普段の元気で明るい表情から大人っぽさまで、いろんな自分を見てほしい――。Machicoメジャー1stアルバム『SOL』リリース記念インタビュー

デビュー5周年を迎えたMachicoが、メジャーでは初となるフルアルバムを5月24日にリリースした。序盤こそこれまでの彼女の突き抜けるような歌声でかっ飛ばしていくような楽曲が並ぶものの、中盤以降その表現は七変化。切ない恋や報われない大人の恋、そして1日を静かに閉じられる優しく穏やかな楽曲と、既存曲も含めて次々表情を変える彼女の歌声は、必聴モノだ。今回は、今回のアルバムでその歌声に込めた想いを、Machicoに直撃。合わせて、この夏に控えるツアーやイベントに向けての、今の率直な思いも語ってもらった。

「OVER HEAT」には、リード曲らしく『SOL』のコンセプトを凝縮

――メジャーでの1stアルバムとなりましたが、今までのアルバムと違ったところはありましたか?

Machico 基本的には“メジャー”っていうところだけですが、インディーズのときから持っていた「いろんな自分を見てほしい!」という想いはより強くなりました。

――そんな今回のアルバム、コンセプトを挙げるなら?

Machico 『SOL』には“太陽神”という意味がありまして、「みんなにとって太陽みたいな存在になりたい」、「歌で心に寄り添いたい」という想いが詰まってます。曲順で言うと、1日の流れをイメージした順番に並べました。加えて今回は、大人っぽさも兼ね備えた、自分にとって新境地を開拓できた1枚になっています。

――特に、中盤以降の新曲にそういう楽曲が多いですよね。

Machico そうですね。今回の新曲は落ち着いた感じのものが多くて、最初は「本当に“太陽神”になるの?」っていう心配もあったんですけど、既存の曲に明るい曲と合わさってすごくまとまりのいいアルバムになったと思っています。

――そんなアルバムの、新曲についてのお話をお伺いしたいと思います。まず冒頭の「ワイルドカード」は、Machicoさんの歌声の長所を全部乗せしたようなイメージがありました。「TOMORROW」のリリースインタビューでもお話したように青空がすごく似合う歌声も、『SOL』そのもののようにも感じまして。

Machico 『SOL』にぴったりな明るさを持っている曲だと思います。サビが高音から始まるので力強さを感じられるのではないかと。私も歌っていてすごく気持ちのいい曲ですね。

――ファンの皆さんも、自然とノッてくれるような曲ですよね。

Machico そうなんです。レコーディングでは勢いを意識して、同じ高音でも地声だけではなくてあえて裏声を交えていて、曲だけじゃなく歌い方でも勢いを出せたらな、と思って歌いました。レコーディングのときから、「早くライブで歌いたい!」っていう気持ちがすごく強くなりましたね。それに、この曲は絶対バンド映えすると思うので……「バンドで歌いたい!」って思いました(笑)。実はそういう曲、たくさんあるんですよ!もしそれが実現できたら、もっとソウルフルに届く曲になると思います。いつかやってみたいなぁ……。

――ライブとなると、「OVER HEAT」も皆さんも一緒に踊れる曲になりそうです。

Machico そうですね!作・編曲の岡野(裕次郎)さんも「ディスコティックな感じ」とおっしゃっていて。私もちょっと踊りながら、音の流れを自然と楽しんでいました。

――この曲が、『SOL』のリード曲なんですよね。

Machico はい。本当に“リード”っていう意味を持っているように、優しく寄り添いながら導くような曲だと思っていて。私も歌っていてすごく優しい気持ちになれます。明るい曲ではありながら、どこか切なく描かれている部分もあって。MVもずーっとニコニコ笑っていると言うよりも、ちょっと微笑むようなシーンもあるんです。

――そのMVも、『SOL』のコンセプト通りに1日の始まりからスタートするんですね。

Machico そうです!おデコを出して、部屋着姿から始まります。最初はおデコを出すことは予定になかったんですけど、メイク中に「前髪上げてるのも、かわいいよね」っていう話になって、急遽前髪を上げてナチュラル感を出すことになりまして……やっぱ、恥ずかしかった……(小声)。撮影が朝イチからだったので、「だったら……やりまぁす……(※眠そうに)」と言ったんですけど、目覚めていくうちに「だ、大丈夫かな?」ってなってきて。でも今まで見せたことのない姿なので、今は「今までとは違う私を見てください!」という気持ちです。

――ただ、そのシーンがあるからこそ1日の流れがより明確になっていると思います。

Machico そうですね!早朝の車の行き交う映像から夕焼けまで、1日が描かれているので。あと、後半の夕焼けのシーンでは、ちょっとセンチになっている私も観れるんです。

――ここでも“大人っぽさ”が観られるわけですね。

Machico そうなんです。自分でも「あ、こんな顔してたんだ!」ってびっくりするぐらい自然と大人っぽく微笑むことができていて、寄り添う感じや優しさを持っている楽曲から、力をもらえたからできたんだと思っています。

――そして歌詞にも印象的な部分が多い曲で、特に1サビの“夢見ていたいな”から2サビの“夢叶えたいね”へと一歩踏み出したところが、進み続けているMachicoさんにも重なる部分があるような気がして。

Machico ありがとうございます。私自身、「こうなりたい」という理想の姿がありまして、少しずつそこに近づけるような、自分を発揮させていただける場を与えてもらったんですけど、時折自分の未熟さを感じて壁に当たることもあって。でもそれを乗り越えて「理想の自分になりたい」とか「自分の夢をかなえたい」と思うので、そこはすごくシンクロしています。

――そんなこの曲を経ての「fantastic dreamer」は、特に2-Aメロをはじめ、言葉により説得力が生まれていたように感じました。

Machico うれしいです! 自分自身の成長や、新しい出会いがあったからこそですかね? 去年のアルバムではこの曲がラスボスみたいな存在だったんですけど、今回は幕開け感を担ってくれていて。同じ曲でもアルバムのコンセプトや曲順によってこんなに変わるんだ、と驚きましたし「これがアルバムを作るっていうことなんだ」と思った曲でもあります。

――そして続く「紅花火」は、一転して切なげな和テイストの曲で。

Machico 私、結構和メロの曲が好きで、いつか和っぽい曲を歌いたいとずっと思っていたんです。それを今回、かなえていただきました。

――歌詞も切ない、恋の歌で。

Machico そうなんです。きっとこの曲のヒロインの子は、一緒にお祭りに行った仲良しのグループの中に好きな男の子がいて……っていう状況だと思うんですよ。お祭りの賑やかさの中で片想いがどんどん大きくなって、でも気持ちは届かない。そんなひと足早めの夏の切なさを物語っている曲です。切なさや儚さって賑やかな中だからこそ余計に映えるんですよね。この曲はすごく共感できて気持ちも入りやすく、まだ結果の出ていない恋なので、「とにかく幸せになってほしい」と願うばかりです(笑)。

――そのお気持ちは、切ないけど悲しさまでは行っていない歌声にも出ていると思います。それが歌詞や切なげなサウンドと合わさることで、ちょっと青春感も感じられますし。

Machico 青春感強いですよね! 大人には味わえないピュアさをすごく感じる曲でもあるので、私の中ではこの子たちは高校生だと思っていて。あと、1コーラス目の“話しかけたけど 音に消されて 聞き返す君”っていう歌詞が大好きなんですよ。

――わかります!

Machico 最初はある程度離れた距離でドキドキしながら話しかけてたのに、音で自分の声がかき消されて、もっと近づいて、幸せに繋がる感じ。それを想像するだけで「はぁ……最高!」って思います(笑)。そういうところからもピュアさをすごく感じる曲で……改めて言葉で説明しようとすると、頭の中に情景が浮かんできてニヤニヤしちゃいますね(笑)。

――そういえば、続く「キミコンパス」も既存曲ではありますが、片想い曲で。

Machico そうなんです……あ、私の曲って両想いにはなってないかもしれない!今までいっつも「どうなるんだ?」っていうところで終わっているので。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人