TVアニメ『魔法使いの嫁』OPテーマ「Here」リリース記念、JUNNAインタビュー

今年6月にミニアルバム『Vai! Ya! Vai!』で待望のソロ・デビューを果たし、弱冠16歳とは思えないほどの迫力と細やかな表現力を有した歌声であらためて実力のほどを示したJUNNA。それに続く今回の1stシングル「Here」は、今秋より放送スタートしたアニメ『魔法使いの嫁』のOPテーマで、スパニッシュや民族音楽のテイストを採り入れた変拍子のサウンドはこれまでの彼女には見られなかったものだ。タイアップ作品の世界観と寄り添うことで自らのポテンシャルを解放した本作について、たっぷりと語ってもらった。

――今回のシングル「Here」はJUNNAさんにとって初のアニメタイアップ曲になりますが、『魔法使いの嫁』という作品にはどんな印象を抱きましたか?

JUNNA タイアップのお話をいただいてから原作のコミックを読ませていただいたんですけど、私がいままでに見たことのないような作品で。最初のシーンの人をオークションで売るなんて現実にはないことですし。でも、何回も読み返すうちにチセの心の変化を理解することができたので、それをレコーディングに活かしていけたらと思いました。

――お気に入りのキャラはいますか?

JUNNA エリアスはチセのことをすごく家族だと思ってるところがあるし、ちょっとお茶目な部分もあるので、見た目とのギャップがあっていちばん好きですね。もちろんチセも好きなんですけど。

――「Here」は、その『魔法使いの嫁』の独特な世界観をサウンド面でも表現した、JUNNAさんのこれまでのディスコグラフィーにはないタイプのどこか神秘的な楽曲になっています。楽曲を初めて聴いたときの感想は?

JUNNA すごく難しい曲だと思いました。最初はアカペラで始まるんですけど、世界観を表現するために弱く歌おうとしたところなので、そこにどう感情を乗せていくかとか。3回あるサビも全部歌い方を変えていかないとチセの心の変化を表現できないと思いましたし。

――たしかに歌い出しのアカペラは声が何重にも重ねられていて、歌の世界に引き込まれる印象です。そのパートはこだわられた部分ですか?

JUNNA そうですね。最初のところは弱さも強さも見せなければいけないと思ったので、そこを表現できるように心がけました。それとあそこのハモリはとにかく難しくて、ワルキューレでも経験したことのないようなハモリだったんですよ。「えっ!これ人間でやるんですか?」みたいな感じで(笑)。もうホントに難しくて、これ大丈夫かな?と思いながらがんばって録ってたんですけど、全部重ねてみたら主メロだけでは表現できないようなものになったのかなって思います。

――先ほどサビの部分は3回それぞれで表情を変えていくとおっしゃってましたけど、具体的にはどのように歌い分けたのでしょうか。

JUNNA 最初のサビは、チセがエリアスと出会う前の、妖精とかが見えることで他の人に迫害されて、家族もいない孤独な感じや寂しさを表していて。2番のサビだと、エリアスと出会って家族というものがだんだんとわかってきて、でもまだやっぱり孤独を感じる部分もあると思うので、その気持ちを混合させる歌い方というか。最後のサビは、締めの“私は此処”というフレーズでチセの「私の居場所を見つけたんだ!」っていう気持ちを表せれたらと思って、3段階で歌い方を変えていきました。

――チセの心情に寄り添った歌い方をされたのですね。たしかに3回目のサビの歌い方には喜びのようなものを感じました。歌詞についてはどのように思いましたか?

JUNNA 『魔法使いの嫁』の世界観がそのまま表されていて、すごく感情を乗せやすい歌詞だなと思いました。最初の“たった一つたった一つの”の部分は孤独な感じが表せるところだと思ったし、サビの最初のところは強さや訴えかける気持ちを表現できて。

――この曲の歌詞にはチセの心情がよく表れていますが、個人的にはJUNNAさんご自身に重なる部分もあるのかなと感じました。例えば2番の“この世界を闘い抜くなら どんな歌を歌えばいいの”という部分とか。

JUNNA ああ、たしかにそうですね。そこは私が歌を歌ってる人間なので、自分でもいちばん表現しやすい部分だと思いました。

――この曲の歌詞は岩里祐穂さんが書かれてますが、岩里さんから歌詞について直接お話を聞いたりは?

JUNNA いえ、特にそういったことはなくて。岩里さんはツアーのときにライブを観に来てくださって、そのときに初めてお会いしたんです。この曲が完成したあとのことだったんですけど、「感情が伝わってきて良かったです」と言ってくださって、ありがたかったですし、まだまだ頑張ろうと思いました。

――MVもJUNNAさんが荒野のような場所を歩きながら凛々しく歌われてる素敵な内容ですが、撮影はいかがでしたか?

JUNNA すごく楽しかったんですけど、9月の中旬くらいに撮ったのにとにかく暑くて、今年初めて日焼けしました。どれだけ日焼け止めを塗っても日焼けの跡がすごくて「ああ……」って思いながら(笑)。

――日焼けは重要な問題ですものね。

JUNNA まあ私は全然気にしないんですけど(笑)。でも肌がそこまで黒く焼けたのは初めてで「ワーッ」ってなりつつ「まあいっか」って(笑)。

――(笑)。衣装も赤いドレスで荒野のような砂地というロケーションに映えてました。

JUNNA 私、ワルキューレのときは紫の衣装なんですけど、自分のソロのときはモノトーンが多くて。個人的にモノトーンが好きなので、スタイリストさんも「これJUNNAちゃんが好きだろうな」って選んできてくれるんです。赤を着ることはあまりなかったので新鮮でした。

――でも、あのドレスは裾が長いので単純に歩きにくそうとも思いました。

JUNNA 歩きにくかったです(笑)。しかも、砂地で足跡をつけられないので、撮影場所には私しかいけないんですよ。だから自分でスカートを持ってそこまでたどり着いて。歩きながら歌うときも、風が歩いてる方向と逆ならいいんですけど、同じだとスカートが巻き込まれて足のところにスカートがくるので、ちょっと大変でしたね。撮影が台風の次の日だったので風が残ってて、自然の風で全部できたのはありがたかったです(笑)。

――曲の世界観ともマッチしてますし、個人的にはJUNNAさんが最後のシーンでみせる笑顔がすごく素敵で印象的でしたね。

JUNNA あれはそのシーンで撮影が最後だったので「ああ!終わりだー!」っていう解放感があって(笑)。でも、歌の雰囲気としても最後はチセが「自分の居場所を見つけたんだよ」っていちばんほっとする場面だと思うので、その気持ちと解放感を同時に感情に乗せながら撮影しました。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人