最初の光、忘れえぬ光景。「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」宮城公演レポート(後編)

『アイドルマスター シンデレラガールズ』初の全国ライブツアー「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」宮城公演が5月13日~14日、セキスイハイムスーパーアリーナで開催された。

宮城公演には五十嵐裕美(双葉 杏役)、上坂すみれ(アナスタシア役)、桜咲千依(白坂小梅役)、大空直美(緒方智絵里役)、金子真由美(藤本里奈役)、佐藤亜美菜(橘 ありす役)、鈴木絵理(堀 裕子役)、伊達朱里紗(難波笑美役)、千菅春香(松永 涼役)、東山奈央(川島瑞樹役)、のぐちゆり(及川 雫役)、松嵜 麗(諸星きらり役)、三宅麻理恵(安部菜々役)、杜野まこ(姫川友紀役)、朝井彩加(早坂美玲役)が出演した。前編に続き、両日の様子を通してレポートしていく。

宮城公演レポート(前編)はこちら

ツアーの開幕を告げる仙台公演で八面六臂と言ってもいい活躍を見せたのが、地元仙台出身・杜野まこだった。初日のオープニングで「ただいま!」を叫んだ彼女には一際大きな歓声が響いた。

「気持ちいいよね 一等賞!」といえば、杜野演じる姫川友紀の代名詞と言ってもいい楽曲であり、「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 3rdLIVE シンデレラの舞踏会 – Power of Smile -」で杜野と松嵜が花道を舞台に繰り広げた野球対決は今も語り草になっている。今回、対戦相手として初日のマウンドに登場したのは、ミラクルマガレーズの投手・堀裕子! まさかのサイキックストッパーが宮城の地で名勝負を繰り広げた。続く2日目のマウンドに立ったのは、白坂小梅役の桜咲千依。ブラッディゾンビーズの投手・小梅の魔球がユッキに初の空振りをさせるものの、最後は逆転満塁ホームランをスタンドに叩きこんだのだった。

曲前に作りこんだ“名勝負”を見せた杜野だったが、「気持ちいいよね 一等賞!」のステージパフォーマンスはそれ以上に印象的だった。今回のツアーはバックダンサーの衣裳や演出の充実、本気すぎるパフォーマンスも大きな見どころなのだが、「気持ちいいよね 一等賞!」で飛んで跳ね回るダンサーたちの動きのキレはとりわけ強烈だ。だが、そんなダンサーたちをむしろ引っ張るほどの熱量で躍動し、一緒にラインダンスを繰り広げる杜野のパワーには眼を見張るものがあった。

セットリストの構成的にはもちろん、印象の面でも杜野は抜群に目立っていたし、宮城で誰よりも汗をかいたメンバーのひとりであることは間違いないだろう。この会場は、杜野が大学時代まで、バレーボールの大会で何度も悔し涙を流した会場だったとのことだ。宮城での彼女の姿、石川公演で見せた洲崎の特別な想い、そして大阪公演での関西出身メンバーの躍動と彼女たちへのフォーカスの具合を見る限り、このツアーは地方のファンにアイドルたちが会いに行く旅であると共に、故郷に凱旋したアイドルたちが家族に、友人に、そしてかつての自分に、誇りを胸に晴れ姿を見せる意味合いもあるのだと思う。

24曲のセットリストの公演に15人のアイドルが参加していれば、当然全員がソロ曲を歌うことはできない。そもそもソロ曲がまだ無いアイドルもいるのである。その中で全員に見せ場を作り、初ライブ組がライブに入りやすいようにして……と考えるセットリスト作りは終わりのないパズルだったと思う。ひとつ忘れてはならないのは、ライブ初参加のメンバーにとっては、アニメ楽曲、属性曲、全体曲、あらゆる曲が一から覚える「新曲」も同然であるということだ。

そんな膨大なタスクを抱えたうえで、どう新規組が爪痕を残すか。アプローチが明快だったのは朝井だろう。ここいちばんの「∀NSWER」で美玲の眼帯を身につけて登場した朝井は、「ここからはウチらのターンだ!」とステージに躍り出た。早坂美玲、森久保乃々、星輝子のユニット・individualsから唯一原曲メンバーキャストとして参加した朝井からは、仲間たちの想いも背負ってこのステージに立つ強い意志を感じる。禍々しいライトの中で朝井がピンスポットで抜かれると、セットには角のある少女の影が落ちる。「∀NSWER」のステージの間は、間違いなく早坂美玲が宮城の主役。ラストのキメの朝井の中二っぽい手のかざし方は、美玲そのものに思えるほど絵になる姿だった。歌い終えた朝井は「会場が真っ赤でめっちゃかっこよくて、美玲ってかっこいいものが大好きなので……弾けました!」と、やりきった晴れやかな表情を見せていた。

同じく初ステージで、地道でかわいらしいアピールの仕方をしていたのがのぐちゆりだ。「Flip Flop」の掛け合いの中では「プロデューサーさん、及川雫です!もりあがってますか?(客席が「モ~!」)」と直接的に牧場の娘であるアイドルらしさを表現していたのだが、実は歌詞中の「も」をなるべく「モ~」と発音していたとのことだ。のぐちは「純情Midnight伝説」に参加するときも炎陣の激しい歌唱を真似るのではなく、こまかな節回しにしっかりと「雫っぽさ」をにじませてくる。「サマカニ!!」で東山からソロパートを歌い継いだ際の印象の強いソロなど、小さなところから雫らしさを積み重ねて、雫というアイドルを知ってもらおうとしている様子が好ましく感じられた。

初めてのステージという特別な体験がもたらすものが何かは、本人でなければわからないこともある。伊達朱里紗はMCで、3年以上前から『シンデレラガールズ』という作品に強く憧れていたことを語っていた。そんな彼女がこのライブでの特別な体験として挙げていたのが、ライブ冒頭でアイドル全員がフラッグを掲げての行進だった。伊達は、その行進の先頭を担当。いちばん最初にステージの頂から見た景色を、伊達は「このツアーで最初のプロデューサーさんたちの光を独り占めさせてもらった」と表現した。アイドルたちを待つ客席の色とりどりの光の洪水。それをまだ誰もいないステージで最初に受けたこと自体に泣きそうになるほど感動したという言葉からは、初ステージならではの瑞々しさを感じた。

初日と2日目の演出違いは、思えば決まった曲数の同一セットリストの中で、少しでも多くのアイドルに光をあてる工夫だったのかもしれない。鈴木の「ミラクルテレパシー」では、一緒にステージに立つ金子と杜野、そして鈴木自身の誰が客席に投げキッスを担当するかを「サイキックミラクルルーレット」で決定するという映像演出があった。誰にルーレットが当たるかは本人たちにも知らされていないということで、初日は杜野の、2日目は金子の初々しい投げキッスを見ることができた。鈴木とユッコのサイキックパワーは、もはや反則級にライブ演出の一部として重用されている気がする。今回の「ミラクルテレパシー」では「すべてよ宮城にとどけー!」の替えフレーズがあったが、3人がめいっぱいの想いを込めて叫んでいたのがとても印象的だった。金子は藤本里奈が『シンデレラガールズ』のゲーム内で最初に登場した場所が仙台であり、その場所での公演出演を喜んでいただけに、この言葉にも特別な想いがこもっていたと思う。

3人の想いとパワーで盛り上がりを見せた「ミラクルテレパシー」だが、それとは違う意味で鈴木が強い感情表現を見せていたのが「サマカニ!!」だった。少しおどけたような歌声に込められた色とりどりの感情がとても鮮やかで、サイキックアイドルとしての見慣れた表現以外にも、ユッコの表現にはまだまだ可能性があるのかもしれないと感じさせられた。

最後に今回のライブで興味深かったのが、佐藤亜美菜と桜咲千依の歌声の関係性だ。もちろんそれは、橘 ありすと白坂小梅の関係と言い換えてもいい。ふたりが一緒に歌った楽曲のうち属性曲の「Nation Blue」では、小梅の小梅らしさは全くぶれない。青というよりは、透き通るようにふわふわとした浮遊感。一方、クール・タチバナの少し幼さを残した歌唱もまた、千菅や東山の大人の歌声との対比でしっかりと居場所を確保している。属性曲の中でのふたりの個性に大きな変化は見られない。

だが、人数を3人に絞った攻撃的な楽曲「∀NSWER」ではちょっと様子が変わる。攻めの楽曲、そして朝井の強いボーカルにふたりが対応するとき、桜咲は歌声を若干抑えたトーンに、佐藤はより高く強いトーンに寄せることで、お互いに違った色を主張しはじめる。いちばんわかりやすいのは、佐藤が歌う「げんかいをこえて!」の幼いながらも突き抜けていくような歌唱だ。橘 ありすとしてはあまり歌うことがなさそうな攻めの楽曲を新鮮な組み合わせで歌ったことで、ありすの新しい引き出しが開いた感じがした。また、この曲で見せた佐藤のステップワークの華やかさが、ありすの表現をさらに押し上げていたようにも思えた。

初日の締めのMCで、佐藤が「(宮城公演初日の)自分の目標はクールな女性を目指すありすちゃんの、クールな面のサポートをすることでした」と語ったときにハッとした。今までにありすが見せたことがない表現を、佐藤亜美菜の技術と意志と想像力がサポートして歌った「∀NSWER」は、まさにその言葉通りのものだったからだ。あるいはフラットにソロを歌うよりも、ビジョンとテーマを持って他のアイドルの楽曲に参加することがより大きな果実を実らせる可能性がある……ということは、今回のツアーのセトリの見方が変わる発見だった。

Text By 中里キリ

「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」宮城公演2日目
2017.05.14 セキスイハイムスーパーアリーナ セットリスト

M01:Shine!!(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
M02:にょわにょわーるど☆(松嵜)
M03:cherry*merry*cherry(大空)
M04:スローライフ・ファンタジー(五十嵐)
M05:Flip Flop(鈴木、のぐち、松嵜)
M06:Angel Breeze(東山)
M07:たくさん!(上坂)
M08:ミラクルテレパシー(鈴木+金子、杜野)
M09:Nocturne(東山、上坂、千菅)
M10:Orange Sapphire(松嵜、鈴木、伊達、のぐち、杜野)
M11:Nation Blue(桜咲、上坂、千菅、東山、佐藤)
M12:キラッ!満開スマイル(大空、金子、五十嵐、三宅、朝井)
M13:BEYOND THE STARLIGHT(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
M14:One Life(千菅)
M15:気持ちいいよね 一等賞!(杜野)
M16:メルヘン∞メタモルフォーゼ!(三宅)
M17:∀NSWER(朝井、佐藤、桜咲)
M18:あんきら!?狂騒曲(五十嵐、松嵜)
M19:純情Midnight伝説(千菅、伊達、のぐち、金子、三宅)
M20:Lunatic Show(桜咲、朝井、杜野、佐藤)
M21:サマカニ!!(東山、大空、伊達、のぐち、鈴木)
M22:夢色ハーモニー(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
-ENCORE-
EC01:EVERMORE(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
EC02:お願い!シンデレラ(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)BNEI/PROJECT CINDERELLA

関連リンク

この記事を書いた人