『「アニソン好きな僕が100万枚DJになった理由」~売れるアニソン徹底分析~』講座の「リスアニ!WEB特別枠」オフィシャルレポーターを募集!

2017.09.25

10月8日(日) にFuture SEVENに、DJ和がゲストスピーカーとともに「売れるアニソン」を徹底分析する“究極のセミナーオンステージ”、エンタテインメントの学びの祭典『SONIC ACADEMY FES EX 2017』 (ソニックアカデミー フェス エクストリーム 2017)『「アニソン好きな僕が100万枚DJになった理由」~売れるアニソン徹底分析~』を開催!

この度、そのイベントでのオフィシャルレポーターを募集することが決定した。
「リスアニ!WEB特別枠」として抽選で10名がオフィシャルレポーターになれるこちらの企画。
その特別枠に選ばれた方は、当日イベントに参加頂き、後日Facebookに掲載されるオフィシャルレポート用に感想レポートを書いて頂く。応募締切は10月2日(月)正午までとなっているので、興味のある方はぜひ応募してみてはいかがだろうか。

ご応募はこちら(応募締切:10月2日(月)正午まで)

司会に冨田明宏を迎え、、ゲストにアニプレックスの山内真治プロデューサーを迎え、アニソンがヒットする座組みなど、様々な角度からアニソンについて語りつくす90分。

・アニソンがこの10年でどのように変化してきたか。
・アニソンが市民権を得たタイミング
・ソニーミュージックのアニソンアーティスト
・アニソンが「ヒットする」という現象
・海外から見た日本のアニソン

など、裏まで知り尽くしながら、アーティストとしてステージに立つDJ和だからこその目線でアニソンを語り、アニソンDJという新しいジャンルでトップに上り詰めたそのノウハウに迫る!

<DJ和 プロフィール>

2008年にソニー・ミュージック初のJ-POP DJ第1号としてメジャーデビュー。
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズにてDJの活動と一緒にA&Rとして活動をしている。
日本語のみのDJプレイを主軸に置き、NHK 「シブヤノオト(ex: MUSICJAPAN)」の会場DJを長年担当し続け、近年はROCK IN JAPAN FESTIVALやANIMAX MUIXなどジャンルを問わず、大型フェスに出演している。また、海外のイベントにも積極的に出演しAnime Festival Asiaでインドネシアをはじめ、シンガポール、タイにも出演。16年には、LAで開催されている、ANIME EXPO併設イベント「Anime Matsuri」にもDJとして出演。日本語の楽曲のみにこだわった選曲でフロアを熱狂させ話題を呼んでいる。
代表作は、「J-ポッパー伝説」、「A GIRL↑↑」、「J-アニソン神曲祭り」などがあげられ、他にも様々はテーマにこだわったMIX CDをこれまでに24枚リリースし、累計115万枚を突破している。

<冨田明宏 プロフィール>
ロンドン留学から帰国後、大手レコード店に入社。バイヤーを勤めながら音楽ライターとして活動。2006年から音楽ライター/評論家として独立。2007年には日本初のアニメ音楽誌『アニソンマガジン』(洋泉社)を企画立案、創刊に携わる。
2009年には秋葉原ディアステージやMOGRAを運営する株式会社モエ・ジャパンに役員として参加(2011年退任)、でんぱ組.incなどを育成。
2010年にアニメ音楽専門誌『リスアニ!』を企画立案。日本武道館で開催されている『リスアニ!LIVE』では総合MCを担当。2011年、代表・佐藤讓とともに株式会社一二三を設立。
現在は音楽プロデューサーとして黒崎真音、ClariSの発掘/プロデュースを手がける。
また内田真礼の音楽プロデュースをアーティスト・デビューからすべて手掛ける他、音楽制作ディレクターとして南條愛乃なども担当。

<山内 真治 プロフィール>
1993年 ソニー・ミュージックエンタテインメント入社。
ソニーレコードにて宣伝を担当後、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ、(株)SMEレコーズにて音楽制作、A&Rを担当。
2010年より(株)アニプレックスにてアニメ、ゲームの音楽プロデューサーを務める。


●イベント情報
「アニソン好きな僕が100万枚DJになった理由~売れるアニソン徹底分析~」
司会:冨田明宏(音楽評論家/音楽プロデューサー)
ゲスト:山内真治(アニプレックス プロデューサー)

【開催日時】10月8日(日) 11:00~12:30
【場所】Future SEVEN(東京都港区南青山)
【料金】1講座 90分予定 ¥4,900(税込)
【チケット発売】8月08日(火)より販売開始
※他講座のチケット販売ページの案内をご確認ください。

【主催】株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
エデュケーション事業部 Team Sonic Academy

フェス特設ホームページ

チケット購入ページはこちら

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人