて、面白いなぁって。

和多田 表題曲よりもテンポがゆっくりなので、よりキャラが出しやすかったというのはありましたね。バーデンは“湯気を飾り付け”っていうところを歌ってるんですけど、ここはバーデンっぽさというか、イタズラで「湯気、飾り付けちゃうぞ♪」みたいな感じで歌いました。

長江 あと、いちばん最後にみんなで順番にそれぞれ「メリークリスマス!」って言ってるんです。その順番も、フルで聴いてみないとわかんないんですけど……(笑)。

和多田 その順番も、バーデン的にはバーデン感が出ているので、聴いてほしいです。

高橋 しかも同じひと言なのに、そこにもやっぱりみんなのキャラがすごく出ているんですよね。

――歌声も意味でひとつの方向にまとまりすぎていなくて、ユニゾンのパートでもそれぞれの声が聴こえるように感じました。

和多田 わー、それはうれしいです……!

高橋 ディレクションでも「それぞれのキャラ感を大事に、楽しく」みたいに、結構自由に歌わせていただくことが多いので、もしかしたらヘッドホンとかで聴いたらそれがわかりやすいかもしれないですね。

和多田 あと、また雪月花の話になっちゃうんですけど、クリスマスっぽいゴスペルみたいなコーラスが入ってくるところがあるんですけど、それを雪月花3人でやっているんです。もしかしたら雪月花って気づかないかもしれない。気づけたらすごいよね?

長江 すごいと思う。全然声が違うから。

和多田 そこもうれしかった。

長江 雪月花がそこで、ハモリっていう役割をちゃんと果たしているんですよ。

高橋 あと高橋としては、曲の最後の「大好きな人と 笑顔で Happy New Year!」って言う部分がすごく好きなフレーズなんですよ。私たち12月24日に2ndライブを開催することが決まっていて、そこでも歌わせていただくのですが、ぽか旦那・ぽか女将も大好きな人だし、秋保はSPRiNGSのみんなのことも大好きなので、皆さんにそんな姿を思い浮かべてもらえるように、という想いを込めて歌いました。

――では最後に、改めてリリースやそのライブに向けて、ひと言ずつメッセージをいただけますか?

高橋 これからの季節にもぴったりですし、今までドラマCDを聴いたりイベントに来てくださったりした方には、もっと「あ、これがSPRiNGSだ!」っていうふうにわかるシングルになっていると思いますので、じっくり聴いていただけたらいいな、と思います。あと、やっぱり「温泉地を盛り上げる」っていうのがいちばんのテーマなので、皆さんにも温泉地に行ってもらって、ライブやイベントとあわせて一緒に盛り上がってぽかぽかになれればなぁと思っています。

長江 箱根は草津とはまた違ったタイプで、爽やかにみんなを引っ張っていこうと頑張る子なので、今回のシングルではその部分も今までのミニアルバムよりは出せてるんじゃないかな、って思います。これからも、曲だけじゃなくてイベントとかライブとかでもそういう箱根っぽさを出せるように頑張ります!

和多田 お客さんやスタッフさんやSPRiNGSのメンバー、あと続々出てきた温泉むすめたちみんなで頑張って、やっとドラマCDとか各グループのCDリリースとかゲーム化とか、いろんな方面へと『温泉むすめ』の活動が広がってきました。2ndライブではそんな今までの活動の中でもいちばんのものを見せたいなと思っているので、絶対楽しんでいただけるライブになると思います。ぜひクリスマスを、一緒に過ごしましょう!

Interview&Text By 須永兼次


●リリース情報
「Hop Step Jump!」
歌:SPRiNGS[草津結衣奈(CV:高田憂希)、箱根彩耶(CV:長江里加)、秋保那菜子
(CV:高橋花林)、有馬輪花(CV:本宮佳奈)、道後泉海(CV:篠田みなみ)、登別綾瀬(CV:日岡なつみ)、下呂美月(CV:遠藤ゆりか)、有馬楓花(CV:桑原由気)、奏・バーデン・由布院(CV:和多田美咲)]
11月15日発売

品番:COCC-17355
価格:¥1,300+税

●イベント情報
“SPRiNGS イベント”
12月3日(日)
13:30~ とらのあな秋葉原イベントスペース(対象店舗:とらのあな秋葉原店B)
16:30~ AKIHABARAゲーマーズ本店6F(アニメイト会)(対象店舗:(対象店舗:アニメイト秋葉原)
18:30~ AKIHABARAゲーマーズ本店6F(ゲーマーズ会)(対象店舗:AKIHABARAゲーマーズ本店)

【出演】
高田憂希(草津結衣奈 役)、篠田みなみ(道後泉海 役)、遠藤ゆりか(下呂美月 役)
【内容】トーク

●ライブ情報
温泉むすめ SPRiNGS 2nd LIVE
“NOW ON☆SENSATION!! Vol.2” ~聖夜にワッチョイナ!!~
<公演1>2017年12月24日(日) 開場 13:30/開演 14:30
<公演2>2017年12月24日(日) 開場 17:30/開演 18:3
※開場 / 開演時間は予定となり、変更になる場合がございます。

【場所】なかのZERO(大ホール)
【チケット料金】7,200円

<プレオーダー受付>
イープラス
チケット受付期間 2017年11月10日(金)12:00 ~ 2017年11月16日(木)23:59

<プレイガイド先行>
イープラス、ぴあ
チケット受付期間 2017年11月22日(水)12:00 ~ 2017年11月28日(火)23:59
・イープラス
・ぴあ

<一般販売>
イープラス、ぴあ
チケット受付期間 2017年12月5日(火)10:00 ~

©温泉むすめ/Enbound, Inc.

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人